自然に「被リンク」を増やすのに効果的な5つの方法【と強制的に増やす裏技】

少しでも「被リンク」を増やしたいんだけど、どうやったら増えるんだろう…
 

と悩んでいる人もいるでしょう。

そこで、この記事では下記の内容を解説していきます。

この記事で分かること

  • なぜ「被リンク」は必要なのか
  • 「被リンク」を増やす効果的な5つの方法
  • ペナルティを受けず、でも強制的に増やす方法
 

被リンク」とは、別のサイトに自分の記事リンクを貼ってもらうことを言います。

少し前までは SEO に与える影響は大きかったのですが、今となっては「SEO 対策」としての効果は薄くなっているのも事実です。
 

それでは、解説をスタートします。

なぜ「被リンク」は必要なのか


 

数年前までは「被リンク」が多ければ多いほど SEO に強くなることがあったので、ひたすら増やす業者や「被リンク」を売買するようなことも横行していました。

ですが、こんなことは Google も見逃しておくはずもなく、あくまで「要素の 1 つ」程度と今はなっています。

PV を増やすのには欠かせない

記事を見てもらうには、検索結果、または SNS などからが基本的な流れになります。

そうなると、検索上位に表示されるか、もしくはフォロワーが多い人ではないとなかなか PV は増えないでしょう。
 

ですが、他のサイトに「リンク」を貼ってもらうと、その別のサイトを読んだ人からも流入が見込めるようになります

なので、SEO 対策のことを抜きにしても、「リンク」を貼ってもらうことは PV 数が上がることにも繋がります

記事としての評価が定着してくる

今や「被リンク」の数に比例するようなことはないですが、でも相変わらず記事としての評価の「要素」としては健在です。

なので、どういった内容のサイトから引用されていたりするのかが重要となってきます。
 

例えば、得体の知れないサイトであったり、全然関係のないサイトにリンクが貼られたら、逆に評価としては下がってしまう可能性があります。

でも、同じカテゴリーを扱っているサイトにリンクが貼られたら、それは評価されるに値するリンクとなるでしょう。

被リンクが付く記事は「良質」である

良質なコンテンツを作ることが、検索上位に表示させる最も大切な「要素」です。
 

しかも、そういった記事には「被リンク」も付きます。

逆にいえば、被リンクが付く記事は「良質コンテンツ」でもあります。
 

あくまで「要素」だと Google は言い切っていますが、人も良質なコンテンツであればリンクを貼って紹介したくなりますからね

「被リンク」を増やす効果的な5つの方法


 

SEO 対策について調べていると、耳にタコが出来るほど「良質なコンテンツを作れ」と言われますよね。
 

もちろんそれが大前提なんですが、実は「被リンク」が付きやすいタイプの記事が存在します。

「被リンク」が付きやすいタイプの記事

  • データを提示するような記事
  • 徹底的に手順を紹介する記事
  • 用語や仕組みを解説する記事
  • 最新の情報が書かれた記事
  • オリジナリティのある記事

