個人ブログにおすすめのレンタルサーバー3選【稼ぐこと前提のラインアップ】

個人ブログを始めようと思ってレンタルサーバーを調べているけど、比較サイトばかりで本当におすすめなのはどれか分からない…

 

そんな悩みにお答えします。

この記事の内容
  • 個人ブログにおすすめのレンタルサーバー3つ紹介
  • 稼ぐことを考えた時のレンタルサーバーの条件
  • 超初心者におすすめのサーバーを1つに厳選【理由も解説】
 

レンタルサーバーについて検索していると、難しい話ばかりされて、結局どれが良いのか分からなくなってきますよね。

でも結論から先に言っておくと

稼ぐことを考えるなら、レンタルサーバーは3択

になります。
 

リョウ

もし今の段階では何も知識がない人でも、どのレンタルサーバーから選択すれば良いのかハッキリと分かるように解説します。

それでは、稼ぎたいに人におすすめする、個人ブログ用のレンタルサーバーを3つ紹介しましょう

個人ブログにおすすめするレンタルサーバー3つ

さっそく、個人ブログにおすすめするレンタルサーバーを3つ紹介すると

個人ブログにおすすめするレンタルサーバー3つ

になります。
 

他のサイトでも必ず紹介されているレンタルサーバーですが、個人ブログで稼ごうとするのであればこの3つから選べば間違いないです。

どうしてもそこまで断言できるのか解説してきましょう

個人ブログを運営する時に求めるレンタルサーバーの条件

ぶっちゃけて言うと、ただ単に個人ブログを立ち上げて、日記でも始めたいのであれば最安値のレンタルサーバーでも利用した方が良いです。

リョウ

稼ぐことを考えていないのであれば、ブログが表示できるサーバーであれば何でも良いわけですからね。
 

でも稼ぐことを前提に探すとするならば、以下の条件を満たしているレンタルサーバーを探す必要があります

レンタルサーバーを選ぶ時の6つのポイント
  • 表示速度が早いこと
  • SSL が無料で利用できること
  • 適正価格であること
  • 複数のサイトが運営できること
  • バックアップがあること
  • WordPress が簡単にインストールできること
 

これを満たしているレンタルサーバーが、先程紹介した3つになるというわけです。

どうしてこの6つの条件を満たしている方が良いのか、分かりやすく解説していきましょう。

ポイント①:表示速度が早いこと

紹介した3つのサーバーは、どれも「表示速度 No.1」です。

レンタルサーバー おすすめ

えっ!? 3社とも No.1 ってどういうこと???

リョウ

まあ、普通はそうなるよね…。

実際のところ、時間帯や環境によっても数値が違ってくるので、表示速度を正確に測ることは【不可能】なんです。
 

ただ、どのような情報源から「No.1」と表示しているのかをそれぞれの公式サイトに表記しています。

  • エックスサーバー ⇒ h2load を使って計測した平均値
  • mixhost ⇒ 第三者機関による調査結果
  • ConoHa WING ⇒ Apache Bench を使って計測した平均値
 

表示速度などを測る「性能テストツール」に h2load と Apache Bench というのがあって、エックスサーバーと ConoHa Wing ではそれぞれ別のツールを使って計測していることが公式サイトに明記されています。

そして、mixhost に関しては「日本マーケティングリサーチ機構」という第三者機関の調査結果に基づいた情報ということなんですが、ようするに「口コミ」での評価ということになります。
 

これは、「世界陸上で1位に!」「オリンピックで1位に!」という感じで、測った場所が違えどトップクラスのサービスで競って1位になっていることになります。

リョウ

「結局どれが1番なの?」と思うかもしれませんが、どれを選んでも十二分な表示速度があることに間違いはないです。

なぜ、表示速度は速い方が良いのか?

サイトを表示させるには、文字だけでなく画像やデザインなどの大量の情報を送受信させる必要があります。
 

例えば、おじいちゃんに作業工程の多い仕事をお願いしたとしましょう。

レンタルサーバー おすすめ

画像も文字もなかなか表示されないと、それだけ読者は待たなければならなくなりますよね

そうなると、「もう読むのをやめよう…」となってしまうわけです。
 

実は表示速度が1秒遅くなるごとに、

  • ページの閲覧数 ⇒ 11% ダウン
  • 商品の購入や申込みされる割合 ⇒ 7% ダウン
  • 読者の満足度 ⇒ 16% ダウン

というデータがあります。

リョウ

表示速度が遅くなればなるほど、それだけ「収益」に影響されてしまうということです。

そのため、収益化を考えているのであれば「表示速度」は速い方が良いんです

ポイント②:SSL が無料で利用できること

「SSL」とは、データや情報を「暗号化」してくれる仕組みのことを言います。

URL を見るとすぐに見分けられるのですが、

  • URL の最初が https になっていれば SSL 化済み
    (例:https://bryog.com)
  • URL の最初が http だと SSL 化されていない
    (例:http://bryog.com)

となっています。

SSL 化済みになっている方が良い理由

ブログを SSL 化した方が良いの?

