WordPressブログ向けの有料テーマ7選【初心者だからこそ選ぶメリットもある】

WordPress のテーマには「無料」と「有料」のものがあるんですけど、収益化できていないうちから有料テーマを購入して始めるのはどうしても躊躇してしまいますよね。

上手く収益化できなかったり、続けられるか分からないことを考えると、有料テーマを購入しにくいかも…

くま五郎

リョウ

でも、実は WordPress でのブログ初心者ほど「有料テーマ」を購入するのがオススメなんだよ!

ということで、WordPress ブログ向けの有料テーマの紹介と、初心者ほど購入するべき理由を解説していきます。

この記事が参考になる人
  • オススメの WP 有料テーマを探している人
  • WordPress でブログを始めようとしている人

WordPress ブログ向けの有料テーマ7選

WordPress の有料テーマの中には、通販サイト向けだったり企業サイト向けもありますけど、「ブログ向け」に作られているテーマもちゃんとあります。

これから紹介するテーマにはアフィリエイトにも強いものも出てきますが、「ブログに特化した有料テーマ」だけに絞ってご紹介します。

Sango

WordPress Theme

>> https://saruwakakun.design/

まず最初に、このブログでもベースとして使っている WordPress の有料テーマ「Sango」。

WordPress やデザインについて分かりやすく紹介するブログとして人気がある「サルワカ」さんが制作したテーマで、Google が推奨するマテリアルデザインとなっています。

「サルワカ」さんのファンも多いことから、「Sango」を使っているブログも良く見かけるようになりましたね。

正直な感想と特徴

頻繁に機能を追加したり更新したりがあるので、独自でカスタマイズをする人からすると少し面倒と感じることもあるかもしれません。

ただ、テーマをそのまま使うだけで一定以上のデザインにはなりますし、負担の少ない設計となっているので何もしない状態でもページ速度が速いことも特徴の1つです

ブログに特化したテーマということもあり、アフィリエイトサイトとしては少し弱いです。

JIN

WordPress Theme

>> https://jin-theme.com/

アフィリエイターとして有名な「ひつじ」さんとアフィリエイト用のテーマとして人気があった「Atlas」(販売終了)の製作者・赤石さんが協力して作り上げたテーマ。

さっぱりとしたデザインから、「Sango」と比較しながら悩む人も多いようです。

正直な感想と特徴

ブログとしても使いやすいデザインなのですが、アフィリエイトに特化した方々が作ったテーマということもあり、「収益化」という面では確かに効果のある作りです。

ただ、基本的な設定ではページ速度が遅い。そのため、初心者でも楽しくブログやアフィリエイトを始められる構造ですけど、「高速化」の勉強が必要となります。

ページ速度がどのような影響を受けるのか、【SEO対策】サイトのページ表示速度をテスト【ツールまとめ】の記事にまとめているのでぜひ参考にしてみてください。

STORK

WordPress Theme

>> https://open-cage.com/stork/

これまで人気となったテーマをいくつか作成してきた「OPENCAGE」が、ブログマーケッターとして人気がある「JUNICHI」さん監修のもとに作られたテーマ。

何もせずとも、おしゃれなデザインとなるのが魅力です。

正直な感想と特徴

「OPENCAGE」のテーマ全般に言えることですけど、スマホ表示した時がとても読みやすいデザインなんですよね。文字の大きさやボタンの位置など、ここまで「おっ!? 読みやすい!」と思えるようなテーマはないです。

アニメーションなども簡単に設定できることもあり、初心者でもおしゃれなブログを作ることができます。

ただ、「STORK」もページ速度が遅め。とはいえ、「JIN」と同じように対策を行えば表示速度はそこそこ解決することは可能です。

THE・THOR

WordPress Theme

>> https://fit-theme.com/the-thor/

「次世代テーマ」とも書かれる「THE・THOR」は、「集客」に特化したブログテーマ。というのも、スマホ表示を高速化する PWA をいち早く採用しているテーマだからです。

集客できるテーマということで、同時に収益化も望めるテーマとして注目を集めています。

正直な感想と特徴

「THE・THOR」はページ速度が本当に早く、スマホ表示では顕著に現れます。そのため、スマホからの閲覧が多いブログではテーマを変えた途端に閲覧数がグッと上がることでしょう

ただ、選べるデザインや機能が多すぎるゆえに、決めるまでに時間がかかるという人も中にはいるかもしれません。

また、広告を表示させるとたまにデザインが崩れることもあるので、そういったことにもめげずに対処できるような人ならオススメです。

Swell

WordPress Theme

>> https://swell-theme.com/

2019年3月に発売されたテーマということで、割と新し目ということで利用者が少ないです。ただ、注目したいところは「ブロックエディター」でも簡単に記事が書けるという部分。

