WordPress ですぐにやっておきたい7つの初期設定【これだけでOKです】

WordPress を立ち上げたんだけど、まずはどんな設定から始めれば良いの?

 

そんな疑問にお答えします。

この記事の内容
  • すぐにやっておきたい7つの初期設定
  • 「設定」項目の解説
  • 初期設定が完了した後の流れ

WordPress で記事を投稿する前に、しっかりと初期設定をすることで快適なブログを始められます。

リョウ

デザインとかを最初に変えたくなるかもしれませんが、そこはほんの少しだけ我慢して、まずは初期設定をしましょうね。

それでは、WordPress を立ち上げたらすぐにやっておきたい7つの初期設定を解説します

WordPress のやっておきたい7つの初期設定

WordPress には機能がたくさんあるので、設定項目自体はかなり多いです。

でも、そのほとんどはデフォルトの設定で問題ないので、初期設定としてチェックすべき箇所だけに絞って解説します

初期設定でチェックする項目
  • 最初から投稿されている記事
  • サイトのタイトルとキャッチフレーズ
  • https の表示
  • コメントの表示
  • パーマリンクの設定
  • プライバシーポリシーの設定
  • ブログ上に表記する名前

これら以外の設定項目は、個人ブログを運営するうえでは基本的に触る必要がないです。

リョウ

他の項目は基本的に触る必要がないとはいえ、どういった設定があるのかは記事の後半で触れておきます。

初期設定①:最初から投稿されている記事

実は、WordPress を立ち上げると記事が自動で2つ投稿されます。

投稿:Hello world!

WordPress 初期設定

まずは、「投稿」で一覧を見ると分かりますが、「Hello world!」というタイトルの記事が公開されています。

記事自体を表示してみると、

WordPress へようこそ。こちらは最初の投稿です。編集または削除し、コンテンツ作成を始めてください。

となっています。

編集をしても良いのですが、サクッと削除してしまいましょう

削除するには、一覧で「ゴミ箱」をクリックすれば OK です。

WordPress 初期設定

リョウ

完全に消したい場合は「ゴミ箱」の一覧から「ゴミ箱を空にする」で行えますが、30 日経つと自動で完全に消えるようになっています。

固定ページ:サンプルページ

WordPress 初期設定

「固定ページ」を見てみると、「サンプルページ」が公開されている状態になっています。

こちらのページを表示してみると、

これはサンプルページです。同じ位置に固定され、(多くのテーマでは) サイトナビゲーションメニューに含まれる点がブログ投稿とは異なります。
〜(省略)〜
新しく WordPress ユーザーになった方は、ダッシュボードへ行ってこのページを削除し、独自のコンテンツを含む新しいページを作成してください。それでは、お楽しみください !

となっています。

こちらも「投稿」にあった「Hello world!」の記事と同じように、削除してしまいましょう

初期設定②:サイトのタイトルとキャッチフレーズ

WordPress をインストールする時に、ブログ名を設定をしましたよね。

「設定」→「一般」へと進んで、「一般設定」という画面で「サイトのタイトル(ブログ名)」が間違いないか確認しておきましょう。

WordPress 初期設定

そして、「サイトのタイトル」の下にある「キャッチフレーズ」に注目してください

ここには、

Just another WordPress site

と入力されています。

結論から先に言うと、この「Just another WordPress site」は削除して空欄にしましょう

WordPress のテーマによっては、「キャッチフレーズ」に入力した内容が「ブログ名」の横に表示できるものもあります。

ただ、「キャッチフレーズ」を表示したからといって特段のメリットがあるわけではないので、よっぽど表示させたい理由がない限りは基本的に削除しておきましょう。

初期設定③:https の表示にする

「キャッチフレーズ」を空欄にしたら、次はそのまますぐ下にある「WordPress アドレス」と「サイトアドレス」に注目してください

WordPress 初期設定

エックスサーバーのクイックスタートで WordPress を立ち上げた人は、すでに https になっているはずです。

URL に問題がなければ、何も触らなくて大丈夫です。

クイックスタートなどを利用していない場合

サーバーにもよりますが、ブロガーに人気のレンタルサーバーの会社では「常時 SSL」が無料で利用できるようになっています。

SSL 化が無料のレンタルサーバー

もし SSL 化が無料のレンタルサーバーを利用している場合は、まずサーバーで SSL 化の設定を行ってください。

リョウ

SSL 化の設定は簡単ですが、反映するのに時間がかかるので、しばらく待つ必要があります。

そしてブログの SSL 化が完了したら、「WordPress アドレス」と「サイトアドレス」に表示されている URL に s を追加して、http から https へと変更してください。