つまり、これが「被リンク」を増やすための需要なカギになります。

データを提示するような記事を書く

記事の役割は、何かを解説・紹介することが多いですよね。

もし自分の記事に真実味を持たせたい場合には、大元となる「データ」を引用すると効果的です。
 

なので、何らかの形で調べた「結果」を残す記事は「引用元」としてリンクが貼られやすくなります。

とはいえ、専門の研究機関などでないと難しいと思うかも知れませんが、ツールを使っての計測値などを個人的に公開したような記事も実は重宝されます。
 

そういった場合は、

記事のポイント

  • グラフを使って説明する
  • 図にしてわかりやすく解説する

とより効果的です。

徹底的に手順を紹介する記事

その道の専門ではないと意外と迷ったりするので、失敗しないようにと手順を調べたりする人は多くなります。

なので、徹底的に手順を紹介するような記事も「参考」としてリンクが貼られやすいです。
 

もし手順を紹介するような記事を書く場合は、

記事のポイント

  • 箇条書きを効果的に使う
  • 画像をうまく使う

ことが大事です。

用語や仕組みを解説する記事

難しい専門用語や仕組みというものは、初心者なら誰もが調べるものです。

この類も引用されな易いので、用語や仕組みを分かりやすく解説した記事もリンクを貼ってもらうことが多いです。
 

もし用語や仕組みを解説するような記事を書く場合は、

記事のポイント

  • 専門性の高い情報を徹底的に書く
  • 読みやすい構成にする

を意識してみましょう。

最新の情報が書かれた記事

人は最新情報を知りたがるので、できるだけ新鮮な記事を好みます。
 

ただ、最新の情報だからといって「被リンク」が付くというわけでもありません。

最新情報だとしても、引用のしようのない情報では意味がありません。
 

最新の情報を記事にする場合は、

記事のポイント

  • 他では得られないような最新情報を更新する
  • すべてを網羅した情報を提供する

ことを意識する必要があります。

オリジナリティのある記事

分かりやすい例としては、インタビュー記事などは誰も真似をしようがありませんよね。

ネットで調べられるような内容は誰でも書けますが、インタビュー記事のように他の人は手出しできないようなオリジナルなコンテンツは「リンク」を貼ってもらうことが多いです。
 

オリジナリティのある記事にする場合は、

記事構成のポイント

  • 独自性の高いコンテンツを作る
  • ネットにはまだない情報を提供する

と効果的です。

「被リンク」を増やすための手助け


 

「被リンク」を増やす効果的な方法を 5 つあげましたが、それを手助けしてあげることも大切です。

効果的な手助け

  • SNS で発信
  • 内部リンクで促す
  • 広告を使う

SNS で発信

最も早くに記事を紹介できるのが、やはり SNS を使って発信すること

そうすることで、まずは拡散して、その記事を参考にした人がリンクを貼り付けた記事を書いてくれることがあります。
 

SNS と並行して、メルマガも同じ効果がありますね

内部リンクで促す

自分のサイトから関連する記事にリンクを貼ることで、検索結果で別の記事を読みに来た人にも読んでもらえる機会を作ります。

もし内部リンクで促したい場合は、PV 数の多いページに貼ることができるのなら効果が大きくなります。
 

こういった面からも、古い記事をリライトして新しい記事へリンクさせることも大事です

広告を使う

これはお金もかかりますし少し強硬手段ではありますが、確実に記事を見てもらうには効果的です

ただ、Google 広告などを使うのは専門的な知識が必要となってくるので、個人では少し難しいかも知れませんね。
 

ですが、リスティングと並行することでアフィリエイトなどをやる場合には効果的なので、もし興味がある人はやってみると面白いです。

「被リンク」を強制的に増やす裏技


 

冒頭でも解説したように、昔は「被リンク」を増やしたりする業者がいたり、売買することで SEO 対策となっていた時期もありました。

ですが、今では逆に極端に増やしたりするとペナルティになってしまいます。
 

とはいえ重要なことに変わりはないので、ペナルティにはならない方法で「被リンク」を増やしましょう

裏技①:寄稿する

自分のサイトだけではく、別の有名サイトなどに記事を寄稿するというもの

ただ、ライティング力がないとそもそも寄稿させてもらえないことがほとんどなので、なかなか難しい方法ではありますけどね。
 

でも、有名サイトに寄稿できればリンクとしては良質になるので、ライティング能力の高い方はチャレンジしてみるといいでしょう。

寄稿できる大手サイト

採用されるのはかなり大変ですが、その分ライティング力もつくので、ぜひチャレンジしてみてください。

裏技②:プロフィール作成サービスを利用する

SNS などしか持っていない人が、プロフィールだけを作成するサービスがいくつもあります。

実は、プロフィール作成サービスで紹介部分に自分のリンクなどを貼ると、それも「被リンク」の扱いになることがあります
 

ただ全てというわけではなく、Google 検索結果などに作成したプロフィールが載るようなサービスのものになります。

プロフ作成サービスに関しては、プロフィール作成が簡単にできるサービス4選【個人ビジネスにも活用できる】の記事で少し紹介しているので参考にどうぞ。

まとめ:良質なコンテンツ作りが近道です

以上で、自然に「被リンク」を増やすのに効果的な方法を解説しました。
 

まあ簡単にまとめると、誰かが記事の中で紹介したくなるような「良質なコンテンツ」を作成しなさいってことですね。

SEO としての効果が薄くなってきたとはいえ、リンクが貼られた記事からの流入が増えるので、結果的に PV 数も増えて「効果」としてはあります。
 

記事作成の時は、色々と意識しながら書いてみてくださいね。

関連記事はこちら