海外旅行に持っていくクレジットカードは何枚必要?【1枚なんてありえないです】

海外旅行といえば、切っても切れない絶対的必需品の「クレジットカード」

昔は海外旅行といえば「トラベラーズチェック」を使っている人も多かったのですが、ハッキリ言って今では使えない店が多すぎてオワコンです。

しかも、海外ではキャッシュレス化の波が押し寄せているので、今となっては海外旅行に「現金」でさえもたくさん持っていくなんてありえないです。

もちろん、地域によっても差はあります。いわゆる日本人に人気の国ではという話です。

ただ、「どのクレジットカードを持っていけば良いのか?」「何枚ほど持っていった方が良いのか?」、海外旅行が初めての人や久しぶりの人は悩みますよね。

海外に長く住んでいた経験もあり、今でも海外旅行へよく行く私が持っていくべき「クレジットカード」の選び方について紹介します

クレジットカード1枚なんてありえない

「海外旅行へ持っていく1枚はこれ!」などとオススメする記事がありますが、そんな1枚はありません。しかも、おすすめのクレジットカードを1枚だけ持っていくなんてこともありえません

なぜなら、あらゆる面で「使えない」ということを想定する必要があるからです。

そのため、結論としては最低限2枚のクレジットカードを持っていきましょう。ただし、ちゃんと考えた上での2枚以上です。

国際ブランドが違うものを持っていく【重要】

正直言って、マイルを貯めたり手数料の少ないカードを選ぶ要素は人によって違います。何を重要視するのかは自由なので、最終的には自分が貯めたいものや特典があるクレジットカードを選べば良いです。

ただ、「国際ブランド」だけは複数用意しておきましょう

国際ブランドとは?
「国際ブランド」とは、「VISA」や「JCB」などのジャンルの1つ。日本国内には「NICOS」というブランドもありますが、海外旅行ではほぼ使えません。

なぜ「国際ブランド」を複数用意する必要があるのかというと、地域やお店によって使えないブランドもあるからです

そのため、クレジットカードを海外旅行へ持っていく場合には異なる「国際ブランド」のカードを2枚以上は持っていくと安心です。

JCBは地域限定【ハワイ・韓国好きには必須】

日本発の国際ブランドである「JCB」は、一応「国際」となっていますが欧米中を中心に使えないことが多いです。もちろん、日本ではガンガン使えます。

ただし、「ハワイ」と「韓国」は別

「韓国」においては使える店が多く、特定のアプリを使っての申込や電車のチケットを割引で購入することもできます。

「ハワイ」は「JCB天国」になっているので、ワイキキ・ビーチを巡回しているトロリーに「JCBカード」を見せるだけで無料で乗車したりもできます。

credit card

また、「韓国」「ハワイ」ともに「JCBカード」を持っている人専用のラウンジもあるので、旅先でオプショナルツアーを申し込みたい場合やちょっとした休憩などにも使えます。

JCBのラウンジがある都市一覧(2019年5月現在)
  • アメリカ:ロサンゼルス、ホノルル、グアム
  • 韓国:ソウル
  • 台湾:台北
  • 中国:香港
  • シンガポール:シンガポール
  • タイ:バンコク
  • フランス:パリ
参照:https://www.jcb.jp/ws/plaza/index.html

キャッシングもできるようにしておく【これも重要】

クレジットカードを申込みする時に、キャッシングを使う予定がないと思って「キャッシング枠」を「0」にした人もいると思います。

海外旅行にはあまり現金を持っていく必要もないんですが、現金ではないと払えない交通機関などがあったりもします。あと、市場などもそうですね。

そのような場合も想定して、ATMを使って現金をおろせるようにしておく必要もあります

credit card

あと、もう1つ重要なことを言っておきます

「両替所」を利用するより、ATMで「キャッシング」をした方がお得になる確率が高いです。なぜなら、両替レートの方が高くなっていることがあり、「キャッシング」に発生する手数料の方が安くなるというケースがあるからです。

もちろんカードによって「手数料」が違ってもきますし、国によっては両替レートの方がお得なケースもあります。そういったことがあると覚えておけば、渡航前に調べてどちらがお得なのか確認できますからね。

ただ、ちょっとデメリットもあります。

あまり治安のよくない国になると、盗難などの可能性が増えてしまいます。海外ではATMが外に設置されていることも多いので、お金をおろす時には十分に気をつけてください

無料のゴールドカードで空港ラウンジを利用

空港のラウンジは、使わなければ使わないで別にいいんですよ。絶対に使わなければならないものでもないんで。

ただ、もし無料で使えるんだったら使ってみたいですよね?