リョウ

実は Google が最優先事項の1つとして推奨しているので、ちゃんと SSL 化した方が良いんです。

データの送受信を暗号化してくれる「SSL」は、情報が第三者に漏れてしまうことを防ぐのに有効なので、Google としては「ほぼ必須」とする動きがあります
 

そのため、SSL 化していないサイトをブラウザで開くと「安全ではありません」などと表示されるようになりました。

もしそう表示されるようなページにアクセスしたとしたら、ぶっちゃけあまり読みたくありませんよね。

レンタルサーバー おすすめ

このことから、ブログは SSL 化済みになっている方が良いんです

無料で SSL 化できるレンタルサーバー

SSL 化するには、「証明書」を発行するとブログに適用できます。

実は、「証明書」には有料と無料のものがあります。

詳しい違いについては 常時SSL化のメリットと重要性【無料でも十分に効果はあります】 の記事で紹介しています。
 

結論だけ言ってしまうと、

個人ブログでは「無料の証明書」で十分

です。
 

その「無料の証明書」を簡単に適用できるブロガーに人気のレンタルサーバーはこちら。

もちろん、当記事で紹介している3つのレンタルサーバーでも、無料で簡単に SSL 化できます

ポイント③:サーバー料金が「適正価格」であること

当記事で紹介している3つのレンタルサーバーの料金を紹介すると、

初めての契約でおすすめするプランと料金(12ヶ月契約時)
  • エックスサーバー:月額1,000円(X10)
  • mixhost:月額980円(スタンダード)
  • ConoHa WING:月額1,200円(ベーシック)

初めてレンタルサーバーを契約しようとする人の多くは、上記の料金を見て少し高いと感じるのではないでしょうか。
 

でも、なぜこの料金設定になっているのかをちゃんと考えると、「適正価格」であると分かってきます

格安サーバーを使うことのリスク

サーバーを提供している会社では、ただ単にサービスの受付をしているだけではありません。

サービスを提供するにあたって様々な業務が発生するので、それに伴って費用も必要となってきます。

会社が必要となる費用
  • ハードウェア(サーバー)の費用
  • メンテナンスの費用
  • 人件費

スマホやPCと同じで、ハードウェアも古くなったら変える必要があったり、問題が起こらないようにメンテナンスも常日頃から行う必要があります。
 

では、逆に格安の会社ではどのような運営になるのかというと…

どうやって運営費を安くしているか
  • 契約者を1つのサーバーに多く利用させる
  • 運営に使う機器を安いものにする
  • サービスに携わる人を少なくする

なるべくたくさんの利用者に1つのサーバーを使ってもらうようにすることで、ハードウェアにかかるコストを下げたりしています。
 

ただ、そうなるとサーバーにかかる負荷も増えるので、表示速度がどうしても遅くなってしまいます。

レンタルサーバー おすすめ

また、人件費を抑えているので、お問い合わせなどのサポート業務が充実していなかったりします。

そうなると、問題が起きた時に困りますよね
 

そういった「表示速度」や「サポートの充実さ」を調べていくと、

月額1000円前後から

の商品が最低限のラインとなります。

つまり、今回紹介している3つのレンタルサーバーが該当していますね。

ポイント④:複数のサイトが運営できること

初めてサーバーを契約しようと考えている時に、何個もブログを運営するかどうかなんて、まだ考えてない人がほとんどでしょうね。

ただ事実として、10個や20個のサイトを運営しているブロガーやアフィリエイターは少なくありません。

リョウ

書くことに慣れてくると、別のジャンルに特化したブログを始める人は多いんです。
 

もちろん当記事で紹介している3つのサーバーは、この条件をちゃんとクリアしています。

どのくらいのサイトを運営できるのかと言うと、

無制限(容量以内であれば)

となっています。

ポイント⑤:サーバー側のバックアップがあること

サイトを運営するうえで常に意識しておかなければならないことは、

突然記事や画像のデータが消えてもおかしくない

ということ。
 

始めて間もないならまだしも、100記事、200記事と書いてきたデータが全て消えてしまったら、財産を全て失ったのと同じことになってしまいます。

リョウ

特に「収益化」されているサイトのデータが消えてしまうと、死活問題になりますからね。

そのため、データのバックアップを取っておいてくれるサービスを選ぶことが、「安心」につながります。

バックアップのオプションについて

バックアップを取ってくれるレンタルサーバーはいくつかありますが、

  • バックアップは無料、でも復旧作業は有料
  • バックアップは無料、復旧作業も無料

の2通りに分かれます。

当記事でおすすめする3つのサーバーでは、

バックアップの費用について
  • エックスサーバー:バックアップは無料、でも復旧作業は有料
  • mixhost:バックアップは無料、復旧作業も無料
  • ConoHa WING:バックアップは無料、復旧作業も無料

