WordPressブログにオススメのお問い合わせフォームは?【プラグイン6選+α】

WordPress ブログを始めると、初期段階で「お問い合わせフォーム」を設置する人が多いと思います。

WordPress の場合には「お問い合わせフォーム」を設置するのは簡単で、プラグインを利用することですぐに表示できます。

この記事では、ブログ規模のサイトでおすすめする「お問い合わせ」のプラグイン6つとプラグインを使わない方法を1つ紹介したいと思います。

WordPressブログ向けの問い合わせプラグイン

WordPress ブログに導入できる「お問い合わせ」のプラグインとして、以下の6つを紹介していきましょう。

おすすめのお問い合わせのプラグイン6選
  • Contact Form 7
  • Jetpack
  • MW WP Form
  • Visual Form Builder
  • Contact Form by WPForms
  • Ninja Forms

有料プラグインや企業などが使えるような手法もありますが、個人ブログ規模で検討するならこの辺りで十分です。

最も有名なお問い合わせプラグイン「Contact Form 7」


>> https://ja.wordpress.org/plugins/contact-form-7/

WordPress のお問い合わせフォームとして最も有名なのは、「Contact Form 7」というプラグイン。日本人が開発したこともあり、国内ではもちろん海外でも人気があります。

「Contact Form 7」の場合はカスタマイズ性に富んでいますが、少しばかりHTMLの知識が必要となってきます。でもカスタマイズに関する情報もたくさん出て来るので、デザインを変えたい場合には検索してみましょう。

機能が豊富なお問い合わせプラグイン「Jetpack」


>> https://ja.wordpress.org/plugins/jetpack/

「Jetpack」は運営しているサイトを守ってくれたり、統計などを計測してくれる万能なプラグインです。その機能の中の1つとして、お問い合わせフォームがあります。

すでにたくさんのプラグインを利用している場合には、機能が重ならないように気をつけるようにしましょう。

国産のお問い合わせプラグイン「MW WP Form」


>> https://ja.wordpress.org/plugins/mw-wp-form/

「MW WP Form」も「Contact Form 7」と同じく、日本で開発されたお問い合わせフォームのプラグインです。

様々な機能がHTMLの知識なしで設定できるので、コードとかが苦手な人にはおすすめです。有料となりますが、機能拡張も提供されています。

感覚重視のお問い合わせプラグイン「Visual Form Builder」


>> https://ja.wordpress.org/plugins/visual-form-builder/

完全に英語なので躊躇する人がいるかもしれませんが、使われている英語も難しいモノではないのでお問い合わせフォームをビジュアルで「感覚的に」設定できます。

世界で使われているお問い合わせプラグイン「WPForms」


>> https://ja.wordpress.org/plugins/wpforms-lite/

日本ではあまり見かけませんが、海外ではとても利用者が多いお問い合わせのプラグイン。日本語にも最近対応したので、安心して利用することができます。

「WPForms」も基本的にビジュアルで「感覚的に」設定できるプラグインなので、HTMLが苦手な人にはおすすめです。

人気のお問い合わせプラグイン「Ninja Forms」


>> https://ja.wordpress.org/plugins/ninja-forms/

「Ninja Forms」もあまり日本で利用されている人を見かけませんが、「WPForms」と同様にビジュアルで「感覚的に」設定できるプラグインです。

ブログ規模でHTMLが苦手な人には、「WPForms」と合わせておすすめです。

プラグイン以外のブログ向け問い合わせ

プラグインを使わずとも、HTMLなどを活用してお問い合わせフォームを表示させるコトもできます。ただ、単純に面倒ですよね。

そこで、無料で簡単にお問い合わせを作れるサービスを1つ紹介します。

プラグイン不要のお問い合わせフォーム「Googleフォーム」

グーグルアカウントを持っている人なら、誰でもすぐに「Googleフォーム」を設定することができます。


>> https://www.google.com/intl/ja_jp/forms/about/

グーグルの「ドライブ」にアクセスし、新規から「Googleフォーム」を選択。設定画面はシンプルなので、迷うことなく感覚でお問い合わせフォームを作ることができると思います。

ただ、フォームを作ることは簡単なんですが、その後のやっておいた方が良い設定を紹介しておきます

サイトに貼り付ける方法


お問い合わせに表示させる項目などが設定できたら、右上にある「送信」をクリックします。そして、をクリックして幅と高さを指定したら、タグを表示させるページにコピペします。

メール通知を受け取る方法


フォームを作っただけではメール通知がないので、受け取るように設定が必要です。「回答」を選択して、「新しい回答についてのメール通知を受け取る」にチェックを入れてください。

メルアドを収集する方法


フォームを設定する時に、「記述式テキスト(短文回答)」を選ぶとメールアドレスとして形式が間違っていてもスルーされます。をクリックした後に、「メールアドレスを収集する」にチェックを入れてください。

お問い合わせをもらった後のメッセージ


お問い合わせで「送信」を押した後に表示されるメッセージを、設定することができます。をクリックして、「プレゼンテーション」を選択、「確認メッセージ」の欄で変更してください。

色を設定する方法


上部に表示される色を変更することが可能です。をクリックして、好きな色や画像に変更してください。

お問い合わせフォームを最適化する

お問い合わせフォームを設定するうえで、フォーム内容やページの最適化を忘れないようにしましょう。

質問項目は最低限に

どうしても質問を細かく聞きたくなりますが、質問項目はなるべく最低限にしておくようにしましょう。

お問い合わせフォームのページに到達したユーザーだとしても、統計では離脱率が平均で50%以上となっています。しかも、質問が1つ増えるたびに5%上がるとも言われています。

お問い合わせのハードルを低くするために、質問は絞っておきましょう。

マイクロコピーで分かりやすく

「お名前」や「メールアドレス」程度なら入力に迷いませんが、細かい質問の場合にはどう入力したら良いのか分からないことがありますよね。

そんな時に、ユーザーが迷うことなく入力できるように、入力欄の中や周りに補足説明を入れると良いでしょう。

マイクロコピーを上手に使うことで問い合わせ件数が変わるので、こちらの記事も参考にしてみてください。

たったの2文字で売り上げ倍増?注目のマイクロコピー【事例と考え方】

導線を上手に

個人的なブログではそんなに意識する必要はありませんが、仕事の依頼を受けたいという場合にはお問い合わせまでの「導線」をよく考える必要もあります。

適切な場所で「お問い合わせ」のボタンを登場させたり、分かりやすいに場所に表示させておくようにしてみましょう。

さいごに

「お問い合わせ」を設置するには、プラグインかGoogleフォームを使えば簡単に設置できます。

設置方法や設定方法は、それぞれのプラグインの名前を検索すると解説してくれている記事がたくさん出てきます。

個人的には、ただのブログならばプラグインという重荷を1つでも減らせるGoogleフォームで十分じゃないかと思いますけどね。