WordPressでゴミ箱の削除期限を変更する方法【変更はできないけど便利なプラグインも紹介】

WordPress で記事を書いていると、たまにボツネタを「ゴミ箱」送りにすることがありますよね。

いらないと思って「ゴミ箱」へ移動させることあるけど、気づくと「ゴミ箱」にすらなくなっているよね。

くま五郎

リョウ

そうそう、「ゴミ箱」に移した記事は自動で 30 日を過ぎると永久に削除されるんだよ!

「ゴミ箱」の使い方は人によって違うと思いますけど、いったんボツネタにしたものを復元したくなった場合は、「ゴミ箱」から「復元」することも可能です。

ただし、30 日以上経ってしまうと出来る場合もあるけどほぼ無理。

ということで、「ゴミ箱」にある記事の削除期限を変更する方法を紹介しましょう

「ゴミ箱」の削除期限を変更する方法

「ゴミ箱」の削除期限を変更するには、FTP を触る必要があります。というのも、該当するプラグインがありません。

ですが、そんなに難しくないので初心者でも対応は可能です。

リョウ

もちろんバックアップは必要だし、自己責任で行ってくださいね。

「ゴミ箱」の削除期限を変更する

「ゴミ箱」の削除期限を変更するには、以下を「wp-config.php」に記述してください

PHP
define('EMPTY_TRASH_DAYS', 7);

上記では、7日に期限を変更するコードの例になります。もし 90 日に変更したい場合には、define(‘EMPTY_TRASH_DAYS’, 90); としてあげれば大丈夫です。

「ゴミ箱」から即削除とする

逆に期限なんて設けずにゴミ箱自体の存在を使わないという人は、以下を「wp-config.php」に記述してください

PHP
define('EMPTY_TRASH_DAYS', 0);

つまり、期限を 0 にすることで「ゴミ箱」に全く残らないようにします。

すると投稿画面や投稿一覧にも変化があって、「ゴミ箱」という文字がなくなり「完全に削除する」という文言に変わります

WordPress Trash

「ゴミ箱」にずっと残るようにする

自分が削除をしない限りずっと「ゴミ箱」に残ったままにするには、以下を「functions.php」に記述してください

PHP
function wpb_remove_schedule_delete() {
    remove_action( 'wp_scheduled_delete', 'wp_scheduled_delete' );
}
add_action( 'init', 'wpb_remove_schedule_delete' );

すると、自分で「ゴミ箱」の一覧から「完全に削除する」を押さない限りは消えなくなります。

「ゴミ箱」に関するプラグイン

冒頭でも言いましたが、「ゴミ箱」の削除期限を変更できるようなプラグインはないんですよね。ただ、作業を少しだけ簡単にしてくれるプラグインはあります。

ゴミ箱を簡単に空にできるプラグイン

「ゴミ箱」の一覧を開いて、一括操作で「完全に削除する」をすればできることなんですが、普段の投稿一覧の上に「ゴミ箱を空にする」というボタンを表示させることができるプラグインがあります

そのプラグインは、「Quick Empty Trash」。

WordPress Trash

特に設定もなく、プラグインを有効にすると自動的に「ゴミ箱を空にする」というボタンが表示されます。

WordPress Trash

FTP を触るのは怖いけどゴミ箱を綺麗にしておきたいという人は、Quick Empty Trash を利用してみるのもアリでしょう。

簡単に完全削除できるプラグイン

これも必要かと言われると微妙なのですが、「ゴミ箱」へ移動させるのではなく一発で「削除」させることができるプラグインがあります

そのプラグインは、「Force Delete Posts」。

WordPress Trash

プラグインを有効にすると、投稿一覧の記事ごとに「 」が表示されます。ゴミ箱へ送るというものではなく、完全に削除したい時には をクリックするとすぐに削除されます。

WordPress Trash

「ゴミ箱」と「削除」を分けて使いたい人は、Force Delete Posts を利用しても良いかもしれません。

さいごに

完全に削除されたくなかったら、ひとまずは「下書き」にでもしておけば良いって話ですけどね。もしくは、テキストだけでも Evernote とかに残しておくとか。

一番確実なのが、MySQL のデータ自体を取っておくと安心ですかね。

「ゴミ箱」の使い方は人ぞれぞれなので、削除期限を変えたい時には上記の方法で設定してみてください