【超初心者向け】ワードプレスを始める手順【知らないと挫折します】

ワードプレス(WordPress)を始めようと思って調べていくと、ネットにしろ書籍にしろ
分厚い内容がたくさん出てくるんですよ。

正直、それを見ただけで萎える。笑

ましてや、専門用語がズラズラと出てくると「こんなの自分でできるのかな…」って思ってくるんですよね。

僕は、そうでした。そして、1度は諦めました。

始めから大まかな手順を知っていれば、僕も最初からつまづかなかったのかなと思って「大まかな流れ」を紹介したいと思った次第です。

ワードプレスに必要な3つのモノ

ワードプレスを始めるには、知っておくべき3つのモノがあります。

知っておくべき3つ
  1. サーバー
  2. ドメイン
  3. テーマ

    どのような形であれ、この3つを揃えればワードプレスを始めることができます。

    りょう

    「あれ?ワードプレスは?」と思う人も中にはいるでしょうけど、絶対に必要なモノではあるがゆえに「知っておくべきモノ」ではないんです。

    サーバー

    「サーバー」と言われて、どのようなイメージを持っていますか?

    僕は、こんなイメージを持っていました。

    そう、何とも説明しがたい「マトリックス」でも出てきそうな感じの。笑

    要は、「サーバー」ってデータとかを扱うってだけの漠然としたイメージしかなかったんですよね。

    しかも「サーバー」って言われると、「ウォーターサーバー」や「ビールサーバー」とか飲み物を便利に溜めておくモノのイメージもありましたし。笑

    あまりにも、僕はネット関連には縁がなかったもので…

    まあ、そんなコトは置いといて。

    ワードプレスにおいて必要になってくる「サーバー」は、アナログ的に考えると「ファイルキャビン」のようなモノ。

    「書類」を作ったら、引き出しの中に入れる。

    そして必要だと思ったら、引き出しから「書類」を取り出して内容を読む。

    「サーバー」は、この「書類」が「データ」や「画像・動画」に変わっただけで、一連の動作は「ファイルキャビン」と何ら変わりはありません。

    ドメイン

    普通に生活していると、「ドメイン」って名前に触れる機会はあまりないと思います。「URL」なら聞いたコトがあるって人はいるかもしれませんが…

    「ドメイン」を簡単に言うと、ネットで使われる「住所」のようなモノなんですね。

    このブログであれば、「bryog.com」と言う部分。

    実生活でもそうですが、郵便だとか公共の手続きって「住所」がないと何もできないですよね。

    それと一緒で、ネットの世界でも住所である「ドメイン」がないと何もできないんです。

    テーマ

    ワードプレスを始めるにあたって、「テーマ」と呼ばれるモノの存在も知っておく良いでしょう。

    「テーマ」とは、サイトのデザインを簡単に「着せ替え」できるモノ

    りょう

    「テーマ」と一般的に言われているけど、「テンプレート」とも表現する場合もあるよ。英語で調べたい時は、もちろん「theme」で。

    全ての準備が整ったあと、サイトを見てみると何の装飾もないシンプルなデザインが表示されるコトになります。

    もちろん「シンプルがベスト!」と思っている人は、そのままでも良いですが…

    やはり少しでも見た目を良くして、サイトを公開したいですからね。ある意味、自分の分身でもありますし。

    しかも、「テーマ」によって「機能」もかなり違ってきます。

    ワードプレスに必要なモノを取得する

    ワードプレスに必要なモノを3つ紹介しましたが、それぞれをどうすれば良いのかを解説していきましょう。

    サーバーをレンタル

    「サーバー」って「ファイルキャビン」と同じと説明しましたが、その「ファイルキャビン」をどうするのかってコトですよね。

    単刀直入に言うと、「レンタル」します。

    「サーバー」って自分で所有したりするコトもできますが、費用的にも管理的にも非現実的。個人が運営するようなサイトで、「サーバー」を自分で持っている人なんて聞いたことがありません。笑

    そのため、どの「サーバー」にしようか探したい時には「レンタルサーバー」という単語で調べると良いでしょう。

    どのようなレンタルサーバーが良いのか?

    「サーバー」は、速度が速いと多くの人に読まれる可能性が増えます。そのため、副業などを考えている人は「速度」に定評があるレンタルサーバーを契約する傾向にあります。

    レンタルサーバーの料金の相場は?

    料金は、月に500円くらいから数千円のものまであります。安くしたい場合には500円程度でも良いかもしれませんが、速度が遅かったりサポートが充実していない場合が多いです。

    オススメとしては、月額1000円前後の「レンタルサーバー」。初心者だとしても上級者になったとしても、満足のいくサーバーがあります。

    初心者にオススメのレンタルサーバー

    ドメイン

    住所である「ドメイン」は、自分のモノにするため「取得」します。

    ただ、インターネットが始まってから30年以上。「ドメイン」を取得する人が増えているので、なかなか望むようなモノが得られないコトも多いです。

    「ドメイン」は、「早い者勝ち」の世界。

    なので、すでに他の人が使っていないかをひたすら検索するしかないです。

    そして使いたい「ドメイン」が見つかったら、他の人に取得される前に手続きをしておきましょう。

    ドメインは短い方が良いの?

