画像圧縮アプリ「Squoosh」が万能すぎる!【使い方とデメリットを紹介】

2018年にグーグルが公開したWEBアプリ「Squoosh」なんですが、他の画像圧縮ツールがいらなくなるほど万能すぎるんですよ。

多くの人が、「SEO対策」のために利用する画像圧縮ツール

他のツールで気になっていた「セキュリティ面」、変換する画像の確認をリアルタイムにできないっといった悩みを解消してくれるのが、万能な画像圧縮WEBアプリ「Squoosh」です。

リョウ

WebP(ウェッピー)の変換も簡単に出来て、ビックリしたよ!

それでは、「Squoosh」を利用してみて分かった機能やデメリットなどを含めながら、使い方を紹介していきましょう。

画像圧縮・変換が簡単にできる「Squoosh」

画像圧縮・変換が簡単にできる「Squoosh」は、WEBアプリという言い方をしていますがサイト上で作業をするのでダウンロードなどをする必要もなし

ただ単純に、「Squoosh」の公式サイトへアクセスして画像圧縮・変換するだけです。

squoosh

>> https://squoosh.app/

「Squoosh」はセキュリティ面でも安心

他の画像圧縮ツールを提供しているサイトと「Squoosh」の大きな違いは、ローカルで画像を圧縮・変換しているという点

Image compression is handled locally; no additional data is sent to the server.引用元:Squoosh – Privacy

そのため、セキュリティ面でも安心して利用することができます。

リョウ

著作権が絡むような画像でも、「Squoosh」なら安心!

変換できるフォーマットが豊富な「Squoosh」

フォーマットの変換作業が別個に必要となるツールがほとんどですが、「Squoosh」は画像圧縮しながらフォーマットを変換することもできます

squoosh

「Squoosh」で変換可能やフォーマット
  • JPG
  • PNG
  • BMP
  • GIF
  • TIFF
  • JPEG2000
  • PDF
  • OptiPNG
  • MozJPEG
  • Webp

聞きなれないフォーマットもあるかもしれないので、少しだけ補足しておくと…

従来のフォーマット(JPGとかPNG)を高画質のまま、容量だけ少なくするためにデータを圧縮したフォーマットが「JPEG2000」「OptiPNG」「MozJPEG」「Webp」

「JPEG2000」はSafariのみ表示が可能で、「WebP」は2019年4月現在ではChrome、Firefox、Edgeで対応済。「OptiPNG」と「MoxJPEG」は、拡張子自体は変わらないのでブラウザを選ばずに表示できます。

さらに補足
「Squoosh」では上記の通り多くのフォーマットへ変換できますが、使うブラウザによって変換できるフォーマットが変わります。最も多かったブラウザは、「Safari」。その他のブラウザを確認したところ、Chrome、Firefox、IEではGIF、TIFF、JPEG2000、PDFへの変換は表示されませんでした。

リョウ

IE向けの圧縮フォーマット「JPG XR」は、対応されてないみたい。

画像の大きさも「Squoosh」なら自由に変換

「Squoosh」は画像を圧縮しながら、大きさも同時に変更することができます。しかも驚きなのが、「大きくする」こともできる点

squoosh

「SEO対策」として画像を大きくするコトはあまりないと思いますが、最近話題となっている「Google砲」ではある一定の大きさの画像が表示されるサイトを対象としているコトが分かってきています。

画像の大きさを調節するだけだとしても、「Squoosh」はかなり便利です。

「Squoosh」はリアルタイムに画像変換

割と新しい画像圧縮ツールのサイトでは採用されている手法ですが、「Squoosh」でも画質の違いをリアルタイムに確認しながら圧縮率や大きさを変えられます。

squoosh

デフォルトの状態だと違いが分からないほどの画質で圧縮してくれますが、表示速度を極限までに早くしたいという人は、数字でも表示してくれるので目安にしながら圧縮率を変えてみると良いでしょう。

「Squoosh」唯一のデメリット

「Squoosh」は機能的には万能なのですが、唯一のデメリットはあります。

それは、一括で複数の画像を圧縮変換できないコト

最大で20個の画像を圧縮できるサイトはいくつかありますが、画像を多く扱うようなサイトやページだった場合には、1つ1つ作業をしなければならないので面倒です。

とはいえ、フォトギャラリーを扱うようなサイトでない限りは、デメリットと感じる人は少ないと思います。

「Squoosh」の使い方

「Squoosh」を使うには、まずサイトにアクセスしましょう。

squoosh

Squoosh のサイトはこちら ⇒ https://squoosh.app/

画像をアップロード

サイトにアクセスしたら、圧縮・変換したい画像をアップロードします。アップロードするには、ドラッグ&ドロップで画面に持っていくだけ。

もしくは、「select an image」をクリックするとファイル一覧が表示されるので、選択して「開く」を押してください。

squoosh

フォーマットを選択して比較

画面の左側は元の画像、右側は変更後の画像となります。左下は「Original Image」のままにして、右下のフォーマットを圧縮させたいフォーマットにしてください。

squoosh

デフォルトでは、「MozJPEG」で圧縮率が「75」になっているはずです。もう少しだけ画像の容量を減らしてみようという場合には、下の青い点を右左に動かして調節してみてください。

画像の大きさを変える

画像の大きさを変える場合には、「Resize」と書かれているボックスにチェックを入れます。

squoosh

デフォルトでは「高さ」だけを変えても、比率を変えずに自動で「幅」も変更してくれます。ただ、比率も変えたい場合には「Maintain aspect ratio」のチェックを外すことで設定できるようになります。

「Method」については説明すると長くなってしまうので割愛しますが、基本的には「Browser high quality」で問題ないです。

色彩情報を変える

これはあまり利用する人はいないと思いますが、「Reduce palette」というボックスにチェックを入れると色彩を変えるというか、色彩情報の数を少なくするコトができます。

squoosh

色彩情報の数を少なくするコトで画像のデータは軽くなりますが、同時に画像の深みは無くなります。

スマホでも同様に使える「Squoosh」

そんなに使う機会はないと思いますが、「Squoosh」はスマホでも画像圧縮・変換の作業を行うコトができます。

squoosh

squoosh

PCと基本的に使える機能は同じで、唯一違うのが「ドラッグ&ドラッグ」ができないくらいじゃないでしょうかね

さいごに

これまで色んな画像圧縮・変換ツールを使ってきましたが、初めての人でも使い勝手の良いツールの1つだと思います。

というか、画像の圧縮、フォーマットの変換、画像サイズの変更、これらが全て出来てしまうので、普段使いなら「Squoosh」だけで十分ですね

まだリリースされて間もないのでこれからもっとアップデートはあると思いますが、グーグルが提供しているだけあって、すでに1番の画像圧縮WEBアプリであることは間違いないです