絶対に必要なプラグインはないけど便利なもの14選【WordPressブログでのおすすめ】

WordPress には欠かせない「プラグイン」の存在ですけど、あくまで機能拡張するものなので誰もが絶対に必要なものってないんですよ

とはいえ便利な「プラグイン」はたくさんあるので、利用してみるとブログがより読みやすくなったりします。

プラグインを使わずに PHP をイジったりすることで同じような機能を追加することもできますけど、せっかく便利なものがあるので気に入ったら使っちゃいましょう

bryog.com で使っている内容

このブログでは、8つの「プラグイン」を使っています。ツールを使えば分かることですけど、こんな感じで装備しています。

plugin

使っているプラグインの内訳
  • All In One WP Security
  • Autoptimize
  • Easy Table of Contents
  • Google XML Sitemaps
  • Lazy Load by WP Rocket
  • LiteSpeed Cache
  • Scripts-To-Footer
  • WP Multibyte Patch

WordPress のテーマには「Sango」をベースとしていて、サーバーは「MixHost」を使っています。その関係から、導入しているプラグインも中にはあります。

セキュリティ強化の All In One WP Security

plugin

「All In One WP Security」は、セキュリティ強化のためのプラグイン。サイトへのアクセスを制限したり、不要なことを非表示させたりすることができるんです。

WordPress は常に脆弱性を気にしなければならないソフトなので、こういったセキュリテイを強化するプラグインを一応入れています。

最近はサーバー側でも十分に強化できますけど、やらないよりはマシなので最低限入れています。

他のセキュリティ強化プラグイン
  • SiteGuard WP Plugin
  • iThemes Security
  • Wordfence Security

圧縮とキャッシュ機能がある Autoptimize

plugin

「Autoptimize」は、記述されているコードを圧縮したり、キャッシュを操作することができるプラグイン。人にも Google にちょっと優しくできる機能がついています。

コードを圧縮することで Google がサイトをチェックしやすいようにしてあげて、キャッシュを操作することで表示を速度を速くすることが可能となっているんですね。

キャッシュに関してはプラグインを使わなくても操作する方法はありますけど、コードを圧縮してくれる「Autoptimize」に備わっている機能なので使っています。

目次を作る Easy Table of Contents

plugin

「Easy Table of Contents」は、記事の冒頭で「もくじ」を表示させることができるプラグイン。目次を表示するかどうか賛否両論ありますけど、私は合ったほうが概要が分かりやすいと思っているので表示させています。

目次もプラグインをわざわざ使う必要もないんですけど、単純に便利なので使っています。

他の目次プラグイン
  • Table of Contents Plus

「もくじ」のプラグインとして「Table of Contents Plus」も有名なんですけど、なんせ3年以上も更新されていないのが気になるところ。

このブログに使っている「Sango」では「Table of Contents Plus」を使うようにできてますけど、後継のプラグインである「Easy Table of Contents」を使っています。

Sangoの目次をEasy Table of Contentsに変更してみた

サイトマップを送信する Google XML Sitemaps

plugin

「Google XML Sitemaps」は、サイトマップをしっかりと送信するためのプラグイン。もちろん、これもプラグインを使わなくてもできるんですけど、便利なので使っています。

Google XML Sitemapsの使い方【サイトマップの送信方法】

画像表示を遅らせる Lazy Load by WP Rocket

plugin

「Lazy Load by WP Rocket」は、サイトの画像を少しだけ遅らせて表示するためのプラグイン。そうすることで、サイトの表示を少し早くさせることができます。

そもそも画像をしっかりと圧縮したり次世代フォーマットにするとかなり軽減されますけど、画像表示を遅らせることでさらに効果を発揮します。

次世代フォーマットでの画像の配信【解決してWordPressを高速化】
他の画像表示を遅らせるプラグイン
  • BJ Lazy Load

「BJ Lazy Load」をよく紹介している記事を見かけますけど、気になるのが2年以上も更新されていないこと。でも紹介している人が多いことで安心するという人は、「BJ Lazy Load」を使っても良いでしょう。

キャッシュを操作する LiteSpeed Cache

plugin

「LiteSpeed Cache」は、高速Webサーバー「LiteSpeed」が使われている「MixHost」や「ColorfulBox」などでのみ効果があるプラグイン

サーバー独自にキャッシュを操作する設定だったり、プラグインを使わないでもどうにかする方法はあります。ただ、サーバーが「LiteSpeed」なら導入しておきましょう

他のキャッシュを操作するプラグイン
  • WP Super Cache
  • WP Fastest Cache

りょう

キャッシュ系はサーバーやテーマとの相性が難しいので、導入する時には気をつけてくださいね。

スクリプトを操作する Scripts-To-Footer

plugin

「Scripts-To-Footer」は、JS が冒頭にあると表示が遅くなるということから、最後に読まれるようにして表示速度を変えるためのプラグイン

JS をほとんど使っていないようなテーマの場合は、導入しても何の変化もないです。

日本語最適化する WP Multibyte Patch

plugin

「WP Multibyte Patch」は、日本語を最適化してくれるプラグイン。どしても英数字がWEBの世界では基本となるので、日本語を使うと表示が変になることもあります。

