「Nice (to) 〜 you.」を使い分けて上手に会話しよう!【はじめまして、ひさしぶりを伝える表現】

英語の挨拶に「Nice (to) 〜 you.」という表現があるんですけど、初めてあった時や久しぶりにあった時によく用いられるフレーズがあります。

よく使われる「Nice (to) 〜 you.」の表現
  • Nice to meet you.
  • Nice meeting you.
  • Nice to see you.

これらをシンプルに日本語へ翻訳してみると同じような意味として変換されてしまうので、どれを使っても同じなのかと勘違いしてしまうんですよね。

でも、それぞれの本当の意味と使うべきシュチュエーションは異なるので、しっかりと把握して使い分けましょう。

Nice to meet you.と Nice meeting you.の違い

「はじめまして」というフレーズとして「Nice to meet you.」と「Nice meeting you.」があるんですけど、一見同じように見えますが大きな違いが1つだけあります。

それは、使うタイミング

日本では「to 動詞」と「動詞+ing」はほぼ同じ扱いになるような教え方をされるため、この「Nice to meet you.」と「Nice meeting you.」に関してもそれだけの違いと思う人もいるかもしれません。

nice to you

実は、「Nice meeting you.」は少し省略した言い方となっていて、全部を表示すると「It was nice meeting you.」となるんです。

こうすると、すぐに分かりましたよね?

「Nice to meet you.」は初めてあった時の冒頭に使われる表現で、「It was…」と言っているように「Nice meeting you.」は初めて会った人との別れ際に「会えて良かった」という表現で使われます

そのため、挨拶の最初でいきなり「Nice meeting you.」と言ってしまうと、「早々にお別れ?」と思われてしまうかもしれません。

「Nice to meet you.」を最初には言わない

日本語での表現をそのまま英語にしてしまうと、たまに相手が「?」となってしまうことが多々あります。

例えば今回の「はじめまして」という表現の場合、日本の一般的な習慣では挨拶の一番最初に持ってくるのが普通なはずです。

はじめまして、私はタロウと申します。

タロウ

りょう

どうも、はじめまして、リョウと申します。

まあ、こんな感じですよね。

この日本の習慣をそのまま英語に変換して挨拶したくなりますが、「Nice to meet you.」と言う前には自分の名前などを先に行ってから言うようにしましょう

例えば…

Hi, I’m Taro, Taro Yamada. Nice to meet you.

タロウ

なぜ名前などを先に言った後に「Nice to meet you.」と添えるのかと言うと、「会えたことが嬉しい」と言っているので一番最初に言ってしまうとちょっと唐突すぎるんですよね。

だから、「私は、タロウと言います。お会いできて嬉しいです。」と言ったニュアンスで捉える方が、自然と順番を考えられるはずです。

MEMO
名前を言う時には、一度自分の名前だけ、その後にもう一度フルネームで伝えると効果的です。そのうえで、「Nice to meet you.」と添えてあげると良いでしょう。

Nice to meet you.と Nice to see you.の違い

「Nice to meet you.」と「Nice to see you.」も混同されがちなフレーズなんですけど、これは大きく異なるので注意が必要です。

確かにこれらを直訳すると「会えたことが嬉しい」となるんですが、「meet」と「see」はどう言う意味かを考えると違いが明確になってきます。

「meet」は「会う」という表現に対して、「see」は「見る」となりますよね。一見すると、どちらも「会う=見る」と思うかもしれません。

nice to you

実は「see」には「経験する」という意味でも使われる単語なので、以前にあったことがある人に対して「Nice to see you.」という表現を使います

ようするに、「Nice to see you.」には「”また”会えて嬉しいよ」という意味になります。

こういったことから、久しぶりにあった友人などには「Nice to see you.(久しぶりに会えて嬉しいよ)」と言ってあげると良いでしょう。

他にもたくさんある「ひさしぶり」の表現

よく「ひさしぶり」と挨拶する時の表現として「Long time no see.」といフレーズが翻訳辞書などに出てくるのですが、決して皆がよく使う表現というわけでもありません。

もちろん普通に使われる表現でもあるのですが、他にも日常的によく使われるフレーズがあります。

よく使われる「ひさしぶり」のフレーズ
  • It’s been a while.
  • It’s been a long time.
  • It’s been ages.
  • I missed you!
  • How have you been?
  • Nice (Great) to see you again!

最初の3つは「時間」を表現しながら、「長い時間が過ぎたね」という挨拶になります。ちょっと大げさな感じもしますが、これらはよく耳にします。

あと、大好きな友達と会った時に「I missed you!(会えなくて寂しかった=久しぶりに会えて嬉しい)」のような表現を使うこともあります。

そして、久しぶりに友人とあったら自然と「どうしてた?元気にしてた?」と聞きたくなりますよね。そんな時に、「How have you been?」というフレーズを用いてあげるのも良いでしょう。

さいごに

「Nice to meet you.」「Nice meeting you.」「Nice to see you.」それぞれに含まれる意味と使えるシチュエーションを紹介しましたが、一度理解してしまえば難しいことではないと思います。

また英語を使ってる国とはいえ、地域によってもよく使われるフレーズがかなり違ったりもします。

「ひさしぶり」という表現だけでもまだ他にもあるので、自分の親しい人が使っている表現を見つけたら積極的に取り入れてみてください。