変更したらページの下にある「変更を保存」のボタンを押すのですが、またすぐに WordPress のログイン画面に切り替わるので、再度ログインをしてください。

リョウ

https に変更することで別のサイトを開いたことと同じ状態になるので、もう1度ログインを求められます。

初期設定④:コメントの表示

WordPress でブログを始めると、デフォルトの設定では記事の最後尾に「コメント」を読者が入力できるようになっています。

WordPress 初期設定

SNS がまだ一般的ではなかった頃は交流の場として活用されていましたが、今では他にも便利な SNS があるので利用する人が少なくなりました。

リョウ

あとスパムが多くなるので、個人的には「コメント」は非表示にしています。

開発系の記事などでは多くの意見を受け取れるメリットがあるので利用している人はいますが、いわゆる個人ブログにおいては非表示にしている人がほとんどです。

コメントを非表示にする項目

WordPress の管理画面から、「設定」→「ディスカッション」へと進みます。

そして、「新しい投稿へのコメントを許可」にチェックが入っているので、チェックを外して「変更を保存する」のボタンを押してください

WordPress 初期設定

ここでチェックを外しておくと、新規で「投稿」を作成した時には「コメント欄」が表示されなくなります。

ただ、記事によって「コメント欄」を表示させたいと思った場合には、各記事ごとに表示することができます。

投稿画面(エディター)の右側に「ディスカッション」という項目があるので、チェックを入れて公開にすれば表示されます。

WordPress 初期設定

表示の優先順位について
投稿画面の設定が優先されるので、「設定」の項目で「新しい投稿へのコメントを許可」のチェックを外しても、投稿画面でチェックが入っていれば「コメント欄」は表示されます。

コメントを表示させる時の注意

「コメント欄」の表示・非表示について解説しましたが、もし「コメント欄」を活用する場合にはスパム対策をする必要があります。

スパム対策として、WordPress に標準でインストールされているプラグイン「Akismet Anti-Spam」が有効なので、しっかりと設定しておきましょう。

リョウ

もちろんフィルターをすり抜ける場合もあるので、コメントが入力される度にチェックはしておきましょうね。

初期設定⑤:パーマリンクの設定

「パーマリンク」とは、一般的に言われている URL のことを言います。

この記事を例にすると、

https://bryog.com/wordpress-initial-settings/

「パーマリンクの設定」というのは、個別のページに割り当てるドメイン以降の wordpress-initial-settings/ といった部分をどう表記するのかを設定する作業になります。

パーマリンクの設定を行う

パーマリンクの設定を行うには、「設定」→「パーマリンク設定」に進みます。

そして、設定は2通り。

  • 「投稿名」を選択する
  • 「カスタム構造」を選択して、/%postname%/を入力する

どちらでも OK です

WordPress 初期設定

 

というのも、「投稿名」を選択すると「カスタム構造」の入力欄が自動で /%postname%/ に変わっていることが分かると思います。

つまり、どちらも同じということです。

そして、左下にある「変更を保存」のボタンを押して完了となります。

初期設定⑥:プライバシーポリシーの設定

プライバシーポリシー」とは、読者から取得したデータをどう扱うのかをブログで明記することです。

どういった場合に明記する必要があるのかというと、

プライバシーポリシーが必要な例
  • アナリティクスでデータを計測している
  • お問い合わせを設置している
  • アドセンスやアフィリエイトで収益化している

となります。

リョウ

ただ単に日記を綴るだけなら必要はないですが、「収益化」を考えている人は「プライバシーポリシー」の明記が義務となります。

プライバシーポリシーの設定を行う

プライバシーポリシーは、読者のデータをどのように扱うのか、「固定ページ」を作成して公開します。

プライバシーポリシーの設定手順は プライバシーポリシーはサイトに必要? の記事で紹介しているので、手順に沿って設定してください。

初期設定⑦:ブログ上に表記する名前

WordPress を立ち上げる時に、「ユーザー名」を設定したはずです。

記事を投稿すると分かりますが、ほとんどのテーマでは基本的に「投稿者名(作成者名)」として「ユーザー名」が表示されるようになっています。

WordPress 初期設定

そのため、ブログ上のニックネームなどに変更したい場合は、初期段階で設定を変更しておきましょう。

ブログ上の表示名を変える

ブログ上の表示名を変えるには、「ユーザー」→「編集」へと進みます。

するとページの真ん中くらいに「ニックネーム」という項目があるので、そこへブログ上に表示したい名前を入力します。

WordPress 初期設定

そして、「ブログ上の表示名」のドロップダウンを開くと「ニックネーム」に入力した名前が追加されるので、表示したい名前を選択してから「ユーザーを更新」のボタンを押してください。

