送信された URL に noindex タグが追加されています【の解決法】

サーチコンソールを活用し始めると、「カバレッジ」にエラーとして「送信された URL に noindex タグが追加されています」と表示されることがあります。

もし、WordPress プラグイン「Google XML Sitemaps」を使っている場合には、問題は解決されます。

それでは、「送信された URL に noindex タグが追加されています」のエラーを解決する手順を紹介しましょう。

エラーが表示された原因

「カバレッジ」のエラーに「送信された URL に noindex タグが追加されています」と表示された場合、さらに詳細を探るためにエラーをクリックします。

coverage error

すると、こんな画面が表示されるのでスクロールして「例」という項目を確認します。

coverage error

「例」の項目を見ると、エラーを検出した URL が表示されていますよね。この URL のページが、エラーの原因となります。

coverage error

ただ、/sitemap.html というページなんて作った覚えがないはず。

冒頭でも述べたように、実はプラグイン「Google XML Sitemaps」をデフォルトの設定のまま使っているとこのエラーが出てしまうんですね。

「Google XML Sitemaps」のデフォルト設定では、基本設定で「HTML形式でのサイトマップを含める」にチェックが入っています。

coverage error

これが有効になっていると、noindex 扱いで「sitemap.html」というページを自動で生成してしまうために、「送信された URL に noindex タグが追加されています」と説明されていたんです。

エラーを解決する方法

「送信された URL に noindex タグが追加されています」を解決する方法は、簡単なものと FTP を使った2通り。ほとんどの人は、簡単な方で十分だと思います。

HTML形式でのサイトマップを含めるのチェックを外す

「Google XML Sitemaps」の基本設定を開き、「HTML形式でのサイトマップを含める」についているチェックを外すだけ。

チェックを外したら、サーチコンソールに戻り「修正を検証」を押して数日待てばエラーが解消されているはずです。

coverage error

FTP から sitemap.xsl を修正

プラグインのファイルに「sitemap.xsl」があるので、見つけ出してからコードを修正するという方法もあります。

12行目に下記のコードが記載されています。

coverage error

sitemap.xsl
<meta name="robots" content="noindex,follow" />

これを…

sitemap.xsl
<!--<meta name="robots" content="noindex,follow" />-->

にするか…

sitemap.xsl
<meta name="robots" content="index,follow" />

に変更するというもの。

プラグインのコードを変更するのは避けたい部分ではありますし、公式でもこの対応には反応を示していないので、「HTML形式でのサイトマップを含める」のチェックを外す方法が現実的ではありますね。

【参考】Google WebMaster tools flag an error of ‘noindex” for the html map

さいごに

サーチコンソールを使い始めたばかりだと、「エラー」と出ただけでドキッとしますよね。エラーが出ていると SEO 的にはあまりよろしくないので、しっかりと解決しておきたいものです。

もし「Google XML Sitemaps」を使っていないのに「送信された URL に noindex タグが追加されています」と表示された場合には、サイトマップを扱う別のプラグインを疑ってみてください。