ColorfulBoxでWordPressをインストールしたら最初に設定したいこと【初心者向け】

WordPress をインストールしたら最初に設定しておきたいことは山ほどあるんですが、この記事では「ColorfulBox」で WordPress をインストールした場合に設定したいことに限って紹介したいと思います

「ColorfulBox」の場合、WordPress をインストールする以前に設定しておきたいことがあるので【丸見え!】ColorfulBoxを契約したらすぐにやっておきたいこと【インデックスを非表示に】の記事も参考にして設定も変更しておきましょう。

【丸見え!】ColorfulBoxを契約したらすぐにやっておきたいこと【インデックスを非表示に】

それでは、WordPress をインストールした後にまずは設定しておきたいことを紹介してきましょう。

サイトのURLをSSLに変更する

「ColorfulBox」の特徴の1つとして、無料SSL(COMODO)に標準対応しています。そのため、特別な設定をしなくても自動的に「SSL化」したサイトを始めることができます

SSL化とは?
「SSL化」とは、データの送受信を暗号化するというもの。しかも、Google 検索の結果にも影響があるので「SEO効果」もあります。

ただ、サーバー側で「SSL化」を自動化してくれるというもので、WordPress をインストールしたらそのことを設定する必要もあります

URLをSSLにする手順【必須】

WordPress 管理画面の左メニューにある「設定」のカテゴリーから、「一般」を選択して開きます。

その中で、下記の項目に URL が記載されていますよね。これを、変更していきます。

一般設定
  • WordPress アドレス (URL)
  • サイトアドレス (URL)

初期設定では「http://」となっているんですが、これを「SSL」に対応しているサイトという意味の「https://」に変更します

Colorfulbox

変更というか、「s」を追加するだけですね

設定が完了したら、一番下にある「変更を保存」というボタンを最後に押してください。

ついでにタイムゾーンも変更【これも重要】

「SSL」の設定と同じページに、「タイムゾーン」を選択する項目があります。

初期設定では「UTC+0」となっているので、そのままだとイギリスの標準時間をもとに日時が刻まれていることになります。

Colorfulbox

そのため、「UTC+0」から「東京」に変更しておきましょう。あくまで時間の設定なので、北海道や沖縄に住んでいても「東京」を選択します。

日付・時刻のフォーマットを変更【どちらでも】

「日付・時刻のフォーマット」を設定できる項目もあるのですが、これは自分が好むタイプのフォーマットにしておきましょう。

Colorfulbox

週の始まり【どちらでも】

「週の始まり」という項目に「月曜日」が設定されているのですが、これはカレンダーなどを表示するときに影響が出てくる場所になります。

Colorfulbox

そのため、プラグインなどを使ってカレンダーを表示する予定がない人は完全無視でOKです

「タイムゾーン」や「フォーマット」の設定が完了したら、一番下にある「変更を保存」というボタンを忘れずに押してくださいね。

ColorfulBoxで使いたいプラグイン

「ColorfulBox」では、高速表示を実現する次世代Webサーバーである「LiteSpeed」を使っています

高速表示を実現する次世代Webサーバー「LiteSpeed」搭載

WebサーバーにはApacheとの完全な上位互換である「LiteSpeed」を採用。WordPressのベンチマークでは、旧来のApacheに対して約3倍、Nginxに対しては約5倍以上の差がつく速度を誇っています。
引用元:https://www.colorfulbox.jp/feature/

何を言っているのか解らなくても、「とにかく早く表示してくれるシステムなんだ!」と思っていただければ大丈夫です。

その次世代Webサーバー「LiteSpeed」なんですが、それを活かすためのプラグインが1つあります。

LiteSpeed Cache【基本必須】

「LiteSpeed Cache」は、「LiteSpeed」を使っているサーバーを利用している人だけが使える「キャッシュ系プラグイン」。

Colorfulbox

これを有効にすることで、サイトの表示が早くなったり、アクセスが集中的に増えたとしても安定してサイトを運営することができます。

そのため、「Colorfulbox」で WordPress を始めるときには、「LiteSpeed Cache」は必ずと言って良いほどインストールしておきましょう

ただ、使うテーマやASPによっては上手く動作しないことや設定自体も難しいということもあるので、「LiteSpeed Cache」に関する記事を1つだけ読んで鵜呑みにせず、色々な記事を参考にしながら設定をしてください。

基本的には初期設定のままでも表示速度は早く安定しますが、何か不具合などが見つかったときに同じケースがないか探してみてください。

WP Multibyte Patch【基本必須】

以前は日本で WordPress をインストールすると必ず入っていたプラグインの1つなのですが、最近のバージョンでは入らなくなってしまいました。

それなら必要ないのではないかと思ってしまいますが、ネットにおいて日本語は特殊な扱いになるため、たまに表示がおかしくなったりすることがあります。

それを防ぐためにあるプラグインが、この「WP Multibyte Patch」

Colorfulbox

WP Multibyte Patchで日本語を最適化【使い方とカスタマイズ方法】の記事でも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