作者の「了」さんが Youtube で「WordPressテーマ「SWELL」でブロックエディター(Gutenberg)を使っている様子」を公開してくれていますが、旧エディタにしなくても文字の装飾やボックスを簡単に表示させることができます。

正直な感想と特徴

とてもシンプルで、今時らしいおしゃれなブログにすることができます。とにかく、デザインの綺麗さと機能を求めているのなら使っても良いかもしれません。

ただ、このテーマはスマホでのページ速度がかなり重め。「JIN」や「STORK」などと同じく、表示速度をある程度強化する必要があります。

Minimal

WordPress Theme

>> https://manablog.work/minimal/

ブロガーとしてもファンが多く、最近はユーチューバーとしてメキメキ人気が出てきている「マナブ」さんが作った「テーマ」。

ファンとしてデザインが好きな人はもちろん、シンプルで機能はいらないというミニマリスト的な人にはオススメです。

正直な感想と特徴

表示速度も標準で早く、SEO の観点からもブログ向きなテーマの1つですね。4980円という安さからも考えると、デザインが気に入った人なら買っても良いでしょう。

ただ、余計なものをそぎ落としているため、デザインを加えたい場合には自分で解決する必要があります。初心者でも、これから PHP や CSS なども勉強するという意思がある人なら大丈夫です。

MAG

WordPress Theme

>> https://design-plus1.com/tcd-w/tcd036

WordPress のテーマを数多く販売されている「TCD」によるブログ向けテーマ「MAG」。一言で表すならば、「美しさ」にこだわっているテーマですね。

白色が貴重となっているテーマなので、写真などをお扱うようなサイトはとても映えます。

正直な感想と特徴

標準でもページ速度がそこそこ早く、SEO 的な面でも問題ないでしょう。ただ「TCD」の商品は独自性がとても強く、途中でテーマを変える時の作業がかなり大変です

というのも、見出しダグなどのコードが特殊なので、変更するときにはデザインに関するタグを全て変更する必要があります。プラグイン 「Better Search Replace」をなどを使って、一括で変更する手もありますけどね。

初心者ほど有料テーマを購入するべき理由

初めて WordPress を利用するとなると、サーバーやドメインなどにお金を費やしているので、それ以上の出費はなるべく避けたいところですよね。

ただ、ブログで大切なことは「続ける」ということ

というのも、ブログのアクセスが伸びるかどうかは継続力で決まる【続けたもの勝ちです】の記事でも紹介していますが、たったの1年ですら7割の人がやめてしまいます。

その大きな理由が、「読んでもらえない」「収益が上げられない」といったモチベーションが保てない部分にあるんですよね。

有料テーマで始めると...
  • おしゃれなデザインでブログを始められる
  • SEO対策されているので収益化が難しくない

でも有料テーマを購入してブログを始めた場合、デザインに時間をさく必要もなく記事を書くことに集中できますし、SEO についてあまり詳しくなくてもすでに対策されているので閲覧数が増えやすいんです

閲覧数が増えれば収益も増えるので、もっと頑張ってみようかという気にもなりますよね。

「テーマってただのデザインでしょ?」と思うかもしれませんが、テーマによって続けられるかも決まってくるんです。

また、上記で紹介したような人気テーマとなると、それなりに運営されているブログが使いつつカスタマイズなどの情報も発信していることが多いです。

そのため、困ったことがあると検索すればヒットすることも多いんですね

無駄な時間を費やす必要がなくコンテンツを増やすことに時間をさけるので、初心者ほど「有料テーマ」を購入してからの方が良いんです

さいごに

あえて特徴だけを紹介してきたのですが、それぞれは有料テーマなので購入する必要があります。値段は以下の通り。

Sango10,800円複数サイトに使用可能
JIN14,800円複数サイトに使用可能
STORK10,800円1サイトのみ使用可能
THE・THOR14,800円複数サイトに使用可能
Swell16,200円複数サイトに使用可能
Minimal4,980円記載なし
MAG10,980円複数サイトに使用可能

ほとんどのテーマでは複数のサイトでも利用できるので、いくつかサイトを運営したい人でも気に入ったデザインでサイトを量産することができます。

これらの料金を高いと捉えるか安いと捉えるかは個人の考え方になりますが、気になったテーマが見つかったらデモで使用感を試してみてくださいね。

【最新版】WordPress無料テーマおすすめ10選【日本語対応で便利】