ブログの収益は「印税」のようなもの!?【不労所得ではないというお話】

ブログはよく「不労所得」や「不労収入」などと言われることもありますけど、時給的な観点からすると働いていない時でも収益を得られるのでそういう表現も納得できます。

ただし、本当に「不労」なのかって話ですよね

結論から言うと、全く何もせずにブログで収益を得られるというわけでもありません。やはりある程度の知識を習得する必要があし、WordPress などの場合にはソフトの更新作業なども不可欠となってきます。

でも、コツコツと積み上げていくことで収益を得られるようにもなるのが「ブログ」。内容が面白ければ読者も増えるし、有名になればさらに読み手も増える。

まさに「本」や「音楽」の世界と同じで、「印税生活」にも似た収益を得られるようにもなります

24時間自動的に収益を得られるブログ

royalty

店頭で商品を販売するのも、会社員が書類などを作成するのも、「人」が動ける限られた時間だけしか行えないですよね。しかし、ネットを使ったものとなった場合にはどうでしょう。

自分が寝ている時間だったとしても、仕事で忙しい時間だったとしても、ネットなら24時間勝手に動き続けてくれます

まさに、「ブログ」もそう。

仕事へ行く前でも寝る前でも良いですが、好きな時間に記事を投稿しさえすれば、あとは24時間収益を得られる機会は生まれるわけですね。

ブログは「続ける」ことが最大の敵

ブログで収益を得て自由な生活をしている人の記事などを見かけると、「自分も同じような生活を手にいれてみよう!」と奮起してみる人もいるでしょう。

確かに夢ですよね、自由な生活って。

じゃあ、ひとまずブログを始めてみましょう。調べてみると、アメブロやはてなブログなら無料でも始められますし、サーバーなどを自分で契約して WordPress でブログを始めるのも良いでしょう。

登録などはちょっと時間がかかりますが、それでも休みの日を献上すればあっという間に始めることができます。

そこで、こんな数字を紹介しておきましょう。

  • 3ヶ月続くブログは70%
  • 1年間続くブログは30%
  • 2年間続くブログは10%

引用元:https://www.procrasist.com/entry/blog-analyzer

ブログを始めるのは簡単なのですが、たったの3ヶ月でさえも約3人に1人は続けることができないんです。

新参者はすぐに信用はされない

ブログが続けられない最も大きな理由に、「収益」をなかなか得ることができないということもあります。なぜかというと、始めたばかりのブログにはなかなか読んでくれないからです

アメブロやはてなブログなどのランキングやオススメ機能があるようなサービスであれば、内容が面白ければ読んでくれる人もすぐにつくでしょう。

SNS を駆使して発信し続ければ、WordPress のブログでも読んでくれるファンもつくことでしょう。

ただ、継続的に人が検索などをして読みに来てくれるようなブログにするには、ある程度時間もかかります。自然に検索されるようになるのも、3ヶ月から1年とも言われています

そのため、1年間ですら続けられる人が 30% ほどにしかならないんでしょう。

「不労所得」を得たいと考える人の多くはは、今すぐにでも収益が欲しいと考えているんじゃないでしょうかね。でも、よく考えてみるとわかります。

始めたばかりのような新参者に、重要なポストは与えてはくれないです。

記事を量産すれば読まれるようになる

ちょっと誤解されそうですが、たくさん記事を書くことはとても重要です。というのも、記事を書くことで読まれるパターンやダメだったパターンを知ることができるからです。

かといって、陳腐な記事を量産してはサイトの質自体も下がり兼ねません。

もし 50 点な記事を 10 記事作るのと、100 点満点な記事を 3 記事作るのではやはり後者の方が良いですからね。

でも最初のうちから 100 点満点な記事を投稿するのは大変だと思うので、70点 な記事を投稿しながらのちに修正を加えて 100 点に近づけるのも良いと思います。

ブログを続けるための「心得」

royalty

ブログで「不労所得」というか「印税的な生活」をしようと思ったら、まずは「続けること」が一番重要なことになります。

そこで、ブログを続けるための「心得」を紹介しておきましょう。

3ヶ月〜1年は無収益の可能性あり

はてなブログなどを使った場合には少し話も違いますが、勢いよく WordPress に飛び込んできた場合には、数ヶ月から1年ほどは最初から収益を得られないと思っておいた方が良いです

収益を得られている人の記事や SNS を見かけて焦ることもあるでしょうが、もともと収益なんて得られる時期ではないとハナから思っておいた方がブログを続けられると思います。

他の人は勝手にやめていく

ブログを続けている人の割合を上記で紹介しましたが、実はブログを続けているだけで勝手に他の人は離脱していきます

実は上記の割合は、3ヶ月に1度でも更新したブログなら続いていると判断した甘々なデータなので、アクティブに更新されているブログはもっと少ないと思います。

たったの1年続けるだけでも 70% の人がやめてしまうんですから、コツコツと積み上げていくことが不可欠です

楽しむことがとても大切

不労取得のためだけに始めたという人は途中で嫌になるかもしれませんが、様々なことを「深掘り」して調べるような人は続けられるはずです。

ブログの醍醐味は、やはり「アウトプット」できるということ

自分が知り得たことを記事にして、多くの人に読んでもらえれば自分のためにも人のためにもなるという流れを作ることだと思います。

記事を書く前段階として、「あれはなぜだろう?」「これはどうなるの?」という日々の疑問などが記事になります。

日頃から色んなことに興味を持ち、それを調べて記事にする。そうしていくことで、記事を書いていくことが楽しくなり続けることができるはずです。

ブログはまさに「印税生活」

royalty

「印税生活」って作品などが売れると入ってくる収益なんですけど、やはり売れないと印税自体は入ってこないわけですよね。

これって作家やミュージシャンと同じで、昔の作品ともなると名盤とかにならない限りは年数が経てば印税自体もあまり入らなくなるわけです。

そのため、作家もミュージシャンも新しい作品をどんどん発表するわけですよね。

もちろん「ヒット作」などが出ると収益が増えますし、名前を知られていけば有名にもなるでしょう。「ヒット作」を連発すれば、当然ながらファンも増えていくでしょう。

ブログもこれと同じで、読まれる記事が増えるとそれだけファンも獲得できるようになるので、有名になることもあります。すると、作品を出すごとに見てくれる人も多くなるでしょう。

そうなってくると、昔の記事も読んでくれる人も現れますし、それらの記事をリメイク(修正)などをしていくことで検索順位が上がったりもするでしょう。

それなれば、もう「印税生活」と変わらぬ状態になりますよね

「不良所得」ではなく、新しい「記事=作品」を発表しながらファンを増やし、そしてコンテンツを増やしていく。まさに、作家やミュージシャンなどと同じですよね。

ブログは「続ける」ことが一番の的となりますが、自分を信じて「印税生活」を手に入れてみましょう!

高校生でもわかるWordPressの始め方【お小遣いを稼ぐ】