Google アナリティクスと Search Console のデータが違う理由【そもそも計測場所が違います】

Google アナリティクスSearch Console は、両方ともサイトを訪問してくれた人のデータなどを確認することができる便利な無料ツールです。

どちらもサイトを見に来てくれた人の情報が見れるけど、なんで数値が違ったりするの?

くま五郎

リョウ

ザックリ言うとね、計測している場所が全く違うからだよ!

ということで、Google アナリティクスと Search Console のデータが違う理由を解説します。

Google アナリティクスと Search Console の役割をまずは解説

Google アナリティクスと Search Console の役割を理解していると、データがなぜ違うのかがハッキリしてきます。

リョウ

もちろん設定によってもデータが変わることもあるので、後ほど細かいことについては解説します。

まずは、Google アナリティクスの役割から解説していきましょう。

Google アナリティクスで出来ること

Google アナリティクスと Search Console のデータが違う理由

Google アナリティクスは、WEB サイトを見に来た人がどのようにページを閲覧したり、コンバージョンに至ったかを確認することができる「解析ツール」です。

EC サイトなどを運営している人なら、お客さんがどのような経路で閲覧しているか、どのような年齢層が購入しているのかを把握することができるので必須なツールと言えます。

そのため、Google アナリティクスのデータを基にして、リスティングや広告をどのように効率良く表示させれば良いのかを分析することができます。

Google アナリティクスは「タグ」で計測している

Google アナリティクスを導入した時に、全てのページで計測できるように「タグ」を設置したはずです。

この「タグ」が設置されたページを開いた時にだけ、データとして計測するのが Google アナリティクスの働きです。

Google アナリティクスと Search Console のデータが違う理由

アナリティクスの管理画面を開いた時に、「セッション」とありますよね。

この「セッション」は、ユーザーが「タグ」をスタンプラリーのように訪問したページから離脱した時までを計測した値を「1」として計測しています。

これは Search Console では計測できない部分で、Google アナリティクスの「タグ」を使っているからこそ計測できるデータになります。

Search Console で出来ること

Google アナリティクスと Search Console のデータが違う理由

Search Console は、検索結果においてユーザーがクリックしたり、どのような検索語句を使ってページに訪問したりしているのかを分析することができます。

また、検索結果に表示されるよう登録したり、サイトにクローラーがうまく回るようにするための「監視・管理・改善ツール」になります

つまり、あなた(サイト)が区役所(Search Console)で住所などの登録をしたり、住所変更などをするようなものになります。

Search Console は「検索結果」で計測している

Search Console の管理画面を見ると、「検索順位」や「クエリ」といった検索結果に紐づいたデータが表示されていますよね。

あくまで Search Console は、インデックスの管理・監視をしているシステムなので、Google 検索(Yahoo!も含む)で得た情報がデータとして反映しています。

Google アナリティクスと Search Console のデータが違う理由

「クリック」は単純に検索結果から記事をクリックされた数であり、「表示」は検索結果としてどこかしらに表示されたという数字になります。

検索結果のデータということなので、どんなキーワードで検索されたのか「クエリ」から分析できますが、アナリティクスでは SSL 化されたサイトからはデータが取得できません。(←つまり、ほとんどのサイトで)

Google アナリティクスと Searsh Console の役割のまとめ

各々の役割はなんとなく分かったと思うので、もうちょっと分かりやすくまとめてみましょう。

Google アナリティクスと Searsh Consoleがデータを取得するタイミング
  • Google アナリティクス:サイトが表示された「後」のデータ
  • Searsh Console:サイトが表示される「前」のデータ

こう見ると、全然違うことが分かりますよね。

ただ、データを取得するタイミングが違うことは理解したけど、それにしてもデータにバラツキがあると感じた人もいるでしょう。

Google アナリティクスの方が数字が大きかったり、Search Console の方が数字が大きかったりと、日によって違う時があるのは何で?

くま五郎

リョウ

それはね、それぞれは完全にデータを取得できているわけではないからだよ!