WordPress 初期設定

セキュリティ面について
「ユーザー名」を隠す目的で「ニックネーム」を変更するようにと解説している記事もありますが、「ニックネーム」を変えてもセキュリティ上の効果は変わりません。詳しいことは、WordPressのユーザー名ってバレバレ?【表示されないようにセキュリティ対策しよう】の記事を参考にどうぞ。

触る必要がない項目をサラッと紹介します

WordPress を立ち上げたらまずはやっておきたい初期設定を7つ紹介しました。

ただ、「設定」の項目には他にも設定箇所がたくさんあるので、どういったものがあるのか軽く紹介しておきます。

もし必要ないという人は、こちらを押せば次の項目に飛びます

設定:一般設定

WordPress 初期設定

「一般設定」では、「サイトのタイトル」から「サイトアドレス」までは必要な設定として解説してあるので、それ以下の部分を解説します。

管理者メールアドレス

この項目はそのままですが、管理者のメールアドレスが表示されます。

メールアドレスを変更することも可能なので、もしメインのメールアドレスを変える場合にはここで設定を行ってください。

メンバーシップ

普通のブログでは利用する箇所ではないので、基本的にチェックを外している状態にしておいてください。

もし掲示板系のサイトを立ち上げたりする場合には、こちらを有効にする必要があります。

新規ユーザーのデフォルト権限グループ

この項目も掲示板系のサイトを始める時に必要となる項目で、新規でユーザーを追加される時にどの権限で新規登録できるようにするのかを設定できます。

間違えて「メンバーシップ」でチェックが入ってしまった時のために、基本的には「購読者」のままにしておきましょう

サイトの言語

「サイトの言語」に設定した言語で、記事以外の部分が表示されるようになります。

もし英語圏をターゲットにしたサイトを解説する場合には、この項目で「English」に変えてください。

タイムゾーン

「タイムゾーン」を設定すると、予約投稿などがその「タイムゾーン」に合わせた時間になります。

日本向けのブログであれば、基本的に「東京」のままで OK です。

日付のフォーマット

サイト内で日付をどのように表示するかを設定する項目なので、好きな表示に変えてください。

デフォルトでは 2020年1月1日 のように日本語表記になっているので、基本的には変える必要がないと思います。

時刻フォーマット

「時刻フォーマット」も「日付のフォーマット」と考えは同じで、好きな表示に変えてください。

週の始まり

カレンダーとかを表示する時に、何曜日始まりにするかを設定する部分になります。

デフォルトでは月曜日になっていますが、日曜日始まりにしたい人は、この項目で変更してください。

設定:投稿設定

WordPress 初期設定

「投稿設定」では、記事を投稿する時の設定を行えます。

投稿用カテゴリーの初期設定

初期設置の段階では「未分類」のままで OK ですが、後によく書くカテゴリーがあるようになれば、ここで設定できます。

デフォルトの投稿フォーマット

普通の記事を書くのであれば「標準」のままで OK ですが、写真だけのギャラリーブログなどの場合は、「ギャラリー」などに変えておくと便利です。

メールでの投稿

メールで記事を投稿できるという機能の設定項目ですが、こちらは WordPress がこの機能を廃止するとアナウンスしているので、無視して OK です

設定:表示設定

WordPress 初期設定

「表示設定」では、主にトップページではどのように表示するのかを設定する項目になります。

ホームページの表示

デフォルトでは、最新の投稿記事を表示するように設定されていますが、「固定ページ」でサイト風なデザインにすることも可能です。

投稿数

「ページに表示する最大投稿数」と「RSS/Atom フィードで表示する最新の投稿数」とありますが、どちらも何件表示させるかという設定項目です。

フィードの各投稿に含める内容

RSS/Atom フィードの投稿で、全文を表示させるか、または抜粋だけを表示させるのかを選択できます。

検索エンジンでの表示

「検索エンジンでの表示」にチェックを入れると、Google などの検索エンジンにサイトが全く表示されなくなります。

リョウ

うっかりチェックを入れてしまうと検索エンジンに表示されなくなるから、注意してね。

設定:ディスカッション設定

WordPress 初期設定

「ディスカッション設定」では、コメント欄についての設定を行えます。

デフォルトの投稿設定

初期設定として「新しい投稿へのコメントを許可」については解説しましたが、ここではコメントやリンクを貼ってもらえた時にどのように通知するのかを設定できる項目になります。

