【初心者必見🔰】副業資金を作る簡単な方法 ▶︎

格安でもWordPressが快適に使えるレンタルサーバー 3 選【比較まとめ】

WordPress を使おうと思ってるんだけど、安くてもちゃんと使えるレンタルサーバーってどれなんだろう…
 

と探している人もいるでしょう。

そこで、この記事では下記の内容を解説します。

この記事で分かること

  • 格安でもちゃんと WordPress が使えるレンタルサーバー 3 つ
  • 紹介するレンタルサーバーの特徴とメリット・デメリット
  • レンタルサーバーを選ぶときに注目すべきポイント【間違えると失敗します】
 

初めてレンタルサーバーを契約しようと調べ始めると、思ったよりサーバー会社が多くてどれを利用したらいいのか困ってしまいますよね。

実は、レンタルサーバーを契約するときには、3 つのポイントをおさえれば WordPress を快適に運営できます。
 

それでは、格安でも快適に WordPress が使えるレンタルサーバーを解説しましょう。

格安サーバーで WordPress を立ち上げるときのポイント

格安のレンタルサーバーを使って WordPress を始める場合には、3 つのポイントおさえる必要があります。

おさえるべきポイント

  • WordPress が運営できるプランか
  • サイトの表示スピードは速いのか
  • 独自 SSL は無料で設定が可能か

もちろん、解説後にこの 3 つのポイントおさえたサーバー・プランを紹介しますよ!(おすすめサーバーを先に見たい人はこちら

ポイント①:WordPress が運営できるプランか


 

実は、格安のレンタルサーバーでは WordPress の運営ができないプランがいくつもあります。
 

料金が安いからと思って契約してみたら、WordPress が立ち上げられないとあってはお金の無駄遣いになってしまいますからね。

レンタルサーバーでは、安いプランだと WordPress を動かすのに必要な PHP という言語に対応していないものがよくあります。
 

そのため、必ず WordPress が動かせるサーバー会社・プランを選ぶようにしましょう。

ポイント②:サイトの表示スピードは速いのか


 

WordPress を始めようと思うきっかけは、ブログやアフィリエイトなど理由は様々でしょう。

どれにしても、集客することが絶対的に必要となるサイトでは、表示スピードが明暗を分けます。
 

というのも、表示スピードが速くないとサイトとして評価を下げると Google が明言しているからです。

そうなると、アフィリエイトにしても店舗のホームページにしても、収益に大きく影響してしまいますよね。
 

そのため、レンタルサーバーを選ぶときには、一定以上の表示スピードが保証されいてる会社を必ず選びましょう。

ポイント③:独自 SSL は無料で設定が可能か


 

あまり聞き慣れない単語かもしれませんが、普段から私たちの個人情報などは「SSL」というセキュリティシステムによって守られています。

このブログのアドレスバーを見ると、URLの最初に「https」と表示されていますが、この「s」が付いてるのが「SSL」が設定されている証拠になります。
 

実はこの「SSL」においても Google が明言していることがあって、設定していないサイトは評価を下げるとしています。

この「SSL」は通常であれば有料契約が別途必要となるのですが、レンタルサーバーによっては無料の「SSL」が設定できるようになっています。
 

そのため、無料で「SSL」が簡単に設定できるレンタルサーバーを選ぶようにしましょう。

格安でもちゃんとWordPressが使えるレンタルサーバー3選

格安のレンタルサーバーでも、WordPress を使うときにおさえておきたいポイントを 3 つ紹介しました。

そこで、その 3 つに当てはまるサーバー会社・プランはどれなのか、これから紹介しましょう。

格安でもおすすめのサーバー3選

格安でもおすすめ①:ロリポップ!

