Google XML Sitemapsの使い方【サイトマップの送信方法】

「Google XML Sitemaps」は SEO 対策として、WordPress を使っている場合には導入しておきたいプラグインの1つ。

記事の公開ごとにサイトマップを手動で登録する必要がなく、自動で生成してくれるので使わない理由はないですね。

Google XML Sitemaps

それでは、「Google XML Sitemaps」の使い方とサイトマップの送信方法を解説していきましょう。

Google XML Sitemaps を設定する

「Google XML Sitemaps」をインストールしていない場合には、プラグインを新規追加して「有効」にしてから始めてください。

Google XML Sitemaps の設定場所

「Google XML Sitemaps」を設定する場所は、管理画面の左サイドメニューの「設定」にある「XML-Sitemap」から入ると画面が表示されます。

Google XML Sitemaps

すると、こんな画面が表示されます。

Google XML Sitemaps

「Google XML Sitemaps」の設定には、 7つの項目に分かれているのでそれぞれ必要な場合は設定していきます。

Google XML Sitemaps の設定項目
  • 基本的な設定
  • Additional Pages
  • 投稿の優先順位
  • Sitemap コンテンツ
  • Excluded Items
  • Change Frequencies
  • 優先順位の設定 (priority)

Google XML Sitemaps の基本的な設定

Google XML Sitemaps

「Google XML Sitemaps」の「基本的な設定」では、どこにサイトマップを送信するのかを設定します。

通知を更新

  • Notify Google about updates of your site
  • Notify Bing (formerly MSN Live Search) about updates of your site
  • サイトマップの URL を仮想 robots.txt ファイルに追加

最初の2つは Google と Bing に送信するかどうかという項目になるので、よっぽどの理由がない限りはチェックを入れたままにしましょう。

3つ目は正しく送信するための項目なので、これも必ずチェックを入れておきます。

高度な設定

この項目ではデフォルトのまま何も触る必要はないのですが、「HTML形式でのサイトマップを含める」だけは場合によって不要となる場合があります。

もし HTML形式のサイトマップページを作成しない場合は、ここにチェックを入れたままだとカバレッジにエラーが出ます。

HTML形式のサイトマップページを作成しないのなら、チェックを外しておきましょう。

Additional Pages でページを追加

Google XML Sitemaps

この項目を必要とする人は少ないと思いますが、もし同じドメインで WordPress 以外で作ったページを含めたい場合にはこの項目で追加できます。

投稿の優先順位を設定

Google XML Sitemaps

「投稿の優先順位を設定」では、コメントがある投稿を優先するかどうかの設定ができます。ただ、コメント数で優先される必要性がないので、「優先順位を自動的に計算しない」に設定します。

Sitemap コンテンツの設定

Google XML Sitemaps

「Sitemap コンテンツ」では、どのタイプをサイトマップに送信するのかを設定できます。基本的には「ホームページ」「投稿を含める」「カテゴリーを含める」「最終更新時刻を含める。」の4つにチェックを入れれば OK。

Excluded Itemsの設定

Google XML Sitemaps

「Excluded Items」では、サイトマップに含めたくないカテゴリーや投稿を設定することができます。インデックスさせたくない記事がある場合には、こちらで設定すると良いでしょう。

Change Frequenciesの設定

Google XML Sitemaps

「Change Frequencies」では、どの程度の頻度でクロールして欲しいのかを設定できます。ブログのように頻繁に更新するような投稿がある場合には、それに応じで投稿やカテゴリーなどの頻度を変えると良いでしょう。

優先順位の設定 (priority)の設定

Google XML Sitemaps

「優先順位の設定 (priority)」では、コンテンツの重要度を設定することができます。ブログの場合は投稿やカテゴリーは重要な項目として設定すると良いでしょう。

これらの設定が終わったら、一番下の「設定を更新」のボタンを押して完了させてください。

サーチコンソールでサイトマップを送信

「Google XML Sitemaps」の設定が終わったら、さっそくサーチコンソールでサイトマップを送信しましょう。

サイトマップを最初に送信する場合、XMLを設定する必要があります。1度設定すれば、のちに記事を投稿したり更新したりする時には作業が不要となります。

サーチコンソールにアクセスしたら、左サイドメニューから「サイトマップ」を選びます。そして、「新しいサイトマップの追加」に下記のを追加します。

Google XML Sitemaps

ドメインで登録した人
  • サイトのURL/sitemap.xml
  • サイトのURL/sitemap.xml.gz
  • サイトのURL/feed
MEMO
SSL対応のURL、www がついた URL もあるので、実質的に12種類ほど新しいサイトマップとして追加することになります。
プレフィックスで登録した人
  • sitemap.xml
  • sitemap.xml.gz
  • feed

送信が終わってしばらく待ち「サイトマップを送信しました」というポップアップが表示されたら、サイトマップの送信は完了となります。

Google XML Sitemaps

sitemap.xml でエラーが出た場合

「sitemap.xml」で通常は送信することができるのですが、テーマなどによって稀にエラーが出る場合があります。

その場合には、「sitemap.xml」の代わりに「index.php?xml_sitemap=params=」を入力すると解決します。

さいごに

毎日のように記事を更新するようなサイトの場合は、「Google XML Sitemaps」を使えば手間が省けます。

サイトマップを自動で送信されるようにして、しっかりとインデックスされるように「Google XML Sitemaps」を設定しておきましょう。

サーチコンソールにあるURL検査とは?【インデックスを早める機能と使い方】