【Profiee】自分を表現するプロフ作成サービス【あなたの歴史をすべて伝える】

プロフィール作成できるサービスはいくつか存在しますけど、「Profiee」は学歴や職歴といった枠を飛び越えて、「あなたの歴史」をすべて伝えることができるサービス。

自分の歴史って、どんなことを見せることができるの?

くま五郎

りょう

時系列で「参加したこと」や何かに「掲載されたこと」、「趣味」としてやっていることなどを表すことができるよ!

Wantedly や Linkdin といったガチのプロフィールではなく、フリーランスとして「個人」で活動するような人には使いやすいサービスです。

ということで、「Profiee」について簡単に紹介していきましょう。

自分のすべてを伝えるプロフ作成サービス「Profiee」

Profiee

SNS などで気軽に使えるプロフ作成サービスでは、基本的に他の SNS や自己紹介を載せられる程度だったりします。

ですが「Profiee」の違うところは、生まれた時から今まで、今年の抱負まで自分のすべてを時系列で表現できるプロフィール作成サービスになります。

「Profiee」で伝えられること

「Profiee」では、下記を知り合った人に伝えることができます。

「Profiee」で伝えられること
  • 名前(本名・ニックネーム)
  • 顔写真の掲載
  • 利用している SNS や他のリンク
  • 今年の抱負
  • 現在の自分
  • 仕事の履歴
  • 学歴
  • 参加・登壇したイベントの履歴
  • メディアに掲載された履歴
  • 趣味やライフイベントの履歴
  • 相談にのれること
  • 会ってみたい人
  • 今興味があること
  • ストレングスファインダーの結果
  • mgramの結果
  • 自分の性格
  • やってみたいこと

学歴や職歴より、その人がどんな活動をしてきたのかが重視されるようになってきたので、「活動履歴」や「掲載履歴」をパッと見せられるのは「個人化」が進む現代には合っていますよね。

りょう

「Profiee」の面白いところは、「過去」だけではなく「未来」も伝えやすいこと。

「今年の抱負」や「会ってみたい人」、「やってみたいこと」も初めて会う人に伝えておくことができます。

そうすることで、「あの人、こんなこと書いてたな…」ということで誘いや依頼が増えるかもしれませんよ。

「Profiee」の活用方法

「Profiee」に自分の歴史を書き込めたら、様々なシチュエーションで活用することができます。

「Profiee」を活用できる例
  • 連絡先だけ知っている人に初めて会う時
  • イベントに参加・登壇するような時
  • 知人にどんな人なのかを紹介してもらう時

初めて会う人へ事前に「Profiee」を送っておけば、自分がどんな人物なのかを伝えておけるので、会った直後から意気投合できるかもしれませんよね。

また、知人に紹介してもらう時にも気軽に「Profiee」をシェアしてもらうことができるので、繋がりを増やすことができるでしょう。

また、会った人が「Profiee」を使っている場合には、相手の「Profiee」上に表示される「◯◯さんと会った!」を押すことで履歴が残るようにもなっています。

「Profiee」の登録・設定手順

「Profiee」は、スマホからでも PC からでも同じように登録することができます。

「Profiee」に登録する手順

「Profiee」に登録する場合は、まず「Profiee」の公式サイトにアクセス。

Profiee の公式サイトはこちら

サイトが表示されたら、「無料でつくる」または「無料でプロフィールをつくる」のボタンを押します。

Profiee

そして、Facebook アカウント、もしくはメールで登録をします。

Profiee

Facebook アカウントで登録する場合には、「Facebookでログインまたは始める」を押して、ログインページが表示されたら「◯◯としてログイン」を押せば完了となります。

Profiee

メールで登録する場合には、「メールアドレス」と「パスワード」を入力してから「新規登録」のボタンを押してください。

Profiee

次に、紹介する時に記載されるユーザー ID などを設定してください。どの項目も後で変更することができるので、ひとまず「必須」の項目だけでも入力しておけば OK です。

Profiee

そして、最後に「利用規約に同意して、メール認証へ」と押します。

Profiee

登録したメールを開くと認証用の URL が表示されているので、URL を押せば登録は完了となります。

Profiee

「Profiee」の設定手順

登録が完了したら、さっそく自分のプロフィールを設定していきましょう。

顔写真を設定する

顔写真を設定する場合は、「 追加する」を押してください。

Profiee

すると「プロフィール画像」という項目があるので、利用している端末から画像をアップロードして「保存」します。

Profiee

ニックネームを設定する

最初にこれは「あれ?」となってしまったのですが、ニックネームは好きなように設定できるんですが、日本語だと斜めに表示されてしまいます。

Profiee

アルファベットで設定すると、「I’m Ryo」などとオシャレに表示されます。

Profiee

SNS を設定する

SNS を活用しているという人は、「SNSアカウントの追加」から設定することができます。

Profiee

追加が可能な SNS
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
  • LinkedIn
  • note
  • GitHub
  • Qiita
  • Connpass
  • その他の URL

追加できる SNS も少しづつ増えているので、今後も表示できる SNS が多くなると思われます。

自分の履歴を追加する

ここがメインとなる部分で、「新規ライフイベントの追加」のボタンを押したら、「活動履歴」や「今年の抱負」などの情報を追加できるようになります。

Profiee

内容によって「時期」が設定できるものや、「リンク先」を追加することができる項目があります。

さいごに

ひとまず、サクッと作ったらこんな感じになりました。

Profiee

https://profiee.com/i/iamryo

まだ全然途中ですけど、久しぶりに mgram をやってみたくなったので、それだけ表示させています。

今後、私に会う機会があったら「会った!」を押してくださいね。

POME.ME(ポムミー)終了!でも現れた救世主「knoow」を紹介【使える機能が多いです】