サーチコンソールで検索順位を確認する方法【各ページの変化も見られます】

サーチコンソール(Search Console)と言えば、Google の検索結果にインデックスするためには利用している人が多いですよね。

サーチコンソールを使って、検索順位ってみることができるの?

くま五郎

りょう

もちろん、インデックスさせるためだけじゃなくて、掲載順位やどういったクエリ(言葉)で検索されているのかも分かるよ!

ページの検索順位を見て問題点なども分かってくるので、定期的にチェックしておきたいところ。

ということで、サーチコンソールを使って検索順位を確認する方法を紹介しましょう。

サーチコンソールで検索順位を確認する方法

まずは、サーチコンソールを開きます。

そして、左側にあるメニューの「検索パフォーマンス」をクリックしてください。

サーチコンソールで検索順位を確認

すると、「合計クリック数」「合計表示回数」などがグラフで分かりやすく表示されるはずです。

そこで「順位」だけを確認する場合には、「平均掲載順位」をアクティブにして、「合計クリック数」「合計表示回数」を非アクティブにするとより分かりやすくなります。

サーチコンソールで検索順位を確認

アクティブ 非アクティブの切り替えは、クリックすれば変えられるよ!

くま五郎

実際に、その日はどんな順位だったのか簡単に見たい場合は、グラフの線の上にカーソルを持っていくと数字で表示されます。

フィルターを使って細かいデータを確認する

サーチコンソールを開くと、標準では「検索タイプ:ウェブ」「日付:過去3カ月」になっているはずです。

サーチコンソールで検索順位を確認

それぞれのフィルターを変えたり、もっとフィルターを追加することでより細かいデータを確認することができます。

フィルターの種類
  • 検索タイプ:ウェブ、画像、動画
  • 日付:最新日、過去7日間、過去28日間など
  • 新規:検索キーワード、ページ、国、デバイス、検索での見え方

各ページの検索順位を確認する方法

フィルターの「新規」の中にある「ページ」を使うことで、ページ毎の検索順位やクエリを確認することができます。

利用方法は、「ページ」をクリックして調べたい記事の URL を入力して「適用」を押すだけ。

サーチコンソールで検索順位を確認

すると、その記事の掲載順位はもちろん、これまでどのようにして順位が変動してきたのかも「期間」を変えることで把握することができます。

各ページのクエリを確認してみる

順位を確認するだけならフィルターを使うだけですが、検索順位とあわせて確認したい部分は「クエリ」。

ネット検索した人たちは、どういった言葉(キーワード)で検索してきているのかを確認することができます。

サーチコンソールで検索順位を確認

そこで、想定したキーワードとは違ったり、違うキーワードで検索されていることが分かったら、記事を編集する余地があるということになります。

もし検索上位に表示させたいクエリの順位が低かったら、リライトをして順位変動を見守ってみましょう。

2つのページを比較してみる

フィルター「ページ」には、1つのページ情報を見るだけでなく、2つのページを比較することもできます。

その場合には、「ページ」をクリックした後に「比較」のタブに切り替え、そして比較したいページの URL を2つ入力してください。

サーチコンソールで検索順位を確認

この比較はどんな時に使えるかというと、あまりにも内容が似た記事が2つある時に、どちらかを noindex にする「決め手」として活用することができます。

サーチコンソールで検索順位を確認

「検索の見え方」にある「Web Light の見え方」について

「クエリ」「ページ」の他に、「国」と「デバイス」は説明不要だと思います。そのまんまですから。

ただ、「検索の見え方」に「Web Light の見え方」という見慣れない単語が表示されている人もいるはずです。

サーチコンソールで検索順位を確認

この「Web Light」とは、ネットの表示速度がまだ G2 など、画像を読み込むのも大変なくらいにめちゃくちゃ遅い国でどう表示されたかが分かるデータになります。

りょう

つまり、動画もサクサク見られるような日本では、全く関係のない指標ってことです。

もし「Web Light の見え方」が表示されている人は、「国」でフィルターをかけてみるとどんな国がそうなのかが分かります。

だいたい、東南アジアや南米が比較的多いです。

逆に、もしこれらの国を対象にしたサイトを運営しているのなら、気にした方が良いデータになりますけどね。

さいごに

記事を公開している以上、検索順位がどうなっているのは気になりますよね。

サーチコンソールでの結果となるので、もちろん Bing など他のサーチエンジンのデータは分かりません。

ただ、日本においては 95% 以上が Google の検索結果が元になっているので、日本全体の結果としてみて間違いはないでしょう。

検索順位が下がる原因は、3つの変化と怠けグセが理由【当てはまったら対策を】

【参考記事】検索パフォーマンス レポート / Search Console ヘルプ