「Viibee」にアップする動画を PC で作って分かったこと【アプリの方が何倍もラクです】

日頃から「やってみたら、どうなるんだろう?」という性質がとても強いこともあり、サービスとして開始されたばかりの動画アフィリエイト「Viibee」に動画をアップしてみました。

スマホさえ持っていれば無料で始められるし、商品のレビュー動画も撮影・編集をアプリ内で完結できる優れもの。アフィリエイトがこれだけ簡単にできるのは、素晴らしいの一言ですね。

ですが、あえて動画作成・編集を PC で完成させたものをアップロードするという、「Viibee」に備わっているスゴイ機能をすべて無視したような投稿をしてみました

PCで作った動画の大きな壁

Viibee

今回は「Viibee」の紹介動画を作ってみたのですが、なんせ実物があるようなものをレビューするわけではないので、それならと私がいつも動画作成に使っている VideoScribe で投稿してみることにしました。

ただ、「Viibee」には1つ難点があったんですよ

Youtube などを見ていると、横動画を画面いっぱいに観たいと思ったらスマホを横にすれば見られますよね。

しかし「Viibee」の場合には、アップロードした向きのままでしか再生されないんです

つまり、横動画を普通にアップロードしてしまうと、スマホの中央あたりに小さく横動画が再生されるだけで、スマホを横にしても同じ状態で再生されてしまうんです。

そしてもう1つの方法として、動画を90度回転させることで横動画を縦動画のようにすることもできますが、その場合にはユーザーに対して強制的に「スマホを横にして観て!」という風になるわけです。

そういうことを考えると、「Viibee」に投稿するべき動画は「スマホを縦にして観やすいようにした縦動画」にするべきと言えるでしょうね。

【VideoScribe】ホワイトボードアニメーションが簡単にできちゃう!【作り方を紹介】

横動画のままでも良いかもしれない説もある

「Viibee」には縦動画の方が良いかもしれないんですが、本来の自分たちが見えている「視野」を考えると横動画のままでも良いのかもしれないとも思うんですよね。

というのも、人の視野は一般的に縦60〜70度、横100〜120度の範囲を見ることができるそうなんです。

Viibee

テレビ画面をとって考えても、人として「横5:縦3」の割合が黄金比だとも言われているくらいですからね。

そのため、もしかすると縦動画の時でさえ「横5:縦3」の範囲で上下に見ているだけかもしれないです。

そうなってくると、動画を回転させようがしまいが、横動画を投稿した方が人としてストレスが少なく見えるのかもとも思えるんですよね。

人によっては、わざわざ横に持ち替えるのが面倒と思う人がいるかもしれないんですけど、視覚的に情報を与えたい時には横動画の方が良いかもしれないです。

とはいえ、横動画と縦動画のどちらの方がコンバージョン率が高いかは不明なので、回転機能がつかない限りは現状としては縦動画を「Viibee」に投稿した方が良さそうですけどね

さいごに

スマホが普及してからかれこれ数年になりますけど、なんだかんだで横動画の方が圧倒的に多いことに変わりがないですからね。おそらく、横動画の方が人として観やすいんでしょう。

PC で「Viibee」用の縦動画を作成してみたんですが、正直な感想は「Viibee」アプリで動画を撮影・編集した方が何倍も簡単なんだろうなと思った次第です。笑

ということで、よっぽどの理由がない限りは素直に「Viibee」アプリを使いましょう!