WordPressスピード無料SSL月額料金
運営可速い設定可550 円〜

格安のレンタルサーバーの中で、最もおすすめするのが「ロリポップ!」です。
 

なぜかというと、

  • WordPress の設置がとても簡単
  • 無料の独自ドメインをもらえる
  • サイトのスピードが速い

という点ですね。
 

プランとしては 99 円からという激安プランもありますが、WordPress が使えてサイト表示が速いプラン「ハイスピード(月額550円〜)」がおすすめです。

【関連記事】ロリポップ!で WordPress を立ち上げる手順を 3 ステップで解説【超初心者向け】

特徴①:WordPress の設置がとても簡単

料金の高い大手レンタルサーバーでは当たり前なんですが、WordPress の設置が 1 分くらいで完了してしまいます。

しかも手順がとても分かりやすいので、超初心者の人でも迷わず WordPress が始められるでしょう。
 

初心者の人にはこの部分がとても重要で、WordPress って設置すらできなくて挫折する人が多いんです。

ですが、「ロリポップ!」は順を追って分かりやすく解説してくれるので、よっぽどパソコンが苦手という人以外は問題なく始められるでしょう。

特徴②:無料の独自ドメインをもらえる

「ロリポップ!」では、無料で使える「サブドメイン」というものがもらえます。

ただし、これは他のサーバーへ引っ越したりすると使えませんし、個人のドメインではないので長く使うことを考えるとおすすめはできません。
 

ですが、「ロリポップ!」で契約している限り、無料で使える「独自ドメイン」を 1 つもらえます。

普通は年間で 1000 円以上も料金を払う必要があるけど、独自ドメインを 1 つ無料でもらえるなんてお得ですね。

特徴③:サイトのスピードが速い

「ロリポップ!」では、「LiteSpeed」という超高速のサーバーを利用しています。

そのため、適切な運営をしていればサイトの評価が下がることはないでしょう。
 

「ロリポップ!」には「スタンダード」という内容が似たプランもありますが、こちらは別のサーバーを利用しているので速くありません。

もし「ロリポップ!」で契約する場合には、「LiteSpeed」が採用されている「ハイスピード」以上のプランを必ず選びましょう。

値段的にはあまり変わらないように見えますが、長年運営していると雲泥の差が出るはずです。

格安でもおすすめ②:カラフルボックス

WordPressスピード無料SSL月額料金
運営可速い設定可528 円〜

「カラフルボックス」は、アフィリエイターやブロガーから人気の格安レンタルサーバーです。
 

人気の理由としては、

  • 地域別自動バックアップを採用している
  • サイトのスピードが速い
  • 使いやすい管理画面になっている

という点ですね。
 

多くのレンタルサーバーでは、成人向けのサイトを運営することが禁止されています。

そのため許可されている料金の高いサーバーを契約する必要があったりしますが、カラフルボックスでは 2 番目にやすいプラン(968 円〜)でも運営が可能です。

特徴①:地域別自動バックアップを採用している

サーバーをレンタルしますが、必ずどこかに実機のサーバーがあります。

通常であれば会社が 1 箇所で管理しますが、「カラフルボックス」は東京と大阪の 2 箇所で管理しています。
 

しかも、もし東京に住んでいる人であれば大阪のサーバーに、大阪に住んでいる人であれば東京のサーバーにデータが保存される「地域別自動バックアップ」を採用しています。

どちらかで大きな災害があったとしてもデータが残しておけるという、地震が多い日本ならではって感じですね。
 

他のレンタルサーバーにはないシステムなので、安心してサイトを運営したい人にはおすすめです。

特徴②:サイトのスピードが速い

「カラフルボックス」では、「ロリポップ!」と同様に「LiteSpeed」という超高速のサーバーを利用しています。

そのため、ブログやアフィリエイトをする人は快適に運営できるでしょう。
 

「カラフルボックス」では全てのプランで「LiteSpeed」が採用されているので、どのプランを利用しても大丈夫です。

特徴③:使いやすい管理画面になっている

「カラフルボックス」では、世界中で愛されている管理画面「cPanel」が採用されています。

こんな感じでアイコン付きで表示されているので、初心者の人でも分かりやすくなていますよ。
 

「cPanel」は「mixhost 」などの大手レンタルサーバーでも採用されているので、もし「cPanel」を使っているサーバーへ引っ越したとしても困らないです。

もちろん最初は設定場所がどこにあるのか迷うかもしれませんが、使い慣れてくると他サーバーの管理画面と比べてとてもラクです。

格安でもおすすめ③:さくらのレンタルサーバ

WordPressスピード無料SSL月額料金
運営可速い設定可524 円〜

料金が安いことで、コストをできるだけおさえたい人に人気の「さくらのレンタルサーバー」です。
 

特徴としては、

  • WordPress を安く運営できる
  • サイトのスピードはそこそこ速い
  • サポートが無料なのが嬉しい

という点ですね。
 

「ライト」という月額 131 円の激安プランもありますが WordPress は運営できないので、「スタンダード」以上のプランを選ぶようにしましょう。

特徴①:WordPress を安く運営できる

上記でも月額は 524 円と記載していますが、これはあくまで月払いにした場合の料金となります。


 

もし年一括で払う場合には 5,238 円で契約できるので、月で考えると約 437 円と激安になります。

実質的には、2 ヶ月分くらい年一括だと安くなる感じですね。
 

そのため、当記事で紹介している他の 2 つと比べるとダントツで安く WordPress を運営できることになります。

特徴②:サイトのスピードはそこそこ速い

「さくらのレンタルサーバ」で調べるとすぐに検索結果に出てきますが、とにかく表示速度が遅いという評判ばかりが出てくるはずです。
 

実はこれには理由がちゃんとあって、安いプランである「スタンダード」はもともと WordPress 向きのサーバーを採用していなかったんですね。

なので、遅くて当たり前だったんです。
 

ですが、「スタンダード」プランを使っている人の多くが WordPress を運営したいと考えていることを知って、最近になってサーバーを WordPress 向きのものに変えました。

その結果、今ではサイトの表示速度はそこそこ速くなっています。

特徴③:サポートが無料なのが嬉しい

サポートが手厚いなんてのはもう当たり前の世界になってきていますが、中でも「さくらのレンタルサーバ」は 1 つ注目ポイントがあります。

それは、電話対応も無料であること。
 

初心者の人だとよりそうだと思いますが、メールでも対応しているとはいえ、どう質問を書いたらいいのか分からない場合がありますよね。

だったら直接話したいという人も多いでしょうから、電話対応が無料であることは嬉しいポイントです。

大手のレンタルサーバーでも、電話対応が無料ってのはないんですよ。

格安レンタルサーバーで WordPress を始めよう!

格安なレンタルサーバーの中でも、おすすめなプランを 3 つザーッと紹介しました。

個人的な意見としては、「WordPress の設置が簡単」「値段も安い」「表示速度も速い」「独自ドメインが無料」の「ロリポップ!」が一押しです。
 

ですが、災害などが心配であれば「カラフルボックス」、とにかく安くというのであれば「さくらのレンタルサーバ」でも十分にありです。
 

最後にもう一度紹介しておくと、

格安でもおすすめのサーバー3選

となります。

「思い立ったが吉日」という言葉もあるので、WordPress を始めたいと思ったら、さっそく始めてみましょう!