Googleインデックスから削除したい!←URL削除ツールで可能です

サーチコンソールを使って Google にインデックス登録を申請するように、インデックスから削除する申請も行うことができます

ただ安易に削除してしまうとサイト自体に大きな影響を及ぼす危険性もあるので、本当に申請をする必要があるのかを考える必要もあります。

場合によっては申請が必要ないこともあるので、まずはその辺りから確認していきましょう

URL削除をする必要がないパターン

URLの削除に関しては、「思い立ったが吉日」という形ですぐにはやらない方が良い場合もあります。

インデックスされていたページを削除した場合

載せている情報が古いページだったり、アクセスもないページを削除した場合には「URL削除」をする必要はありません

ページを削除してからはしばらくインデックスには残っていますが、しばらくすると自然に消えて無くなります。

クロールエラーが出た場合

サーチコンソールでクロールエラーが検出された場合、何もする必要はありません

純粋に確認できなかったとしてエラーが出るのは当たり前であって、しばらくすると自然に消えて無くなります。

ハッキングなどを受けた場合

ハッキングやマルウェアなどによりサイトの悪い影響があった場合、すぐにURLの削除をせずに「マルウェアや望ましくないソフトウェア」で確認する必要があります。

URL削除をするべきパターン

投稿した記事の内容に誤りがあったという程度ならまだしも、公開してはならないような内容を書いてしまった場合でも記事自体を削除・編集すれば済む話ですよね。

それでは、どんな時に「URL削除」を申請したほうが良いのか。

検索結果に、公開してはならない情報が載った時だけ

一度インデックスに登録されると、「タイトル」と「記事の要約」が表示されますよね。この部分に公開してはならない情報が載ってしまったら、速やかなに「URL削除」の申請をしましょう。

urldelete

例えば、個人情報やトップシークレットな会社の情報とか。

必要がないパターンでも「ページを削除すると自然になくなる」と言いましたが、消えるには何日もかかります。

「URL削除」の申請は早いと当日中に対応される場合もあるので、検索結果で公開されたくない情報が載ってしまったら申請しましょう。

URL削除ツールで申請する手順

「URL削除ツール」は、https://www.google.com/webmasters/tools/url-removalからアクセスします。

確認済みのプロパティを選択

「URL削除ツール」にアクセスしたら、まずは「プロパティを選択してください」をクリック。そして、対象ドメインを選択します。

urldelete

URL の削除

「URL の削除」というページを開いたら、「一時的に非表示にする」というボタンをクリック。そして、削除したい URL を入れてから「続行」を押します。

urldelete

入力時の注意
ここでは大文字と小文字も別物として扱われてしまうので、URL はなるべくコピペして入れましょう

リクエストタイプを選択

次に「リクエストタイプ」を選択できる画面になるので、ここでは「キャッシュから URL を削除し、検索から URL を一時的に削除する」を選び、そして「リクエストを送信」のボタンを押せば「URL削除」の申請は完了です。

urldelete

なぜ「一時的」なのかと気にある人もいるでしょうけど、この作業自体をキャンセルできるようにする措置もあるからです。

さいごに

あまり「URL削除ツール」を使う機会はないと思いますが、どうしても表示させたくない内容が検索結果に出てしまった場合は有効な方法です。

まあ、普段からこんなツールを使わないで良いような記事を積み上げていきましょうね。