WP Multibyte Patchで日本語を最適化【使い方とカスタマイズ方法】

サイトマップを送信するプラグイン【とても重要】

サイトでは、「表面的に人が目にするページ」と「検索エンジンが確認する文字列」の2つが共存しています。

そのため、ブログなどを書いたら「検索エンジン」に記事の内容を送ってあげたほうが、「検索エンジン」も気づいてくれるし早く検索結果にも表示されるようになります。

そういった「検索エンジンが確認する文字列」をサイトマップと言います。

そのサイトマップを送信するのを助けてくれる代表的なプラグインが、「Google XML Sitemaps」

Colorfulbox

使い方はGoogle XML Sitemapsの使い方【サイトマップの送信方法】の記事で紹介しているので、こちらも参考にしてみてください。

上記以外のプラグイン

「プラグイン」の多くは、プログラミンの知識がない人でも簡単に機能拡張ができるようにしたものなので、自分が必要なものをちゃんと選んでインストールしましょう。

ただ、テーマや他のプラグインとの相性によって WordPress が動画しなくなったりもするので、1つ1つ丁寧に扱う必要もあります

たくさんのプラグインを入れすぎるとサイトが重くなってしまう原因にもなりますし、100%使ったほうが良いというプラグインも存在しません。

たくさんの記事を参考にしながら、必要最低限のプラグインを使ってくださいね。

また、「ColorfulBox」で WordPress をインストールしたときにあるプラグインについて、ColorfulBoxでインストールしたWordPressにあるLimit Login Attempts Reloadedとは?【サイトを守ってくれる強い味方です】の記事で紹介しているので、こちらも参考にしてみてください。

一般的に推奨されている設定の数々

紹介した「SSL」と「プラグイン」に関しては「Colorfulbox」を使っている人向けの内容なんですが、一般的に初期設定として押さえておきたい部分もあります。

コメント欄を使わない場合【ちょっと重要】

管理画面の左メニューにある「設定」に「ディスカッション」という項目で、「コメント」に関する設定を変更することができます。

サイト内で意見を交換する場合には有効な「コメント欄」ではありますが、昨今では純粋な意見の交換なら SNS を使ってしまえば良いというのが一般的な流れです。

しかも、「コメント欄」を表示させておくとスパムが多く届くというデメリットがあるため、今ではほとんどの場合に使われなくなってきています。

もし「コメント欄」を使いたくないという場合には、「新しい投稿へのコメントを許可する」という項目のチェックを外しておきましょう

Colorfulbox

パーマリンクを変更する【必須】

「パーマリンク」とは、記事を投稿する時の URL の部分のこと。初期設定では「基本」となっているのですが、どんな記事を投稿しようが数字ベースの URL 表記になってしまいます。

そのため、一番最初の記事を投稿するために「パーマリンクの設定」をしておきましょう。

おすすめは、「投稿名」です

Colorfulbox

ただ、この「パーマリンクの設定」については意見が真っ二つに割れていて、「カスタム構造」を選んだうえで「カテゴリーと投稿名」が分かるようにするべきという人もいます。

確かにカテゴリーが分かると、人も検索エンジンも理解しやすいかもしれません。

ただし、カテゴリーを後で変える場合はアドレス自体が変わってしまうというデメリットも存在します。すると、もし検索1位になっていた記事があったとしたら勿体ないですからね。

また、カテゴリーを表記しない「投稿名」だけでも検索1位になっている記事はざらにいるので、個人的には「投稿名」でOKだと思います

プライバシー設定について【必須】

色々なサイトを見ていると、「プライバシーポリシー」というメニューを見かけたことがあると思います。

あれはサイトがどのようにデータを管理していて、データをどういった時に内容に利用するのかを表記しているページになります。これは、商用のサイトには必ず必要なページとなります。

では、個人的なブログではどうか。

もし「アドセンス」や「アフィリエイト」を行う予定があったり、「お問い合わせ」のページを作った場合には、個人でも「プライバシーポリシー」のページを持っている必要があります

どのようにして「プライバシーポリシー」のページを作ったり設定をしたりすれば良いのかは、プライバシーポリシはサイトに必要?【SEO対策にも?】の記事で紹介しているので参考にしてみてください。

さいごに

少し足早に紹介しましたが、「ColorflBox」で WordPress をインストールした場合にチェックしておきたいポイントは分かっていただけたかと思います。

紹介していない部分は基本的にスルーで大丈夫ですが、紹介した部分は重要な設定が多いのでしっかりと考えておきましょうね。