アドセンスで1クリックあたりの金額を上げるには?【狙いは広告費が高いジャンル】

アドセンスに合格してから収益化させ始めると、「今日は何円になったかな?」と毎日が楽しみになってきますよね。

たった1円とかでも、「収益があったー!」って嬉しくなるもんね。

くま五郎

りょう

確かに、初期の頃は収益が確認できるとモチベーションが上がるよね。
でも1つ気になっているんだけど、同じような閲覧数やクリック数でも収益が違ってくるのはどうして?

くま五郎

りょう

それは、「広告」にかかっている金額が違うからだよ!

ということで、どうして同じような閲覧数やクリック数でも収益が違ってきたりするのかを考えながら、アドセンスで1クリックあたりの金額をどう上げれば良いのか解説していきましょう。

WEB 広告の仕組みを知る

WEB 上に表示される「広告」には何種類かあるんですけど、アドセンスにおいては「インプレッション」と「クリック」で収益となります

インプレッションとクリックとは?
  • インプレッション:実際にユーザーが広告を閲覧した回数のこと
  • クリック:閲覧者が広告に興味を持ってクリック・タップした回数のこと

「ASP」に登録するタイプのアフィリエイトにおいては、「インプレッション」で収益となることはほとんどないです。その代わり、「成果」となった時の報酬額が高くもなりますけどね。

アドンセンスに関しては、ユーザーが広告を閲覧しただけでも収益となるので、記事を多くの人に読んでもらえればそれだけ収益が増えることにもなります。

ただ、「インプレッション」に関してはかなり報酬は低いです。何十記事と見られたとしても、1円にもならないことがあるくらいです。

どうやって広告の金額が決まってくるのか

そもそも、どうやって広告が表示されているのかってことですよね。

Google では、企業などが WEB 上に広告を出すことができる Google 広告というサービスを運用しています。

Google 広告 では、文字だけや画像を使ったバナーと呼ばれる広告を作り、どういった人に表示させるのかを設定します。

次に、広告にかける費用を決めるんです

この費用がどのように関わってくるのかというと、もし別の企業が同じような条件で広告を表示させるように設定していたとしましょう。

そのとき、瞬時に「競り」が行われます。もちろん、その「競り」で勝つのは「費用」を高く支払う企業になります。

つまり、競合が多いジャンルになればなるほど「広告費」が高くもなってくるんです。

どういったジャンルになると「広告費」が高くなるのか。

広告費が高いジャンル
  • クレジットカード
  • 不動産
  • FX
  • 仮想通貨
  • 保険
  • ローン
  • 転職・求人
  • エステ・脱毛
  • 婚活

こう見ると、「お金」という匂いがぷんぷんしてきますよね。こういったジャンルは、広告を出すにしても費用がどうしても高くなってきます。

狙うべきは広告費が高いジャンル

感の鋭い人ならもう分かったと思いますが、実は「広告費が高いジャンル」というのはアドセンスの報酬に大きく関わってきます。

つまり、今回の目的であるアドセンスの1クリックあたりの金額を上げるには、「広告費が高いジャンル」について記事を書くことなんです

知ってしまえば単純なことで、お金が欲しければお金の話をしなさいってことですね。

実際にこれらのジャンルで1回クリックされると、数百円から1000円前後の報酬となることがあります。

逆に、どういったジャンルだと報酬が低いのか。

芸能系や音楽系などの記事を扱っても、かなり報酬は低いです。そもそも、広告を出していることが少ないですからね。

そのため、ブログなどを始めて「PV!PV!」と唱えながら日記みたいな記事を増やしても、アドセンスとしての稼ぎ方としては無駄が多くなってしまうんですね。

私の経験でも、音楽系のブログでは1日に数千PVあっても100円とかにしかならないことがあるのに対して、広告費が高いジャンルであれば1日に300PVとかでも5000円以上になっていることがありました。

もちろん、自分のサイトを訪れる前にユーザーがクレカなどのサイトを閲覧していると「広告費が高い広告」が表示されることもあります。それがクリックされれば、自分のサイトに高いクリック報酬が入ります。

そういった「おこぼれ」的な報酬を得るにも、やはりそういった人が閲覧しに訪れるようなサイトにしておくと機会が増えるでしょう。

1クリックの単価が高いジャンルの注意点

1クリックの料金を高くするには、「広告費の高いジャンル」を選べば良いと言うことは分かりましたよね。

それさえ分かれば、あとはどんどん「広告費の高いジャンル」の記事を書けば良いってことだね!