シェアをしたりするときに文字化けしないように、ちゃんと「WP Multibyte Patch」を導入しておくと安心です。

WP Multibyte Patchで日本語を最適化【使い方とカスタマイズ方法】

あると便利なプラグイン

よく紹介されているプラグインを使っていないと思った人もいるかもしれませんが、個人的にはこれで十分ですし、むしろ何個かは正直削除しても良いとは思っているんですけどね。

ただ、ひたすら WordPress らしく使いたいと思って、この「bryog.com」では便利だと思ったプラグインは使っています。

All in One SEO Pack

plugin

とっても有名な「All in One SEO Pack」なんですけど、最近の WordPress テーマには最適化できるような機能が基本で備わっていることが多いこともあり、「Sango」にも必要ないので使っていません。

ただ、最適化できないテーマもたくさんあるので、その場合には重宝します。

EWWW Image Optimizer

plugin

画像を自動で圧縮してくれることで有名な「EWWW Image Optimizer」ですけど、サーバーによって使えない場合もあるプラグインです

でも、画像をたくさんアップするようなサイトの場合には重宝します。

AddQuicktag

plugin

新しい投稿画面では使い物になりませんけど、昔のエディターならタグや定型文をボタンにして追加・削除することができます。

ショートコードなどがたくさんある場合にはとても重宝します。

WordPressの投稿画面が使いづらい!←エディタを変えるプラグイン3つ紹介

Akismet

plugin

「Akismet」は、迷惑なコメントから守ってくれる強い味方のプラグイン。そのため、コメント欄を表示しない人は必要ないですね。

でも、コメント欄を表示してサイトを通じて交流したいという人は「Akismet」を有効にしましょう

Contact Form 7

plugin

お問い合わせフォームを簡単に作ることができるプラグイン「Contact Form 7」。ただ、使わなくても問い合わせのフォームを作ることもできます。

他にも問い合わせ系のプラグインはたくさんあるので、WordPressブログにオススメのお問い合わせフォームは?【プラグイン6選+α】の記事を参考にしてみてください。

WordPressブログにオススメのお問い合わせフォームは?【プラグイン6選+α】

WordPress Popular Posts

plugin

「WordPress Popular Posts」は、サイドバーなどにオススメ記事を簡単に表示できるプラグイン。ただ、これを使うとサイトがけっこう重くなるんですよね。

でも、人気のある記事へ誘導することができるのでとても重宝するプラグインです

プラグインには相性がある

plugin

必要かどうかは置いておいて、覚えておいて損はない便利なプラグインを紹介しました。でも、人によって魅力的かどうかは違うので、自分を改善するために使えそうと思ったら導入してみてください。

ただ、紹介したプラグインを使う場合にもいくつか気をつける必要があります

サイトが真っ白になることも

全てのプラグインを使えるというわけではなく、サーバー、テーマ、バージョンなどによって使えないこともしばしばあります。

使えないというのは、導入した時、バージョンアップした時などに画面が真っ白になったり。

導入する時、バージョンアップする時は1つずつ作業を行ってくださいね

プラグインの鮮度を確認する

最近書かれた記事だったとしても、プラグインが新しいとは限らないし、古い記事を参考にする場合には特に「鮮度」を確認しておきましょう。

プラグインの詳細を見ると必ず最終更新した日がいつなのか表示されているので、何日前、何週間前に更新されたものなのかを確認しましょうね

プラグインのバージョンを確認する

プラグインにはバージョンがあって、まだ 1.0 などであればまだリリースされたばかりということなので、少し気をつけながら導入しましょう。

プラグインの評価を確認する

プラグインの詳細には、これまで利用してきた人の評価が表示されています。評価内容は英語の場合が多いんですけど、参考になることがよく載っているのでなるべく翻訳しながらでもチェックしておきましょう

プラグインの互換性を確認する

「使用中の WordPress バージョンで未検証」となっている場合は、安全面でちょっと疑っておきましょう。なるべく「使用中の WordPress バージョンと互換性あり」である方が良いです

プラグインのインストール数を確認する

インストールされている数も、著しく少ない場合はやめておきましょう。ただ、使う人が少ない機能の場合はちょっと判断が難しいですけどね。

さいごに

プラグインは便利なのですが、あまりにも使いすぎるとサイトが重くなったり、更新が大変になったりします。とはいえ、全く使わないのも WordPress を使っている意味があんまりなくなってしまいますよね。

ベストな数っていうのはないんですけど、10個前後には押さえておくほうが良いでしょう。

自分にとって便利なプラグインだけを使って、最低限の「SEO対策」をしておきましょうね。