WP Multibyte Patchで日本語を最適化【使い方とカスタマイズ方法】

日本語を最適化させるプラグインとして有名な「WP Multibyte Patch」。WordPress 5.0になる前までは、デフォルトでインストールされていたプラグインの1つでした。

【関連】日本語版独自の変更点 – https://ja.wordpress.org

ただデフォルトではなくなったからと言って、不要になったかというと、そう言う訳でもありません。

日本語でサイトを運営する以上、とても大切なプラグインとなる「WP Multibyte Patch」について紹介してきましょう。

WP Multibyte Patchとは

「WP Multibyte Patch」とはどういったプラグインなのか、公式サイトから抜粋すると…

本家版、日本語版 WordPress のマルチバイト文字の取り扱いに関する不具合の累積的修正と強化を行うプラグインです。英語圏で作られた WordPress を日本語環境で正しく動作させるために必要となる機能を網羅していますので、なんらかの対策を行っていない場合は導入をおすすめします。引用元:https://eastcoder.com/code/wp-multibyte-patch/

WEBにあまり触れてこなかった人からすると、なんのこっちゃ分からない部分がちらほらあると思います。

WEBの世界では「アルファベット」と「数字」が基本となるため、「日本語」のような言語を表示するには特殊な方法が必要となりました。

それが、「マルチバイト文字」と言われるもの。

WordPress に限らず、リンクやメールなどの内容に日本語(マルチバイト文字)が含まれていると、文字化けしてデータが伝わらない場合も出てきます。

それを修正してくれるのが、「WP Multibyte Patch」というプラグイン。

WP Multibyte Patch の機能

「WP Multibyte Patch」を使うと、こんな機能が有効になります。

文字数やスペースの最適化

抜粋や検索などにおいて、英数字が基本となっている文字数やスペースを、日本語でも綺麗に表示されるように最適化してくれます。

文字化けを防ぐ

メールの送受信、ピンバック、トラックバック、アップロードするファイルにおいて、文字化けしないように最適化してくれます。

Web フォント無効化

WordPress 公式テーマである「Twenty Twelve」から「Twenty Seventeen」までの6つのテーマにおいて、一部のブラウザで起こる不具合から WEBフォントを無効化する機能があります。

BuddyPressの最適化

プラグイン「BuddyPress」を使うと投稿抜粋が表示されない不具合があるため、その問題を修正する機能があります。

WP Multibyte Patchの使い方

以前から WordPress を利用している人なら既にインストールされいてう可能性は高いですが、削除してしまった人や新規で WordPress をインストールした人は、プラグインの新規で「WP Multibyte Patch」を探してください。

WP Multibyte Patch

そして、「WP Multibyte Patch」を「有効」にしたら設定は終了です。

ほんとにこれだけで、完了です。

WP Multibyte Patch をカスタマイズしたい場合

「WP Multibyte Patch」をカスタマイズしたい場合には、FTPを使ってカスタマイズをする必要があります。抜粋の文字数などを変更したいという場合には、下記の通りに行ってみてください。

WP Multibyte Patch の設定をカスタマイズする手順

STEP.1
プラグインのファイルに「wpmp-config-sample-ja.php」があるので、それを「wpmp-config.php」へと名前を変えます。
STEP.2
「wpmp-config.php」へと変えたファイルの中身を、任意の数字に変更して保存します。
STEP.3
「wpmp-config.php」のファイルを、「/wp-content/wpmp-config.php」となるように配置します。
「BuddyPress」を使う人も、抜粋の文字数を変更したい場合にはこの方法で行ってください。

また、WordPress 公式テーマである「Twenty Twelve」から「Twenty Seventeen」で WEBフォントを使いたいという人も、「wpmp-config.php」で有効にすることができます。

まあどちらにせよ、よっぽどの人でない限りはカスタマイズは必要ないと思いますけどね。

さいごに

「WP Multibyte Patch」自体は「有効」にするだけで、あとは何もせずに「日本語」を最適化してくれるから入れておいた方が良いプラグインの1つですね。

今まで有効にしていなかったという人や新規で WordPress をインストールした人は、ぜひ「WP Multibyte Patch」を導入してみてください。