Whois情報とは?【ドメイン取得時には注意】自分の個人情報が丸見えに

ドメイン取得の時に、契約手続きをする途中で「Whois情報」を代行するかどうか聞かれる場合があります。

初めての場合「Whois情報って?」て感じですよね。私の場合は、「代行」という言葉が引っかかって「そんなものいらない」と頼まずにドメイン取得の手続きを進めてしまいました。

これが、大きな間違いだった

リョウ

今では「お名前.com」でドメインを取得すると、自動的に代行してもらう形になるけどね。

私が WordPress を始める前、「ドメイン」の取得が必要という解説をたくさんみましたが、「Whois情報」が重要と書いている記事を見なかったんですよね。

「Whois情報」を代行してもらわないと自分の個人情報がダダ漏れになる可能性があるので、しっかりと対策しておきましょう

Whois情報とは、個人情報の公開義務

「Whois情報」は、ドメインを所有している人がどのような人なのか、名前や住所などの個人情報を公開されます

ある意味、悪いことができないようにオープンにする目的で義務づけられたシステムなんですが、個人でドメインを取得する場合にはあまり公開したくないですよね。

登録内容に間違いがないことも義務となっているので、利用している人の個人情報が必ず公になってしまいます。

Whois情報が確認できるサイト

するとメールアドレスや電話番号が収集されて、迷惑メールなどを送られる可能性が増え、もしかすると大変なことにも…

そこで、大切になってくるのが「Whois情報代行」のサービス

主要な独自ドメイン取得サービスでは「Whois情報」を代行するサービスがあるので、ドメインを取得したらよっぽどの理由がない限りは申請しておくと安心です。

「お名前.com」では取得時に自動で代行してくれますが、ムームードメインなど他のサービスでは自分で設定する必要があるので、しっかりと「Whois情報の代行」を設定しておきましょう

代行してもらうと、どうなるのか?

「Whois情報」を代行してもらうと、本来は所有者の情報が表示されるところにドメイン会社の代理情報が表示されるようになります

「お名前.com」の場合は、こんなふうに。

whois information

Tokyo…Shibuya-ku…Sakuragaoka-cho…

つまり、「お名前.com」本社の住所ですね。

昔お名前.comで契約した場合

多くの人が利用する「お名前.com」なのですが、今では申し込み時に「Whois情報代行」が自動で設定されます

そのため、余計な設定をせずに個人情報を守れるので安心できますよね。

しかし昔は設定の有無があり、設定をせずにドメインを取得してしまったという人も少なからずいるはず

「お名前.com」で新しくドメインを取得する場合には「Whois情報代行」が無料なんですが、以前に申請していなかった人は有料オプション(980円/年)に申し込む必要があります。

もう1つドメインを購入できてしまう金額ですが、個人情報を公開されたくなかったら「Whois情報代行」を追加設定しておきましょう。

そんなお金を払いたくないという場合には、無料で代行してくれるムームードメインなどに移管しても良いかもしれないですね

さいごに

「お名前.com」では、更新すると「Whois情報代行」の料金が請求されるようなことを書いている記事を見かけたのですが、ドメインが更新されても「Whois情報代行」は請求されていなかったんですよね。

真実はどっちだ? というか、私に関しては請求されていませんでした

その代わりに、メールのオプションが追加オプションとして増えているので、そちらを設定するとメールオプションの費用は請求されるのかも…

ムームードメインやバリュードメインなど、自分で「Whois情報代行」を設定するサービスの場合は、何も考えずに設定しておきましょうね。