    昔は短い方が良いって言われていましたが、今って直接入力する人は少ないですよね。そのため、優位だというコトはないです。

    ただ、ブログの名前だったりサイトの内容に合わせた「ドメイン」の方が、閲覧者には分かりやすいかなと思います。

    ドメインは英数字だけ?

    「ドメイン」は、日本語でも取得が可能です。ただ、日本語が表示される範囲が限られています。例えば、Google検索や日本語が対応のブラウザとか。

    リンクにすると日本語が無効になってしまうのであまりオススメしませんが、インパクトだけ欲しい人は試してみる価値はあるかもしれませんね。

    初心者にオススメのドメインサイト

    サーバーとドメインを紐付け

    「サーバー」をレンタルして「ドメイン」を取得したら、それぞれの設定で「紐付け作業」を行う必要があります。

    そうしないと、「私のファイルキャビンは、この住所ですよ!」とお知らせすることができないですからね。

    まずは、「サーバー」から。

    サーバーにドメインを追加

    どのレンタルサーバーでも同じですが、サーバーに「ドメインを追加」する作業はとても簡単です。

    管理画面に入って、「ドメイン」というカテゴリーを探して「新しく追加」すれば良いだけなので。

    ドメインにサーバー情報の変更を

    最初に言っておきます。ここがキモです。

    多くの人が挫折する場所が、ここなんです。

    なぜかというと、サーバーにドメインを追加するのには数秒で済むのですが、ドメインにサーバー情報の変更が反映されるまでに最大で72時間かかるからです。

    そのため、正しく設定できたかどうかがすぐに分からない!

    これが、多くの人を悩ませる部分だと思います。

    どの「ドメイン」サイトでもそうですが、必ず「ネームサーバー」という部分を変更することになります。

    この「ネームサーバー」は、「サーバー」をレンタルした時に「契約完了のメール」を見ると何に変更するか記載が必ずあります。

    多くの場合は5つ「ネームサーバー」があるので、それらをコピーして貼り付ける作業になります。

    この作業は失敗談がとても多いので、「サーバー名 ドメイン名」の2つで検索して手順をよく見てから作業を行うと良いでしょう。

    ワードプレスをインストール

    やっと「ワードプレス」という単語が登場しましたが、「ワードプレス」はブログに特化したソフトであり、1つしかないモノなので必要なモノとして紹介はしませんでした。

    そもそも、ワードプレスとは…

    WordPress は美しいサイトやブログ、アプリを作るためのオープンソースソフトウェアです。引用元:https://ja.wordpress.org/

    つまり、誰でも使える無料のソフトなんです。

    これまで HTML や CSS などの専門用語を使って作っていたサイトを、ワードプレスというソフトをインストールするだけで、ひとまずサイトを始められるようにしたモノなんです。

    インストールする場所は、「サーバー」。

    オススメのレンタルサーバーとして紹介した「エックスサーバー」や「MixHost」を始め、今では「簡単インストール」などの名称でインストールできるようになっています。

    りょう

    昔は公式サイトからデータをダウンロードして、インストールする作業が必要でしたね…
    注意するポイント
    インストールする時に、ユーザー名やパスワードを設定します。その時に、第三者に分かりやすいような名前やパスなどを使うのは避けましょうね。

    ワードプレスのテーマを設定

    ワードプレスのテーマには、大きく分けて「公式」と「公式ではない」テーマがあります。

    「公式」だから優れているというワケでもなく、「公式ではない」テーマでも優れたモノはたくさんあります。

    無料のテーマ

    ワードプレスのインストールが完了したら、実はもうブログなりサイトを始めることができます。

    ただ、シンプルすぎなんですよね。

    そこで自分にあったデザインがないかを調べる方法は、ワードプレスの管理画面から「外観」というメニューを探し、「テーマ」を探すというやり方。

    ここで表示されるものが、「公式」に公開されているテーマ。もちろん、全て無料。

    でも見ていくと分かるのですが、ほとんど海外仕様なんですよ。

    日本人からするとあまり好ましくないテーマが「公式」には多く、しかも使いづらいモノも少なくないんです。

    そこで、ブログを始めようと思っている人にオススメなのが、日本人のWEBデザイナーさんが配布している無料の「テーマ」。

    日本人の好みだったり、日本語のデザインに合うような「間」だったりを考えて設計されています。

    もし気になった方がいましたら、こちらの記事を参考にしてみてください。

    【関連】WordPress「日本語対応」の無料テーマ おすすめ9選!初心者必見

    有料のテーマ

    配布されているテーマの中には、有料で販売されているモノもあります。

    料金としては、数千円のものから2〜3万円のテーマまであります。

    個人的な意見とすれば、1万円前後のテーマであれば「デザイン」も「機能」も満足のいくモノが手に入ると思います。

    ただ、それぞれのテーマには作成したデザイナーさんのクセも残っていたりするので、ブログなどをチェックして共感できるのかも確認すると良いでしょう。

    さあワードプレスで記事を書こう!

    テーマも決まったら、あとは記事を書いたりサイトのデザインを変更してワードプレスを楽しむだけです。

    あとは、さらに「機能」を追加したくなったら「プラグイン」を使ってみたり、より多くの人に記事を読んでもらうにはどうしたら良いのか「SEO」を考えながら運営してみてください!

    それでは、良いワードプレス生活を!