【初心者必見🔰】副業資金を作る簡単な方法 ▶︎

Amazon商品の紹介は「もしもアフィリエイト」が良い3つの理由【でも1つだけデメリットはある】

Amazon の商品をアフィリエイトしようと思うけど、Amazon アソシエイトもしもアフィリエイトのどちらを使うといいんだろう…
 

と悩んでいる人もいるでしょう。

そこで、この記事では下記の内容を解説します。

この記事で分かること

  • Amazon 商品の紹介はもしもアフィリエイトがいい理由
  • Amazon アソシエイトともしもアフィリエイトの違い
  • もしもアフィリエイトのたった 1 つのデメリット
 

結論から先に言っておくと、ブログなどのサイトで Amazon の商品を紹介するなら「もしもアフィリエイト」を利用するのが断然お得です。

ただ、「Amazon アソシエイト」ならではのメリットも 1 つあります。
 

それでは、Amazon の商品をサイトで紹介するには「もしもアフィリエイト」が良い 3 つの理由を解説します。

もしもアフィリエイトと Amazon アソシエイトの違いは?


 

「もしもアフィリエイト」と「Amazon アソシエイト」では、審査に通れば同じように Amazon 商品のアフィリエイトができます。

そこで、まずは違いを紹介する前に、同じ条件の部分を解説しておきましょう。

報酬料率も再訪問期間も全く同じ

実は、ASP 大手の「A8.net」と「バリューコマース」でも Amazon のプログラムはあるのですが、報酬料率が本家より低いんです。
 

でも「もしもアフィリエイト」は報酬料率が同じなので、どちらを使っても同じように報酬を得られます

Amazon・もしもA8net・バリュー
DVD・家電・ゲーム2.00%1.50%
本・おもちゃ・家具3.00%2.30%

また再訪問期間も同じなので、報酬を得られる条件は変わりません。
 

あと Amazon アソシエイトの利用者だと、クリックした商品とは別の商品が買われたらどうなるのか気になりますよね。

Amazon アソシエイトだとクリックした商品と別の商品を買われても報酬となりますが、もしもアフィリエイトでも同じように報酬となります。
 

となると、どちらを使っても同じように感じますよね。

でも、「もしもアフィリエイト」を使う方が良い理由があります

もしもアフィリエイトでAmazon商品を紹介した方がいい理由


 

一見すると、「もしもアフィリエイト」と「Amazon アソシエイト」のどちらを使っても同じように見えますよね。

でも、ブログなら「もしもアフィリエイト」の方がお得でかつ便利です。

審査の判断が少し緩い

Amazon アソシエイトは、審査が難しいことで有名です。
 

審査の内容は、登録してから 180 以内に適格販売の実績を 3 件あげなければなりません。

たったの 3 件ではありますが、アフィリエイト初心者だと 1 件でも大変なことなので、審査が厳しいと言われている所以です。
 

では、「もしもアフィリエイト」ではどうなのか。

審査できる条件は、

  • 未成年ではないこと
  • 少なくとも 10 記事以上あるサイトを運営してること
  • 過去に提携解除されたことがない人

が大枠となっています。
 

細かい条件としては、商材販売や電子書籍だけを取り扱っているサイト、日本語ドメインサイト、長期間更新されていないサイトなどは提携不可とのこと。

なので、すでに 20 記事くらい投稿していて、期間としても 3 ヶ月ほど普通にブログを運営しているのであれば、あまり心配する必要がないでしょう。
 

しかも本家とは違って適格販売の実績を 3 件というノルマもないので、審査は厳しくないと言えます

12% のボーナス報酬が受け取れる

「もしもアフィリエイト」では、W報酬制度を採用しています
 

何かというと、アフィリエイトで稼いだ報酬にプラスして、その報酬額の 12% 分を「もしもアフィリエイト」からボーナスとして支払われる制度です。

もしもアフィリエイトのW報酬制度

参照:W報酬制度について
 

もし 100 万円分の報酬を稼いだ場合、

  • Amazon アソシエイト → 100 万円の報酬
  • もしもアフィリエイト → 112 万円の報酬

となるわけです。
 

そのため、同じように Amazon の商品を紹介して報酬を得たとすると、「もしもアフィリエイト」の方が多く稼げることになります。

商品リンクの作成が簡単

Amazon で販売されている商品の多くは、楽天でも同じように売られていることが多いですよね。

とはいえ、Amazon と楽天それぞれのアフィリエイトリンクを表示させるのは少し素人感が出てしまうので、なるべく両方をスマートに紹介したいところ。
 

実は、「もしもアフィリエイト」では商品画像を 1 つだけ表示させ、それぞれのアフィリエイトリンクをボタンで表示させることが簡単にできます。


 

もちろん本家の「Amazon アソシエイト」と「楽天アフィリエイト」を使って、似たような表示にすることも可能ではあります。
 

でも「もしもアフィリエイト」なら「かんたんリンク」という機能で上記のようなデザインを表示できるので、誰でも簡単に Amazon と楽天の両方を紹介できます。

>> もしもアフィリエイトはこちら

たった 1 つだけ Amazon アソシエイトに有利なことがある


 

ブログで Amazon 商品を紹介するなら、3 つの理由から「もしもアフィリエイト」を利用した方がいいです。

でも、Amazon アソシエイトの利用者だけしか行えないことがあります。

Amazon アソシエイトだけが張れる場所

実は、「Amazon アソシエイト」の利用者は Twitter にリンクを直接的に張れます

でも「もしもアフィリエイト」は、Twitter にアフィリエイトリンクを張ることが禁止されています。
 

そのため、Twitter から直接 Amazon 商品を紹介して報酬を得るのは、「Amazon アソシエイト」利用者の特権となります。

なのでもし Twitter も活用してアフィリエイトをしたい人は、「Amazon アソシエイト」も利用できるようにしておく方がいいです。

【関連記事】Amazonアソシエイトの適格販売の実績3件を1日で達成させる「裏技」

Amazon 商品の紹介は「もしもアフィリエイト」がいい


 

「本家」の方にメリットがあるケースがほとんどですが、Amazon の商品を紹介してアフィリエイトしたい場合は、「もしもアフィリエイト」の方が便利でお得になります。

  • Amazon の商品を紹介してアフィリを始めたい
  • Amazon と楽天の両方を簡単に紹介したい
  • 少しでも多く収益を得たい

という人は、「もしもアフィリエイト」を利用してみてくださいね。

>> もしもアフィリエイトはこちら