mixhost でサーチコンソールに登録する方法を紹介【初心者向け】

サーチコンソールを初めて使うと分からないことが多いと思いますが、サーバーの mixhost が絡むと分からないことがさらに増えるんですよね。

初めてのサーバーを mixhost にするという人は少ないと思いますが、この記事では mixhost 契約者が初めてサーチコンソールを登録する手順を紹介します

エックスサーバーを契約している人は、こちらの記事を参考にしてください。

サーチコンソール サーチコンソールに登録する方法【エックスサーバーでの手順を紹介】

サーチコンソールの登録手順

新しくなったサーチコンソールで登録を進めていくと、「DNSレコード」の設定をするように言われます。ただ、mixhost ではどこから設定ができるのかちょっと分かりづらいです。

それでは、mishost でサーチコンソールに登録する方法を紹介します。

サーチコンソールに登録

STEP.1
まずは、サーチコンソールのページにアクセス。そして、「今すぐ開始」をクリックします。

searchconsole

>> https://search.google.com/search-console/about?hl=ja

STEP.2
すると、「ドメイン」と「URL プレフィックス」という選択肢が表示されます。よっぽどの理由がない限りは、「ドメイン」と書かれたボックスに登録するサイトのドメインを入力します

searchconsole

リョウ

「ドメイン」と「URL プレフィックス」)については後ほど紹介しますので、今気になってしまった方は先にご覧ください。
STEP.3
すると、「DNSレコードでのドメイン所有権の確認」というポップが表示されます。ここで項目2に表示されているコードが必要となるので、「コピー」をクリックしてコピーします

searchconsole
STEP.4
別のウィンドウで、mixhost にアクセス。そして、cPanelを開きます。そして、ドメインのカテゴリーから「Zone Editor」をクリックしてください。

searchconsole
STEP.5
「Zone Editor」をクリックしたら、次に登録予定のドメインをの欄にある「管理」をクリックします。

searchconsole
STEP.6
「Zone Records for 〜」と表示されたら、「レコード追加」という青いボタンを押し、「Add TXT Record」を選択します

searchconsole
STEP.7
入力画面が表示されたら、「名前」には「ドメイン」を、「レコード」にはサーチコンソールでコピーしたコードを貼り付けます。そして、「レコードの追加」の青いボタンをクリックしたら、mixhostの設定は完了です。

searchconsole
STEP.8
mixhost での作業が終了したら、もう1度サーチコンソールに戻ります。そして、「確認」のボタンをクリックします。

searchconsole
STEP.9
そして、「所有権を確認しました」という画面が表示されたらサーチコンソールのプロパティ追加が完了です。

searchconsole

MEMO
たまに「確認できませんでした」と表示される場合がありますが、しばらく待ってからもう1度「確認」ボタンを押すと「所有権を確認しました」と表示されるはずです。もし1日経ってもダメな場合は、設定内容が誤っている可能性もあります。

すでにサーチコンソールで管理している人は、管理画面左上に表示されているドメインをクリックすると一覧が表示されるので、その一番下にある「プロパティを追加」をクリックして追加・変更をしてください。

squoosh

ドメインと URL プレフィックス

サーチコンソールを過去に利用したことがる人にとっては、「URL プレフィックス」な馴染みがあると思いますが、「ドメイン」は新しく追加されたモノになるので知らない人は多いと思います

ドメインとは

いわゆる「ドメイン」を取得した場合、実は複数の URL からアクセスできます。このブログを例えにした場合は、以下の通り。

  • https://bryog.com
  • http://bryog.com
  • https://www.bryog.com
  • http://www.bryog.com

最近は常時SSL対応が当たり前になったので、上記のように4通りの URL からアクセスが可能なんです。そのため、従来の方法では4つのプロパティを登録する必要がありました。

その面倒な作業を一括で管理できるようにしたのが、「ドメイン」という新しいシステムになります。

URL プレフィックス

「URL プレフィックス」は、従来のサーチコンソールと同じ考え。

つまり、「ドメイン」では一括で管理できて、「URL プレフィックス」では個別に管理する形になります

そのため、新しくサーチコンソールを登録するような人やこれからプロパティを追加する場合には、「ドメイン」を選択すれば良いでしょう。

ただ、「サーバー」を触るのが怖い、「サーバー」にアクセスする権限がないという人は、サーチコンソールでドメインを選べない!【URLプレフィックスの設定方法】の記事で設定方法を紹介しています。

サーチコンソールでドメインを選べない!【URLプレフィックスの設定方法】

さいごに

エックスサーバーでは「DNSレコード」という項目がすぐに見つかるのですが、mixhost ではどこから設定するのかちょっと分かりづらいんですよね。

初めての人は何も考えずに「ドメイン」を選んで、すでにサーチコンソールを使っている人もプロパティを整理しちゃいましょう。