となっています。

リョウ

復旧作業も無料なのが1番嬉しいですが、そんな滅多にお世話になることはないですけどね。

ポイント⑥:WordPress が簡単にインストールできること

ブログを始めるためにサーバーを探しているとしたら、ほとんどの人は WordPress を立ち上げようとしているはずです。

WordPress はブログを始めるのに便利な「ソフト」なので、インストールが必要となってきます。

初めてのインストールで、ちゃんとできるかな…

リョウ

大手のレンタルサーバーなら、簡単にインストールできるようになってるから安心して。
 

とはいえ、ポイント②で紹介した SSL を適用させたりする作業を含めると、初めてなら半日は潰れてしまうでしょう。

WordPress と SSL 適用をイッキにやってくれるサービス

当記事で紹介しているサーバーでは、WordPress と SSL の適用をまとめて行ってくれるサービスを提供しています。

WordPress と SSL の適用をまとめて行ってくれるサービス名

SSL が反映するのに数時間必要となる場合もありますが、手続き自体はどれも数分で完了してしまいます
 

「初心者あるある」の1つなのですが、WordPress のインストールや SSL の適用が難しくて、ブログを立ち上げる前に諦める人が少なくありません。

リョウ

せっかく始めようとした「気持ち」を無駄にしないように、あまり自信がなかったらクイックスタートなどのサービスを利用しちゃいましょう。

初心者におすすめのレンタルサーバーは1つだけ【理由も解説】

稼ぐことを意識したレンタルサーバー選びは、紹介した3つから選べが間違いないです。

ただ、3つまでに絞れたとしても、最終的にどれを選べば良いのか迷ってしまいますよね。

リョウ

そこで、3つのサーバーを契約している僕が、本当に初心者におすすめのレンタルサーバーを1つ紹介します。

本当におすすめなレンタルサーバーは「エックスサーバー」

おすすめするにあたって、僕が重要視しているポイントが3つあります。

それは、

  • サーバーの管理画面が分かりやすい【重要】
  • 簡単に設定できる項目がある
  • 困った時に電話対応できる
 

ブログでは記事を書いたりデザインをすることも大事ですが、サーバー側での作業も一定量発生します。

そこで、設定する項目が分かり難かったらどうでしょう?

「あああ…面倒臭っ!」

ってなってしまいますよね。

ポイント①:エックスサーバーは管理画面が分かりやすい

僕はサイトの制作依頼や修正を承ることもあり、様々なレンタルサーバーを触ってきました。

そこで1番感じることは、

エックスサーバーの管理画面が1番分かりやすい

ということ。

リョウ

これは僕だけに限った話ではなく、他のサーバーを使っていた人がエックスサーバーの管理画面を操作してみると、みな同じことを言っています。
 

他のサーバーは一見するとオシャレにボタンなどを配置していますが、それなりにサーバーの機能を知っている人ではないと扱い難いデザインであることがほとんどです。

ポイント②:簡単に設定できる項目がある

少し専門的な話になってしまいますが、

  • .htaccess(サーバーのアクセス設定をするファイル)
  • サーチコンソール(ブログの状態を診断できるGoogleのツール)

の設定を簡単に行えるのも、エックスサーバーの特徴です。
 

これらの設定を初期の段階で触ることがあるので、上記2つの設定が簡単に行えるのも初心者としては重要になります。

ポイント③:困った時に電話対応できる

どうしても予期しないハプニングはあるもので、そんな時に誰かに相談できる体勢というのはとても心強いものがあります。

多くのレンタルサーバーでは、メールでの質問・相談はあります。

でもメールで質問をすると、それなりに時間がかかってしまいますよね

困っている時は、

すぐに解決したい

というのが心情ですから、電話で問題をすぐに解決できるというのは初心者としてとても重要ポイントです。

リョウ

僕も初期の頃は、何度もお世話になりました。

難しいことを抜きにしてブログを始めるなら「WordPressクイックスタート」

上記でも少し触れましたが、エックスサーバーには WordPress のインストールや SSL の設定も自動で行ってくれる「WordPressクイックスタート」があります。

リョウ

数分で手続き自体は完了するので、難しいことを抜きにして、とにかくブログを始めたいという初心者にはおすすめです。

エックスサーバーの「WordPressクイックスタート」とはどんなサービスなのか、【失敗なし】WordPressの始め方を解説!【クイックスタートだからすぐに始められる】の記事で解説しているので参考にしてみてくださいね。

【失敗なし】WordPressの始め方を解説!【クイックスタートだからすぐに始められる】

まとめ

以上で個人ブログにおすすめのレンタルサーバー3つと、利用する時に満たしておきたい条件などを紹介しました。

割引キャンペーンなどを期間限定で行ったりしているので、申し込み前には3つともチェックしておきましょうね。

最後に当記事でおすすめするレンタルサーバーを紹介しておくと、

個人ブログにおすすめするレンタルサーバー3つ

リョウ

サーバーを決めたら、ブログライフを一緒に始めましょう!