Page Analytics でブログの改善点を可視化【どう改善したら良いのか解ります】

サイトを運営するうえで、データ分析をすることが必要だということは分かっていても、どうしたら良いのかがそもそも分からなかったりしますよね。

ひとまず Google アナリティクスは利用しているんだけど、それをどう活かしたら良いのか分からないんだよね…

くま五郎

リョウ

そういう人こそ、「Page Analytics」がオススメだよ!

ということで、「Page Analytics」の設定方法からブログをどう改善したら良いのかを解説していきます。

この記事が参考になる人
  • ブログを改善したいけど何をすれば良いのか分からない人
  • ひとまず Google アナリティクスを導入しているような人

Page Analytics とは

「Page Analytics」は、投稿したページの中でどこをユーザーが見ているのかを可視化できる無料ツール。ただ、使うには条件があります。

Page Analytics が使える条件
  • Google アナリティクスを利用していること
  • Chrome を使うこと

この2つは絶対条件となります。その理由は、「Page Analytics」が Google が提供する無料ツールということで、ブラウザ「Chrome」の拡張機能となっているからです。

また、Google アナリティクスのデータをベースに表示できるツールとなるので、アナリティクスを利用していない人は何も表示されません。

Chrome で設定する手順

Chrome の拡張機能を追加するには、「Chrome ウェブストア」から探し出して設定が必要となります。

ブラウザからChrome ウェブストアまでの道のり
  1. Chrome の右上にある「 」をクリック
  2. 「その他のツール」にある「拡張機能」をクリック
  3. 左上にある「 」をクリック
  4. 「Chrome ウェブストアを開きます」をクリック

とブラウザからウェブストアまでの道のりは長いので、直接このリンクからどうぞ → https://chrome.google.com/webstore/category/extensions?hl=ja

「Chrome ウェブストア」にアクセスしたら、左上に「ストア検索」という欄があるので、そこに「Page Analytics」と入力して Enter を押してください。

Page Analytics

すると、「Page Analytics」が表示されます。

そうしたら、項目にある「Chrome に追加」という青いボタンを押せば設定は完了です。完了したのかを確認するには、メニューを見てオレンジ色のグラフみたいなアイコンが出てたら OK です。

それでは、Page Analytics の使い方を解説していきましょう。

Page Analytics の使い方

拡張機能の設定が済んだら、確認したいページにアクセスしてブラウザの右上にある「Page Analytics」のアイコンをクリックしてください。

Page Analytics

これだけです。

すると、Google アナリティクスのデータを基にユーザーがどこをクリックしたのかが可視化されます。もちろん、上部には全体のデータも表示されます。

ここで「Page Analytics」を初めて使った人は気づくかもしれませんが、わざわざ Google アナリティクスにアクセスする必要もなくデータを確認することができるんです

それだけでも、「Page Analytics」を利用する価値はありますよね。

データを絞って確認

Google アナリティクスでも同じですが、上部に表示される表では全体のデータのセグメントなどを絞って確認することができます。

Page Analytics

全体のユーザーに対して新規ユーザーのデータを比較したり、離脱率はどの程度なのかを確認したりするのも簡単に見ることができます。

期間を絞って確認

データを確認したい期間を絞って、分析することもできます。まあ、これもアナリティクスと同じですね。

Page Analytics

クリック率と数を確認

もうデフォルトなので表示されていると思いますが、クリックされている場所には吹き出しで割合が表示されています

Page Analytics

目次や HOME などは別の場所にあったとしても、同じとみなして計測されるようです。とはいえ、その項目が必要なのかどうかは確認が取れます。

ヒートマップ的に確認

よくページの分析でヒートマップってありますけど、あれと似たような形でクリックされている部分を頻度で色分けさせて表示することができます。

右上の方にレゲエ感漂う配色のボタンがあるので、それをクリックするだけでヒートマップ風になります。

Page Analytics

まあ、数字で見るのと大差ないような気はしますけど、色で見えた方が感覚的に分かりやすいという人は使ってみると良いでしょう。

Page Analytics を使った改善方法

「へぇ〜、クリック率が見れて面白い〜」で終わってしまったら何の意味のないので、どう「Page Analytics」を活用しながらブログを改善すれば良いのかを深掘りしていきましょう

位置やデザインを変えてみる

ブログにおいて多くの人が悩むのは、サイト内で循環させるにはどういった導線を作れば良いのかだと思います。対策として、よく「関連記事」や「人気記事」などが使われていますよね。

有名ブロガーさんの記事を参考に色々と表示させてみるのも勉強にはなりますが、実際に効果があるのかは自分で試して確認する方が良いです

そんな時に役立つのが、「Page Analytics」なんです。

ある一定期間、設置する時としない時でクリック率の違いを比べてみます。それで、もしクリック率に変化があるのであれば、離脱率とも照らし合わせてみると効果があるのか確認できるんです。

こういったことは、サイドバーに表示させるかフッターに表示させるか、記事の中央が良いのか左側が良いのか、画像を大きくした方が良いのか小さい方が良いのか、比較する方法はたくさんあります。

思いつく比較対象の中で最も効果の高い位置やデザインが見つかったら、それでブログを運営していくと良いでしょう

言い回しを変えてみる

基本的に「Page Analytics」を使った改善方法は A/B テストになるのですが、文字においても同じことが言えます。

スティーブ・ジョブスが iPod を発表した時、人を惹きつけた有名な言い回しがあります。

「1000曲をポケットに。」

これが、「5GB分の曲をポケットに。」と言われても多くの人は惹かれなかったでしょうね。

ジョブスのは極端なケースですけど、同じことだとしても言い回しを変えたり、少しニュアンスを変えて文字を表示させるとクリック率が変わってきます。

ニュアンスを変える例
  • 新規登録は無料
  • 無料で新規登録

同じことを言っているように思うかもしれませんが、実は先頭に「無料」と置くだけでクリック率が高くなるとデータとしてハッキリ分かっています。

たったの2文字で売り上げ倍増?注目のマイクロコピー【事例と考え方】の記事でも解説していますが、こういった少しの違いでクリック率が変わってきます。

そうすることで、CTA への誘導率アップや離脱率の低下へと改善できるはずです

さいごに

「Page Analytics」の使い方とブログの改善に活かす方法を紹介しましたが、使い方自体は簡単でも活かし方はかなり地味です

ちょっと言い回しを変えてみてテスト、位置を変えてみてテスト、前の方が良かったから戻す、こんな感じでコツコツ型な人ではないと気長にできない作業だと思います。

とはいえ、アナリティクスを開かなくてもデータを確認できるので、それだけでも拡張機能を追加するメリットはありますけどね。

面倒な作業かもしれませんが、ブログを改善したいと考えている人はぜひ「Page Analytics」を活用してみてください。