基本的には「新しい投稿へのコメントを許可」のチェックだけを外しておけば問題ないですが、通知が目障りという人は他の項目もチェックを外して大丈夫です。

他のコメント設定

読者がどのようにコメントをするか、コメントを表示する順番などを設定する項目になります。

自分宛のメール通知

コメントが投稿された時に、自分宛に通知のメールを送るかどうかを設定する項目になります。

コメント表示条件

コメントの表示を、承認制にするかどうかを設定する項目になります。

コメントモデレーション

プラグイン「Akismet Anti-Spam」でもある程度のスパムを検知してくれますが、自分にとって好ましくない表現などが含まれた投稿を承認制にすることができます。

もしいつも同じ人が悪意を持ったコメントをしてくると思ったら、IP を登録して承認制にすることもできます。

コメントブロックリスト

「コメントモデレーション」はひとまず保留という形ですが、「コメントブロックリスト」に設定した単語が含まれていたりするとそくゴミ箱行きになります。

ひとまずは「コメントモデレーション」で様子を見ておいて、あまりにも酷いようであれば「コメントブロックリスト」にするといった流れにしましょう。

アバター

コメント欄で表示するアバターの設定項目になりますが、基本的には何も触る必要がありません。

設定:メディア設定

WordPress 初期設定

「メディア設定」では、記事内で画像を表示する時の大きさを設定できます。

画像サイズ

「画像サイズ」で大きさを設定しておくと、記事内に画像を挿入する時に「サムネイル」「中」「フルサイズ」から選択して簡単に大きさを変更できます。

デフォルトではフルサイズになっているので、基本的に設定する必要がない部分ではあります。

ファイルアップロード

画像などのメディアファイルをアップロードすると、デフォルトでは年月分けしたファイルに保存されます。

アップロードした画像も https://bryog.com/wp-content/uploads/2020/01/◯◯.jpg のように、いつアップロードされたのか分かりやすくなっています。

ただ、写真のギャラリーサイトなどを運営する場合には、いつアップロードされたのか分からないようにチェックを外してシンプルな URL にしても良いでしょう。

設定:パーマリンク設定

WordPress 初期設定

初期設定としてパーマリンクの「共通設定」は解説しましたが、「パーマリンク設定」のページにはもう1つ設定項目があります。

オプション

通常であれば、カテゴリーを選択すると https://◯◯◯.com/category/カテゴリー名 のように表示されます。

この URL に含まれる category という表記を別のものにしたい場合、この項目で設定することができます。

分かりやすく説明すると、

カテゴリーペースが空欄の時(デフォルト)
→https://◯◯◯.com/category/カテゴリー名
 
カテゴリーペースに「topics」と入力した時
→https://◯◯◯.com/topics/カテゴリー名

となります。

「タブベース」についても、同じ考えです。

そのため、基本的には何もする必要ありません。

WordPress の初期設定が完了したら

WordPress 初期設定

WordPress を立ち上げてすぐにやっておきたい7つの初期設定の解説は以上となります。

ここからは、次に行う手順を紹介しておきます

  • WordPress テーマを設定
  • プラグインを導入

WordPress テーマを設定する

必要な初期設定が終わったら、さっそく自分好みのデザインを選びましょう。

WordPress のテーマは、大きく分けて2つ。

  • 無料テーマ
  • 有料テーマ

があります。

無料テーマでひとまず始めるのもアリですが、「収益化」を考えてブログを始める人は有料テーマを利用するのをおすすめします

リョウ

ちなみに、このブログは有料テーマ「SANGO(1.1万円ほど)」を利用しています。

ブログにおすすめなテーマについては WordPressブログにおすすめなテーマ9選 の記事で解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

WordPressブログにおすすめなテーマ9選【日本語対応でデザインもおしゃれに】

プラグインを導入する

WordPress では、「プラグイン(機能拡張)」を導入することで様々な機能を簡単に利用することができます。

プラグインを利用することで SEO 対策などができるので、自分にあったものを導入しましょう。

おすすめのプラグインについては WordPress ブログでおすすめのプラグイン11選 の記事で解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

WordPress ブログでおすすめのプラグイン11選【インストールの手順も紹介】

初期設定が完了したら記事を書こう!

WordPress 初期設定

WordPress テーマもプラグインの準備も完了したら、さっそく記事を作成して投稿してみましょう。

記事作成の基本や投稿方法は、WordPressの投稿方法、ブログの書き方を解説 の記事で解説しています。

それでは、ブログライフをスタートさせましょう!