このチャンネルで他のチャンネルを宣伝することはできません。とは?【表示方法を解説します】

Youtube を色々とカスタマイズしていると、「チャンネル」の項目に「このチャンネルで他のチャンネルを宣伝することはできません。」と表示されていることがあります。

「宣伝することができません。」って、どういうこと?

くま五郎

リョウ

これはね、チャンネルの項目をどう活用するのかを理解したら解るよ!

と言うことで、

このチャンネルで他のチャンネルを宣伝することはできません。」とはどういうことかや、この「チャンネル」の表示方法を紹介します。

「このチャンネルで他のチャンネルを宣伝することはできません。」の意味

「宣伝」と言われると、「コマーシャルでも出来るのか?」みたいな感じがしてしまいますけど、別にそういう意味で表示されてるわけではありません。

このチャンネルで他のチャンネルを宣伝することはできません。

これは単純に、

「今現在、表示するチャンネルがありません。」

と言っているだけにすぎません。

このページを英語表記に切り替えてみると、

「This channel doesn’t feature any other channels.」

と、なっています。

このチャンネルで他のチャンネルを宣伝することはできません。

直訳すると、

「このチャンネルには、他に特集するようなチャンネルがありません。」

といった感じになります。

では、なぜこのような表示となるのか次に解説しましょう。

「このチャンネルで〜」と表示される2つの理由

「このチャンネルで他のチャンネルを宣伝することはできません。」と表示される理由は、2つあります。

チャンネルが表示されない理由
  • 設定が非表示のままになっている
  • チャンネルを1つも登録していない

初期設定の状態では、「チャンネル」が非表示に設定されています。

その設定を変更したうえで、そのアカウントで「チャンネル登録」した「チャンネル」が表示されるようになります。

では、「チャンネル」を表示させるための手順を次に解説しましょう。

「チャンネル」を表示させるようにする手順

「チャンネル」の非表示設定を変えるには、右上のアイコンをクリックして、メニューから「 設定」に進みます。

このチャンネルで他のチャンネルを宣伝することはできません。

そして「設定」画面では、「プライバシー」に進みます。

このチャンネルで他のチャンネルを宣伝することはできません。

「プライバシー」ページが表示されると、「再生リストと登録チャンネル」という項目があるので、「すべての登録チャンネルを非公開にする」のタブを灰色に切り替えれば、「チャンネル」が表示されるようになります。

このチャンネルで他のチャンネルを宣伝することはできません。

リョウ

もちろん、他のチャンネルを登録したら表示されるようになるからね。

「チャンネル」の活用法

この「チャンネル」は、Youtube動画を楽しむだけの人のプライバシーを守るために、初期設定として非表示になっている部分です。

それなら、どういった時にこの「チャンネル」が活きてくるのかってことですよね。

他のチャンネルを宣伝したい時に活きてくる

「あれ、また宣伝って単語を使ってる」と思いませんでした?

「チャンネル」の項目って、自分が運営している別のチャンネルや友達、共同作業している Youtuber などを紹介できる場でもあります。

要するに、「宣伝」ですよね。

このチャンネルで他のチャンネルを宣伝することはできません。

リョウ

そう、だから「宣伝」って表現は間違ってはないんだよね。

もし気になる Youtuber を忘れないようにチャンネル登録したいんだったら、個人で楽しむ用のアカウントを作って、そちらで普段は楽しみましょうってことです。

そして、Youtuber として運営しているアカウントでは、「宣伝」したいチャネルだけを登録して、表示させましょうね。

さいごに

個人で Youtube を楽しむだけなら、基本的に「非表示」設定のままで OK なんじゃないかと思います。

でも、他にも紹介したいチャンネルがあるのなら、「チャンネル」を活用してみてくださいね。

Youtubeに投稿する動画の最適な長さは?【満足度が1番のカギ】