実は、世の中には空港のラウンジを利用できる「年会費無料のゴールドカード」が存在するんですよ。もちろん、私も持っています。

それは、マルイなどで使える「エポスカード」。

credit card

マルイの買い物ではお得にポイントが貯められるのはもちろんなんですが、そもそも審査基準が低いので初めてクレジットカードを作るという人にはおすすめなんです

ゴールドカードになるまでの流れ

エポスカードのゴールドカードを所有している私なんですが、通常なら年会費が必要なところを「完全無料」で利用させていただいています。

もちろん、ゴールドカードとしての特典もフルに利用できる状態で。

では、なぜ通常なら年会費がかかるようなカードを無料で持っているのか気になりますよね? これは、裏のルートから仕入れたとかいうわけではなく、ちゃんと正規の方法でゴールドカードを無料で使っています。

実は、普通の「エポスカード」をある程度の月日利用して、ある程度の金額を利用していると「インビテーション(招待状)」なるものが自宅に届きます。

この選定基準は明かされていないのですが、ある程度使っていることが基準になっていることには間違いないです。

とはいえ、かなりの金額をエポスカードで払っている人でも「インビテーション」が届かない場合もあるようです。そのため、本当にランダムに送っている可能性も無きにしも非ずという感じですかね。

個人的な見解ですが、ある程度これからマルイ系列のサービスを使ってくれそうな人をターゲットにして「インビテーション」を送っているような気もします

例えば、「マルイ」からある程度近いところに住んでいて、毎月コンスタントに何万円か使ってくれていて、これから長い間利用する可能性が高い若い世代、とか。

なぜなら、「マルイ」が近くにない人だと継続して使ってくれない可能性があったり、毎月何十万も使っている人なら年会費を払ってゴールドとかプラチナを作ってくれるかもってなりませんか?

実はエポスカードは海外旅行傷害保険付き

エポスカードを作ってからゴールドの「インビテーション」が届くようになるのも、短くとも1年くらいはかかると言われています。私の場合は、7ヶ月目くらいで届きましたね。

そのため、来月に海外へ行くという人が今「エポスカード」作って、すぐに「インビテーション」を受け取ってゴールドにするというのは不可能です。

とはいえ、無料のエポスカードでも「海外旅行傷害保険」は付いています

エポスカードの「海外旅行傷害保険」内容
  • 傷害死亡・後遺障害:最高500万円
  • 傷害治療費用:200万円(1事故の限度額)
  • 疾病治療費用:270万円(1疾病の限度額)
  • 賠償責任(免責なし):2000万円(1事故の限度額)
  • 救援者費用:100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
  • 携行品損害(免責3,000円):20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

ゴールドカード会員の場合には「傷害死亡・後遺障害」が「最高1,000万円」になったりもしますが、普通の「エポスカード」を持っているだけでも保険が付いているの海外旅行も安心できます

エポスカードを作る狙い目は?

クレジットカードを作る時の基準として利用履歴(クレジットヒストリー)を見られるのですが、エポスカードの場合はクレジットカードを初めて作るような人でも大丈夫なんです。

ただ、オススメの時期というのも存在すると言われています。それは、マルイが毎年4回開催している「マルコとマルオの7日間」と言われるセール時期

この時期に商品の購入と同時に「エポスカード」を作ると、より作りやすいと言われています

何を隠そう、私もこの時に作りました。「エポスカード」を作る直前に別のカードも申し込みをしたのですが、クレジットヒストリーがないことから申請が却下されていたんですね。(←今では、このカードも持っています。)

でも、この噂を聞きつけ「マルコとマルオの7日間」のタイミングで「エポスカード」の作成を申請したところ、見事クレジットカードを持つことができました

今となっては7枚のクレジットカードを保有していて、ポイントを貯めるなら自己アフィリの方が断然お得!【収益が数倍上がります】の記事でも紹介した自己アフィリでどんどんクレジットカードを作った結果です。

さいごに

クレジットカードを海外へ持っていく際にコピーやクレカ情報を書いた紙を持っていく人がいますが、あまりオススメしません。その紙が盗まれたら大変ですからね。

オススメは、どこからでもアクセスできるクラウド上に情報を保存しておけば、いざという時に情報を参照することができます。最近は、日本よりよっぽど海外の方が Wi-Fi 設備が整っているので。

長期の休みが取れて海外旅行へ行くという人は、異なるプランドのクレジットカードを2枚以上持っていくことを忘れずに準備してくださいね