くま五郎

りょう

いやいや、そんな甘くないからね〜。

それだけ広告費が高いということは、どういうことか。やはり、それだけの理由がそこにはあります。

YMYL の記事はほぼ無理ゲー

アドセンスに限らず、アフィリエイトなどを始めるときに知っておかなければならないのが「YMYL」について。

「YMYL」とは、「Your Money or Your Life」の略語。将来の幸福、健康、経済的安定、人々の安全に対して潜在的に影響を与える内容のことを言います。

PVが増えないのはなぜ?【もしかするとYMYLの話をしている可能性あり】

この「YMYL」に関する記事は、権威がある人の記事や関連企業を絶対的に優遇すると Google が先日発表したんですね。

つまり、ブログを始めたばかりの人が「YMYL」の話をしても、まず検索結果に上がることはありません

Google が発表してから顕著に現れたのが、「YMYL」に特化したブログやアフィリエイトサイトが軒並み消えてしまったということ。実際に、多くの有名サイトの運営者はサイトを閉鎖されていらっしゃいます。

それくらい、「YMYL」の内容に関する記事を書いても、検索に表示されなくなったということです。

「YMYL」の内容、先ほどの「広告費が高いジャンル」に合致していますよね。

アドセンスを始めたばかりという人の場合は、ほとんどの人がブログやアフィリエイトサイトを始めたばかりでもあると思います。

年単位で頑張れば、「権威」を得ることができるかもしれないです。でも、それまでモチベーションを保てる自信がないとつらいかもしれません

ただ方法がないわけではなく、企業が取得できる .co.jp でサイトを作れば割と早く読まれる記事にはなるはずです。とはいえ、あまり現実的ではありませんけどね。

あとは、SNS を駆使して検索からの流入に頼らないという方法。あくまで Google 検索においてになるので、SNS や Youtube から記事に促せば「広告費が高いジャンル」でもやっていけます

ネット慣れしている人はクリックしない

今となってはスマホの普及で多くの人がネットに触れているので、子供ですらどれが「広告」であるか認識できています。

そのため、広告をクリックさせようとするのは年々難しくなってきています。

実際のところ、クリックしたからといってユーザーに損得は基本的に発生しないのですが、広告だと分かるとクリックはされにくくなってはいるんですよね。

ただ、年配の方に関してはまだクリックをしてしまう傾向にあるようです

「広告費が高いジャンル」と「ターゲット」を組み合わせて記事を書くと、ある程度効果を期待できるかもしれませんね。

クリック率が高すぎるのも注意

投稿する記事のジャンルなどを決めるのも重要ですが、そもそも広告をクリックされるようにしたいところですよね。

ただ、こればかりは正解がないです。

ブログの内容なデザインによってクリックされやすい場所が微妙に違ったりするので、自分で場所を変えてクリックされやすい場所を探すと良いでしょう

とはいえ、クリック率がとても高い場合には注意が必要となります。なぜかというと、自分や友達がクリックしているのではないかと疑われるからです。

そうなると、広告表示を停止されることがあります。

実際に私も経験があるのですが、突如アドセンスの広告が一切表示されなくなります。しかも、それがいつ解除されるのかもわからないんです。

私の場合には3日ほど過ぎてから復活しましたが、その時は企業さんが魅力的な広告を配信していたがためにクリック率が増えていたようなので、一時的なものと判断して広告の位置は変更しませんでしたけどね。

なるべくクリックされやすい位置を探した方が良いですが、ほどほどにしておいた方が良いです。

さいごに

個人的な意見となってしまいますが、これらのジャンルはあまりにも企業や権威な人の記事ばかりになってしまって、生身の人の感想などがあまり見られなくなったのも問題ではあるような気もしますけどね。

まあとにかく、1クリックの料金(単価)を上げるには「広告費の高いジャンル」を選ぶこと

そうすれば、クリックされた時の報酬は多くなります。これらのジャンルで戦うのは大変かもしれませんが、数年後には圧倒的な勝者になっているかもしれませんよ。