WordPress管理画面へのアクセスが拒否されました【の解決方法】

エックスサーバーを利用している人がある事を知らないまま海外で WordPress へログインしようとすると、「WordPress管理画面へのアクセスが拒否されました」と表示されビックリしてしまいます。

せっかくノマド生活が現実になったと思ったのに、PC を海外まで持ってきて何もできなくては全く意味がないですからね。

「WordPress管理画面へのアクセスが拒否されました」と表示された時に、サクッと解除する方法を紹介しましょう

エックスサーバーで海外からのアクセスを解除

いったい何が起こったのか先に説明しておくと、エックスサーバーはデフォルトの状態で海外からのアクセスを遮断する設定がされています

あまり表立って解説されていないので知らない人も多いのですが、ハッカーなどが多い海外から容易にアクセスされないように、エックスサーバーは普段から海外の攻撃から守ってくれています。

そのため、海外で自分のサイトへアクセスしたい場合には、一時的に設定を変更する必要があります。

海外 IP アドレスの拒否を解除する手順

海外 IP アドレスからアクセス拒否を解除するには、まずエックスサーバーにアクセスして「サーバー管理(サーバーパネル)」に入ります。

次に、「WordPress」のカテゴリーに「WordPressセキュリティ設定」とあるのでクリックします。

xserver

ログインしたいサイトのドメインを選んだら、「国外IPアクセス制限設定」という画面が表示されます。「ダッシュボード アクセス制限」が「ON」になっているはずなので、「OFFにする」というボタンをクリックすれば完了となります。

xserver

完了すると「〜変更が完了しました」という文言が表示されるのですが、その下に「同時に、REST APIアクセス制限をONにしました」という説明もあります。

xserver

おそらく WordPress5.0 未満を使用している人はいないと思いますが、5.0以上を利用している人は「REST APIアクセス制限」も同時に「OFF」にしないと記事の投稿や保存ができなくなります。

そのため、「ダッシュボード アクセス制限」を「OFF」に変更するだけで、自動で「REST APIアクセス制限」も「OFF」へと変更されます

アクセス制限を解除した時の注意点

海外へ行っている間は制限を「OFF」にしたままにしておきたいところですが、「OFF」にしている時間が長ければ長いほどリスクは高くなってしまいます。

記事を編集している時以外は、なるべく「ON」に戻しておきましょう

ここで、注意点が1つ。

制限を解除する手順の時に、自動で「REST APIアクセス制限」も「OFF」に変更されると説明しました。

しかし、「ダッシュボード アクセス制限」を「ON」に変更した時は、自動では「REST APIアクセス制限」は「ON」にしてくれません

xserver

「ダッシュボード アクセス制限」を「ON」にした時は、手動で「REST APIアクセス制限」も「ON」に戻しておきましょう

海外に長期滞在の時は IP でアクセス拒否

海外に長期滞在する場合、WordPress を使うたびにエックスサーバーへアクセスして設定を変更するのは大変ですよね。

そんな時、もし IP アドレスが分かるのであれば、使う IP アドレス以外を遮断する方法もあります

.htaccessでIPアドレスを制限

どんな方法でも良いので、「.htaccess」に下記のコードを追加して編集します。

.htaccess
SetEnvIf Remote_Addr ^123\.456\.789\.123$ AllowCountry

上記の例は、IP アドレスが「123.456.789.123」の場合になります。上記のコードをサンプルとして、自分の IP アドレスに書き換えてください。

さいごに

WordPress を始めて間もない頃、海外滞在中に初めて記事を書こうとしたら「WordPress管理画面へのアクセスが拒否されました」と表示されてビックリした記憶があります。

「アクセス拒否」なんて表示されると「ドキッ」としちゃいますよね。なんか、悪いことでもしたのかと一瞬焦ってしまいました。

設定の変更が面倒と思ってしまいますが、海外の攻撃から常に守ってくれているエックスサーバーに感謝しないとですね。