【2020年版】WordPress でサイトマップを作成する方法【プラグインなども紹介】

WordPress ではサイトマップを作った方がいいって書いてあるのを見たんだけど、何をどう作ったら良いの?

 

そんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • サイトマップとは?
  • 簡単に作る方法とプラグインの紹介
  • 更新頻度が高いサイトの場合について
 

WordPress を立ち上げたばかりの人からすると、「次はサイトマップっていうのも作る必要があるの?」ってなるかもしれませんね。

でも、ご安心を。
 

サイトマップは簡単に作れるので、作り方を解説していきます

サイトマップとは?

サイトマップ WordPress 作り方

 

サイトマップ」とは、Webサイトのマップ(地図)というように、サイトの全体像が分かるように表示することを言います。
 

ただサイトマップには2種類あって、

  • 人に見てもらうタイプのサイトマップ
  • クローラー(Googleなど)に見てもらうタイプのサイトマップ

があります。

人に見せるサイトマップとは?

本であれば、最初に「もくじ」ってありますよね。

まさにあれと同じで、サイト全体でどのような記事があるのかを表示させたページのことを「サイトマップ」と言います。
 

なので、ルールや表記の仕方といったものはありません

あくまでサイトを訪問してくれた人に対して、これだけの記事がありますよと紹介するページなだけです。

クローラーに見せるサイトマップとは?

Google などのクローラーに見せるサイトマップは、ちょっとルールがあります
 

人の場合にはページを作れば良いのですが、クローラに対しては「xml」というファイルを送信する必要があります。

どうやって「xml」ファイルを作れるか心配になるかもしれませんが、WordPress は自動で生成してくれるので安心してください

WordPress でサイトマップを作る手順

サイトマップ WordPress 作り方

 

サイトマップはどのようなものか分かったと思うので、さっそく作り方の手順を紹介しましょう。

人に見せるタイプのサイトマップを作る方法

上での解説した通り、訪問者向けにページを作れば良いだけです

方法としては2つあるので、それぞれを紹介しましょう。

自力でリンクの一覧を作る

シンプルな作り方は、「固定ページ」を使って投稿済みである記事のリンクを貼って作っていく方法
 

ブログなどを始めてすぐは記事数が少ないので、この方法で簡単に「サイトマップ」を作れます。

サイトマップ WordPress 作り方

 

テーマ独自の装飾を利用したり、CSS(デザインをする言語)を駆使していけば、お洒落なページを公開することもできます。

サイトマップ用のページが完成したら、ナビゲーションメニューだったりフッターメニューなどに表示しましょう。

プラグインで全部表示させる

そこそこの記事数があって、サクッと全部を表示させたいという場合にはプラグイン「Simple Sitemap」が便利です。

 

プラグインを有効にしたら「固定ページ」を新規で作って、ブロック一覧の一番下にある「SIMPLE SITEMAP」のブロックを選択するだけで完了です

サイトマップ WordPress 作り方

 

クラシックエディターを使っている場合には、[simple-sitemap] または [simple-sitemap-group] のショートコードを貼れば表示されます。

サイトマップ WordPress 作り方

クローラーに見せるタイプのサイトマップを作る方法

WordPress ではクローラー用のサイトマップ(xmlファイル)を自動で生成してくれるので、正しくは「送信する方法」となります。
 

サイトマップ(xmlファイル)を送信するには、Google 向けにはサーチコンソールを登録しておく必要があります

サーチコンソールの登録方法
エックスサーバー向けではありますが、サーチコンソールに登録する方法【エックスサーバーでの手順を紹介】で解説しています。
 

サーチコンソールを開いたら、左メニューにある「サイトマップ」をクリックします
 

すると「新しいサイトマップの追加」という欄があるので、「https://ドメイン名/wp-sitemap.xml」を入力して送信ボタンを押せば完了です。

サイトマップ WordPress 作り方

プラグインを使った xml ファイルの送信について

サイトマップ WordPress 作り方

 

実は、2020 年 8 月 11 日に WordPress は 5.5 というバージョンに更新されました。
 

この時に初めて、サイトマップの xml ファイルを自動で生成する機能がつきました

そのため、それまではファイルを生成するために誰もがプラグインを利用していたんです。

xml ファイルを送信してくれるプラグイン

プラグインとして有名なのは、

  • Google XML Sitemaps
  • All in One SEO Pack
  • Yoast SEO

Google XML Sitemaps」はサイトマップの生成に特化したプラグインで、「All in One SEO Pack」と「Yoast SEO」は SEO 対策の機能の1つとして利用できます。

大規模のサイトの場合には必要

個人でブログをやったりする程度ならプラグインは不要ですが、1日に何十回と更新するようなメディアサイトの場合には、上で紹介したプラグインを使うことを公式でも推奨しています
 

WordPress で自動生成された xml ファイルを送信する流れはとてもシンプルなものになるので、細かい設定をする場合にはプラグインを使った方が簡単になるからです。

もし PHP (プログラミング言語)が分かる場合には、filter を使って細かい設定をすることも可能です。

【参考記事】Merge Announcement: Extensible Core Sitemaps
 

もしプラグインを使う場合は、送信するファイル名がwp-sitemap.xml ではなく sitemap.xml になるので気をつけてくださいね。

まとめ:サイトマップは簡単に作れる

サイトマップ WordPress 作り方

 

以上で、人に見られるサイトマップとクローラー向きのサイトマップの作成手順を紹介しました。
 

以前は人に見せるサイトマップは重要とされていましたが、あまりチェックする人もいないことからページを作らない人も増えてきました。

ただ、記事数が多くなってくるとどのような記事があるのか分かりにくくなるので、作ってあげた方が親切になるでしょう。
 

リョウ

どちらのサイトマップも簡単に作れるので、ぜひサクッと設定してみましょう。