【VideoScribe】ホワイトボードアニメーションが簡単にできちゃう!【作り方を紹介】

Youtube などの影響もあり、動画を作成するのが普通になってきている昨今。誰でも簡単に編集できるツールが増えて、ちょっとした動画ならすぐに作れるようになりましたよね。

その中でも、ホワイトボードアニメーションが簡単に作れちゃうツール「VideoScribe」を紹介したいと思います。

まるで映画のようなスゴイ映像効果はないんですが、シンプルでも思わず見続けてしまう効果が特徴です。

ホワイトボードアニメーションについて

まずは、「ホワイトボードアニメーション」とはどのような動画なのかを説明すると…

教室やオフィスに、「ホワイトボード」ってありますよね。まさに、あの「ホワイトボード」に文字を書いている様子を映し出したような動画のこと。

説明するよりその動画を見た方が早いと思うので、ちょっとこちらをどうぞ。


ついつい、次々に書かれる文字を追ってしまいますよね。なんてことない動画ですが、その「ついつい」が「ホワイトボードアニメーション」最大の魅力。

キャラクターが出てきて説明するアニメーションも素敵ですが、文字だけでも動きがあると与えるインパクトは大きいんです

製品の紹介などに適した動画

「ホワイトボードアニメーション」は文字や絵でシンプルに伝えることができるので、むしろ難しい製品やサービスなどを紹介するのみ適した動画です


また、分かりやすく解説できるということもあるので、教育関連の動画にも適していますね。

手書きで作ることもできる

上の動画では今回紹介する予定の「VideoScribe」が使われていますけど、ホワイトボードとマーカーを使ってアナログでも「ホワイトボードアニメーション」を作ることができます。


PC などが苦手な人にはこちらの方が簡単なのかもしれませんが、一発書きで上手に絵や文字を書けるスキルが必要ですし、なんといっても修正がきかないので大変なんですよね。

結局は、撮り終わった後に動画を編集したりしなければならないので、かなり労働力が必要となるはずです。

「VideoScribe」で動画作成

VideoScribe

>> https://www.videoscribe.co/en/

「VideoScribe」は、ホワイトボードアニメーションが作れる有料のツール。気になった人は、「無料体験」も1週間あるので試してみると良いでしょう。

サイトは英語にしか対応していないんですが、登録や申し込みは簡単にできるので迷うことはないと思います。

動画作りの基本

VideoScribe

ツールを立ち上げて、右下にある(画像)」「Tt(テキスト)」「 (グラフ)」から追加するものを選択します。

(画像)を追加

VideoScribe

を選択すると、まさにその絵を描くかのようなエフェクトが設定された画像を選ぶことができます。

中には「GIF動画」も含まれているので、動くタイプの画像も使うことができます。

JPG 画像をアップロードして表示させることもできますが、描くようなエフェクトをかけることはできません。

Tt(テキスト)を追加

様々なフォントから、まるで文字を書くかのようなエフェクト付きで文字を追加することができます。ただし、日本語はないです。

(グラフ)を追加

エクセルなどを使う必要もなく、 からグラグを作成して表示させることができます。

編集の基本

画像や文字を追加したら、次に個々の長さや位置、描く時の手などを設定することができます。

アニメーションの再生時間を設定

VideoScribe

画像などを追加すると、画面下に表示されるモノが順番に並びます。その中から編集したいモノをダブルクリックし、「DRAWING OPTIONS」を選びます。

「Animation」は描いている時間、「Pause」は停止する時間、「Transition」は次への移動時間となります。これを調整して動きを調整します。

デフォルトでは「DRAW(描くエフェクト)」になっていますが、「MOVE IN(サイドからスライド)」や「FADE IN(ふわっと表示)」にすることもできます。

「手」を設定

文字を書くようなエフェクトがウリですが、文字だけが書かれているようにすることも可能ですし、ペンだけが浮いているよう形で表示させることも可能です。

中にはチャックもあるのですが、ちょっと用途が分かりません。笑

「MOVE IN(サイドからスライド)」を選ぶ時には、手を開いた状態のモノを選ぶとちょうど良いと思います。

「位置」を設定

VideoScribe

右下にビデオの中にチェックがついたマークがあるんですが、それをクリックすると今表示している状態で画面が固定されます。絵や文字によって場所を移動しながら説明したい場合には、これを上手く使うと良いでしょう。

「声」を入力

動画だけでは物足りないので、「声」を入れた動画を作りたい時には「 」を押してナレーションを吹き込むことができます。

「音楽」を入れる

動画に少し BGM を使いたい場合には、「 」をクリックすると無料で音楽を追加することができます。

ただ、使えそうな音楽がちょっと少ないような気もします。

動画をシェア、またはダウンロードする

動画が完成したら、右上にある「 」をクリックします。すると各種サービスにシャアできるほか、PC にダウンロードすることもできます。

「VideoScribe」で日本語を表示する

「VideoScribe」では、標準では日本語を表示させることができません。そのため、日本語を表示させたい場合には自分で用意するしかないんです。

用意させる方法は、簡単な方法が1つと専門的なツールが必要なものが1つ。

画像をシンプルに表示させる

誰にでもできるのは、何かツールを使って日本語を書いた文字の画像をアップロードするというもの。そうすれば、日本語を表示させることはできます。

ただ、ホワイトボードアニメーションらしいエフェクトはできません。

とはいえ、とても簡単に日本語を表示させることができますし、「Animation」の時間を極力短くすれば多少はゴマカすことはできます。

イラストレーターで日本語を作る

VideoScribe

まるで書くようなエフェクトにしたい場合には、Illustratorを使うと割と簡単に作ることができます。

なぜかというと、ホワイトボードアニメーションらしいエフェクトは「パス」の流れを読んで人が書くような状態になるので、「パス」という形で情報を与える必要があるからです。

もちろん、単に SVG などで文字をアップロードすることもできますが、枠組みをそのまま囲うような順番で文字を書き始めるので、まるで人が書いたようなエフェクトとは程遠い状態になってしまうんですね。

そのため、「パス」を用いて文字を作る必要があります

日本語を書くようにアニメーションを作りたいという人は、VideoScribe で日本語表示する方法【 Illustrator ならまるで書くような文字を作れます】の記事を参考にしてみてください。

VideoScribe で日本語表示する方法【まるで書くような文字を作れます】

VideoScribe のオンライン講座を始めました

Venkyo

これまでに、VideoScribe に関するハウツー動画を Youtube に投稿してきましたが、質問が日に日に増えてきたこともありオンライン講座を始めました。

それに伴い、オンライン学習サイト「Venkyo(ベンキョー)」も立ち上げています。

まずは「VideoScribe 基礎コース」だけしかありませんが、「日本語表示コース」「応用コース」なども近々公開予定です。

ぜひ、ご利用ください!

オンライン学習サイト「Venkyo(ベンキョー)」は、こちら

オンライン学習サイト「Venkyo(ベンキョー)」を始めました

さいごに

「VideoScribe」を使ったホワイトボードアニメーションは、慣れてしまえばそんなに時間がかかることもなく、インパクトの強い動画を簡単に作れるようになります。

1週間の「無料体験」も利用できるので、動画で効果的な広告や商品などを紹介をしたいという人はぜひ利用してみてください。