実は、絶対に Google アナリティクスと Search Console が同じデータにならない理由があるんです。

Google アナリティクスと Searsh Console が絶対に同じデータにならない2つの理由

Google アナリティクスはサイトが表示される前のデータで、Search Console は検索結果に基づくデータということは分かりましたよね。

では、お互いのデータが同じにならない理由を解説していきましょう。

ブロックされると計測できない

Google アナリティクスは「タグ」で計測していると言いましたが、この「タグ」って万能ではないんです

あくまで、問題なく読み込まれた時にだけ機能するようになっています。

そのため、もしブラウザでブロックをしているユーザーがページを見た場合には、「タグ」が読み込まれないので計測が出来ないんです。

割とアドブロック(広告を非表示にする機能)を使っている人が多いので、完全には計測できないことがあります。

リョウ

もしブロックしているユーザーばかりがサイトを閲覧した場合には、Searsh Console の数字だけが多く表示される可能性があるってことですね。

検索エンジンはGoogleだけじゃない

Search Console は、あくまで Google(Yahoo!)の検索エンジンに対してのデータであって、他の Bing であったり SNS からの流入は別の話になります

日本においては約95%の人が Google と Yahoo! の検索エンジンを使うので、Search Console のデータも全体の結果としてみてもほぼ間違いないでしょう。

ただ、少なくとも約5%は違う検索エンジンを使って検索されてくることになるので、アナリティクスの方が数字としては大きくなることが多いです。

異常なほど数字が違っている時にチェックすること

自分のサイトのデータを見比べた時に、明らかに何倍も数値が違っているような場合には、何かしら設定が間違っていることもあります。

案外ちょっとした設定ミスだったりするので、チェックしてみてください。

よくある設定ミス
  • タイムゾーンがずれている
  • タグがちゃんと貼れていない

タイムゾーンがずれている

データを見ている時に、どうも前日の数字がもう片方の数字に近い形で翌日に反映されているような気がすると感じたら、ちょっとタイムゾーンをチェックしてみましょう。

もし、1つは日本時間になっているのに、もう片方がアメリカ西部時間などになっていたら、データを取得する区切りが違ってきますからね。

アナリティクスのタイムゾーンを確認する方法
  1. アナリティクスの管理画面を開きます
  2. 「ビュー」の項目にある「ビュー設定」に入ります
  3. 「タイムゾーンの国や地域」の項目を日本に設定します
Search Console のタイムゾーンを確認する方法
  1. Googole アカウントで「カレンダー」を開きます
  2. (設定メニュー)」から「設定」に入ります
  3. 「国」の項目を日本に設定します

これで、両方とも日本のタイムゾーンになったと思います。もちろん、グリニッジにしたいという場合にはそれでも OK ですよ。

タグがちゃんと貼れていない

そもそもの話ですけど、ちゃんとヘッダー内に貼れていなかったという人をたまに聞きます

特に WordPress 初心者の場合は、ヘッダー内にタグをどう埋めたら良いのか分からなくて、適当なところに貼り付けたままという人もいます。

あまりにも計測されていない様子であれば、今一度正しい場所・位置に「タグ」を埋め込めたのか確認してみると良いでしょう。

Google アナリティクスや Searsh Console 関連の情報まとめ

Google アナリティクスと Search Console のデータが違う理由の解説は以上となりますが、関連した情報をいくつか紹介しておきます。

Bing にインデックスさせるツール

Search Console はあくまで Google と Yahoo! の検索エンジンのものと解説しましたが、日本において約5%のシェアを誇る検索エンジン「Bing」にも似たようなツールがあります。

「Bing」を利用する層としては、Windows ユーザーが基本となります。

利用者が約5%だと思うと少なそうに思えますけど、ネット利用者数の分母を考えると実はかなりの人数になるので侮れません

BingのWEBマスターツールにも登録【サーチコンソールだけじゃない】

直帰率についてのお話

Google アナリティクスのデータを見ると、「直帰率」の数値が表示されています。

どしても「直帰 = すぐに読むのをやめてしまった」みたいに思いがちですが、実際にはそうでもないことも多いんです。

「直帰率」と合わせてどこの数値を見て自分のサイトを判断すれば良いのか解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

アナリティクスの直帰率が高い?【気にするところは別にあります】

さいごに

データを計測し始めた頃はちょっとした数字の違いに疑問を持ったりしますが、数字がどんどん大きくなるにつれ大体の数字しか見なくなるので気にならなくなってきます。

ただ、あまりにも数値が違う場合は設定ミスの場合があるので、それはちゃんと確かめておきましょうね。