常時SSL化のメリットと重要性【無料でも十分に効果はあります】

だいぶ前からサイトの「常時SSL化」というキーワードが飛び交っているはずなんですが、未だ対応していないサイトがたくさんあるんですよね。

最近では、無料で簡単に証明書を発行することができるサーバーも増えていきているので、これからブログやホームページを立ち上げようとしている人は、「無料独自SSL」などと書かれているサーバーを選ぶと良いでしょう

無料独自SSLが使えるサーバー

それでは、「常時SSL化」とはどういったものなのかを簡単に解説していきましょう

この記事が参考になる人
  • 「常時SSL化」って何? って思った人
  • これからサイトを始めようとしている人

常時SSL化とは?

「常時SSL化」とは、簡単に言うと「セキュリティ的に安全に保たれているサイトですよ!」というサイン

サイトを見ている時にどうやって見分けるのかというと、閲覧しているサイトのアドレスを見て「」が付いていたら「常時SSL化」になっているという証明になります。

ssl

もっと細かく言うと、アドレスの最初が「https://」と「s」が入っているURLであれば、それは対策されているということになります。

逆に、「s」が抜けていて「http://」になっていたり、「保護されていません」などと警告文が表示されていたら、今閲覧しているサイトは「常時SSL化」されていないということを表しています。

今まで「常時SSL化」なんて気にしたことがなかった人でも、「常時SSL化」されているかどうかが簡単に見分けがつくようになりましたよね。

それでは、「常時SSL化」されていることでどう影響があるのか、まずは「ユーザー」の面から見てみましょう

ユーザーから見る「常時SSL化」

「常時SSL化」されたサイトを利用することは、サイトを閲覧する人(ユーザー)からしてどのような影響があるのかというと、情報を悪用され難いというメリットがあります

むしろ、「常時SSL化」されたサイトを利用することのデメリットがユーザーにはありません。

では「常時SSL化」されていないサイトを利用すると、消費者にとってどんなデメリットがあるのかってことですよね?

主なデメリットとしては、「情報漏洩」「フィッシング詐欺」「不正取引」の対象となる可能性が高くなります。

これらの単語を見ただけて、なんかゾッとしてきますよね。最近では、仮想通貨の流出や7Payなどのニュースもあり、こういった単語には敏感になっている人も多いと思います。

なぜ、「常時SSL化」すると「情報漏洩」などを防ぐことができるのかというと、「SSL」はデータや情報を「暗号化」してくれる仕組みだからなんです

例えば、メールアドレスといった個人情報やクレジットカードの番号などを入力することってありますよね? そういった情報を入力する時に、「暗号化」して第三者が情報を盗み取りにくくします。

ssl

だから、「ユーザー」にとっても「常時SSL化」という言葉や仕組みを最低限知っておけば、安全にネットでお買い物ができるようになるというわけです。

これからサイトに「常時SSL化」させようとしている人向けにお話をしていますが、サイトを持たない通販好きな人には知ってもらいたい仕組みではありますよね。

運営者から見る「常時SSL化」

日本の省庁のサイトがまだ「常時SSL化」していないとして、数年前にチラッと話題となりました。私も以前から「大丈夫!?」と思ってはいましたが…

省庁のサイトに限らず、ネットサーフィンをしていると「常時SSL化」されていないサイトがまだまだあるんです。むしろ、個人レベルの方が「常時SSL化」が進んでいるような気もしないでもないです

「まだ、うちのホームページが常時SSL化してなかった!」という運営者の方は、ぜひ導入することを検討してみてください。

「常時SSL化」していないことのデメリット

あえて「デメリット」から紹介していこうと思いますが、すでに「ユーザー編」でも説明をしましたが「情報」が漏洩したりする可能性が高くなることが最大のデメリットとなります。

これによって、ユーザーに与える感情はこんなことでしょう。

ユーザーに与える感情
  • 不安
  • 心配
  • 安全じゃない

これではお客さんも安心してサイトを利用できないので、サイトから商品を購入したり、サービスのお申し込みをしてくれなくなりますよね。

ssl

むしろ、会社自体の「信用性」も疑われることになります

「あのお店は、お客さんのことを考えてくれてないんだな」と。

そのため、ECサイトを持っているのであればもちろんですが、サイトを運営している限りは「常時SSL化」が非常に大きな要素となってくるわけです。

「信用性」以外にも、こんなデメリットがあります。

SEOの観点からも不利

数年前のことになりますが、サイトの表示を左右させる大元 Google が対応していないサイトは評価しないとハッキリと発表しました。

つまり、「常時SSL化」しなかった場合は検索上位に上がらないと思っておいた方が良いです

「常時SSL化」することのメリット

ほぼデメリットの逆がメリットとなるのですが、何と言っても「信用」という言葉につきます。

なぜなら、「安全ですよ!」と証明できているわけですからね。

ssl

そして、システム面ではこんなメリットがあります。

システム面から見るメリット
  • SEOの面で評価
  • 速度も速くなる

「常時SSL化」されていないサイトと比べてという話ですが、サイトの評価が良くなったり、ページの表示速度が少し速くなったりします。とはいえ、微々たるものですけどね。

「常時SSL化」で知っておくべきこと

「常時SSL化」をサイトに組み込むことで、いくつか知っておくべきこともあります。

変更や管理にお金がかかる

「常時SSL化」するには、有料の証明書を発行するのが一般的です。そのため、サーバー代やドメイン代とは別に証明書の代金が上乗せされることになります。

無料の「常時SSL化」もありますが、それにしたってWEBサイトを触れる人がいないと変更することができません。

WEBサイトを制作している会社やWEBに詳しい友人に頼むなどして、設定をしてもらう必要があります。

対応していない機種もある

多くの人がスマホを利用してはいますが、いわゆる「ガラケー」やバージョンの古いAndroidなどの一部機種では「常時SSL化」されたサイトが表示されません

利用者層によっては「常時SSL化」されていないサイトを表示させることが必要となるかもしれませんが、それ以上にセキュリティ面では「常時SSL化」しておいた方が良いですけどね。

さいごに

「常時SSL化」に無料と有料がありますが、基本的な仕組みは同じなので無料でも十分に効果はあります

ただ、企業レベルになってくるとさらなる「信用」という意味で、有料の「SSL証明」を発行して表示させるのも必要かと思います。

これからブログを始める人もまだ「常時SSL化」してないサイト運営者も、ぜひ「常時SSL化」の対策をしておきましょうね。