ColorfulBoxで作ったサイトをサーチコンソールに登録する方法【他サーバーとは少し違います】

サイトを作ったら、まずは登録しておきたいのが「サーチコンソール」。ただし、レンタルサーバー「Colorfulbox」を利用している場合には他のサーバーと比べて少し手順が変わってきます

サーチコンソールとは?
「サーチコンソール」とは、Google が無料で提供しているツール。主に Google 検索の結果でサイトの状態などを管理・監視してくれるものになります。

基本的な設定方法は他のサーバーと同じなのですが、WordPress などに少し慣れてきた人でも設定が出来なくて困っている人がいるかもしれません。

それでは、「ColorfulBox」で作ったサイトをサーチコンソールに登録する方法を紹介しましょう

サーチコンソールの登録手順

「サーチコンソール」には Google アカウントが必要となるので、まだ持っていないという人はまずアカウント作成を行いましょう。

Google アカウントを作成・ログインする方法【Gmail アドレスも作れます】

それでは、登録の手順を紹介していきます。

「ドメイン」を選択する

サーチコンソール」にアクセスしたら、「今すぐ開始」という青いボタンを押してログインをします。

serchconsole

すると、「ドメイン」か「URL プレフィックス」かを選ぶ画面となるので、独自ドメインを取得している人は「ドメイン」を基本的には選択します

serchconsole

無料ドメインの場合
「ColorfulBox」に登録した時に、1つだけ無料のドメイン(○○.cfbx.jp)がもらえます。ただし、このドメインの場合は「URL プレフィックス」からではないと登録ができません。

リョウ

「ドメイン」と「URL プレフィックス」については、後ほど説明しますね。

コードをコピーする

「ドメイン」をクリックすると、「DNSレコードでのドメイン所有権の確認」というポップが表示されます。ここで2番目に表示されているコードが必要となるので、「コピー」をクリックします

serchconsole

「cPanel」から情報を追加【ここが超重要】

コードをコピーしたら、「サーチコンソール」の画面はそのままにして別のウィンドウで「ColorfulBox」を開いてログイン。そして、画面上部にある青いメニューの「ドメイン」というカテゴリーから「DNSの管理」をクリックします。

serchconsole

すると、「DNSゾーン」の一覧に登録した「ドメイン」が表示されているので、その欄にある (ゾーンの編集)」のマーク(新しいゾーンを追加というボタンの下)をクリックしてください。

serchconsole

「ゾーンの編集」という画面が表示さると、英数字の項目がいくつか表示されているはずです。

serchconsole

そうしたら、一番下にあるタイプが「TXT」となっている項目を使っていきます

ここからが重要です!

この項目にある「RDATA」という欄に、下記のようなコードが埋まっているはずです。(例なので、数字は全て0にしてあります。)

TXT
"v=spf1 ip4:000.00.000.000 include:_spf.cbsv.jp ~all"

その後ろに、先ほど「サーチコンソール」でコピーしたコードを追加するのですが、そのコードをクォーテーションマークで囲った上でコードの前に半角スペースを入れてください。

もちろん、元々入力されていたコードとの間にも半角スペースを空けておきます。

すると、こんな感じになると思います。

TXT
"v=spf1 ip4:000.00.000.000 include:_spf.cbsv.jp ~all" " google-site-verification=00000000000000000000000000000"

パッと見は分りづらいんですけど、「サーチコンソール」でコピーしたコードの「google-site〜」の直前に半角スペースが入っています

もしくは、もともと入力されていたコードは「SPFレコード」って言うんですけど、これの最後に半角スペースを入れてあげても同じです。ちなみに、「SPFレコード」は大事なので絶対に消さないでくださいね

そのコードが入力できたら、同じ画面内左にある「変更内容を保存」と言う緑のボタンをクリックしてください。

所有権を確認する

コードの入力が終わったら、「サーチコンソール」の画面に戻り「確認」のボタンを押してしばらく待ちます。

serchconsole

そして、「所有権を確認しました」という画面が表示されたらサーチコンソールのプロパティ追加が完了です。

serchconsole

たまに「確認できませんでした」と表示されることもありますが、数秒後にもう1度「確認」のボタンを押すと「所有権を確認しました」と表示されることがあります。

ただし、何度かやっても「確認できませんでした」と表示される場合には、今一度「DNSゾーン」の編集を見直してみてください。半角スペースを入れ忘れていないか、もう一度確認してみてください

ドメインと URL プレフィックスについて

「サーチコンソール」は以前からあるツールなのですが、今年から登録方法が変わりました。というのも、「SSL化」が当たり前になってから登録しなければならない内容が増えてしまったための措置だと思います。

そのため、「ドメイン」という項目が新たに設けられた登録方法で、「URL プレフィックス」は従来の登録方法という認識で知っていただければ大丈夫です。

ドメインとは

サイトを立ち上げる時に、「ColurfulBox」では「ドメイン」を選択する場面があったのを覚えていますか? 下記のような4つのドメインがあったはずです。

  • https://bryog.com
  • http://bryog.com
  • https://www.bryog.com
  • http://www.bryog.com

設定では推奨されている「https://bryog.com」のような URL を選択しているはずですが、実は他3つの URL を入力してもサイトにはアクセスができます。

そのため、他の URL からアクセスされたデータも把握するために、従来の登録方法では「サーチコンソール」に登録する時には4つ設定をする必要があったんですね。それが、この「ドメイン」を選択することでその面倒な作業を一括で管理できるようなりました

URL プレフィックスとは

「URL プレフィックス」は従来の「サーチコンソール」という形ではありますが、「ドメイン」を選べない人のための選択としてあります

どんな人が対象になるかというと、

  • 無料ドメインを使う人
  • サーバーにアクセスする権限がない人

または、サーバーを触るのが苦手という人は「URL プレフィックス」を使っても良いかもしれません。単純に「ドメイン」を選択した方が手続きが少ないというだけで、「URL プレフィックス」でも登録できることには変わりありませんから。

「URL プレフィックス」からの登録方法は、サーチコンソールでドメインを選べない!【URLプレフィックスの設定方法】の記事で紹介しているので、どうしても「ドメイン」を選べないという人は参考にしてみてください。

サーチコンソールでドメインを選べない!【URLプレフィックスの設定方法】

さいごに

サーチコンソールの説明にある「TXTレコードをDNS設定にコピーします」って言われても、説明がザックリしすぎて分からないと思う人も多いんじゃないでしょうかね。

他のサーバーでは単純に「TXT」を追加するだけでOKなんですが、「ColorfulBox」の場合にはすでに「TXT」が存在しているので追加するとエラーが出ちゃうんですよ

すでに「TXT」が存在しているので、そこに併記してあげれば良いというわけです。ただ、知らないと戸惑ってしまいますけどね。

「サーチコンソール」にサイトの登録ができたら、次は「サイトマップ」を送信するための設定をしましょう。送信の仕方は、Google XML Sitemapsの使い方【サイトマップの送信方法】の記事を参考にしてみてください!

Google XML Sitemapsの使い方【サイトマップの送信方法】